リース





「…お母様…お父様やみんなをよろしくおねがいします
 ……私は、エリオットを必ず助け出します…
 お母様の、かたみのリボン…
 どうか見守っていてください………くっ!」


 スクウェアソフト(現スクウェア・エニックス)が1995年に発売した
 SFC用アクションRPG『聖剣伝説3』の6人の主人公の一人

 風の王国ローラントの第一王女。16歳。身長167cm 体重54kg。槍の使い手で王国のアマゾネス軍のリーダーを務める。
 まだ少女特有のあどけなさを残すものの、幼い頃に母を亡くした為、
 また常に弟にして第一王子のエリオットの面倒を見てきた為か、
 年齢の割に落ち着いた性格で大人びている。
 真面目で礼儀正しいが、頑固で融通が利かないところもある。
 ある日、ナバール盗賊団にエリオットを利用された事で国を護っていた風が止まり、
 ローラントは突然の侵略を受けてしまう。
 その結果王城は陥落、国王である父ジョスターは死亡し、更にはエリオットもさらわれてしまう。
 辛うじて生き残ったリースは、死の間際に父が遺した言葉を胸に国家再興と弟の救出を決意し、
 廃城と化した故郷を後に1人旅立つ。


武器は槍。攻撃力、回避率共に優れた接近戦キャラクター。
それ以外の能力値も低くなく、全キャラクター中最もバランスの取れた能力値を持つ。
クラスチェンジ後は味方の能力を上げる・敵の能力を下げると言った、
パラメータを上下させる魔法を覚えるのが特徴で、ボス戦などの長期戦で特に効果を発揮する。
発売から10年以上たった現在でも根強い人気を誇っており、
スクウェアのキャラの中でも常に人気の上位に居続けるキャラである。

(以上。wikipediaより引用・改変)

その可憐な容姿から、今なお圧倒的な人気を誇る。
ゲーム本編では不幸のてんこ盛りのような設定であるが、あの時代のスクエニのゲームとしては割と一般的だったりする。というか聖剣3自体が選択できるプレイヤーキャラ全員が不幸背景山盛りという中2(ry
おとなしそうに見えて実は(街中でも)人に武器を向ける回数が全主人公で最も多い

キャラクターデザインを担当した結城信輝も自身の同人誌において、
リースの容姿があまりにも「アマゾネス」ではないことについて、
「ストーリーからインスピレーションを得たため」とコメントしている。
当時Vジャンプに掲載されたコメントによれば結城自身はゲームを良く知らず、
ゲームキャラクターデザインも初めてだった為、そういったクリエイター的手法を取ったと思われる。
最初の設定画は貧乳だったが、スクウェアからのリテイクで胸が膨らんだと語っている。
しかしもっと大きくとのスクウェアからのリテイクは頑として受け入れなかったらしい。漢である。
ファンアートだと大抵設定画より大きく描かれるため、その拘りはプレイヤーには届かなかったらしいが

なお、ソーシャルゲーム「サークルオブマナ」では公式で闇堕ちバージョンの「竜将リース」が出演。期間限定の為粘った人も多いのではなかろうか。
またタイトーの「アイログ」とのコラボでは「アイログ」側にゲスト出演としてアイドルになっていたり、「海賊王国コロンブス」とのコラボでは海賊のキャプテンにも…。
「ロードオブヴァーミリオンアリーナ」にも出演。CVは小松未可子氏。
(「HEROMAN」のジョーイや「遊☆戯☆王ZEXAL」シリーズの観月小鳥が有名)
とにかくその人気故に公式が宣伝代わりに引っ張り回している模様。

+ 最終クラスの解説


ニコニコ動画におけるリース

その人気と知名度はニコニコ動画においても例外ではなく、聖剣3関連の動画で人目も憚らず、「俺の嫁」宣言をする者が後を絶たない。
待て、俺の嫁だ。(by某ナバール盗賊
↑あんたは親友から託されたジェシカのこと思い出してあげて下さい…

+ 参考動画

+ ちなみに


MUGENにおけるリース

+ ショクシュスキー氏製作
+ dkn氏製作
+ その他・改変ネタキャラ

出場大会

出演ストーリー