真田幸村(SAMURAI DEEPER KYO)

 「僕は、君の遥か上さ」


 年齢:37歳
 誕生日:2月29日
 身長:170cm
 体重:53kg
 血液型:A型


 「狂さんって、わりとせっかちなんだねえ…そんなに慌てなくても…」

 「今すぐに、地獄に送ってあげるよ!!」


上条明峰原作の漫画およびアニメ『SAMURAI DEEPER KYO』のキャラクター。
CVは緒方恵美

 『天下一の知将』と呼ばれ、徳川家康が最も恐れた男。
 女性と見紛うような美男子であり、女と酒をこよなく愛する無邪気で飄々とした性格である。
 だが戦好きであり、死合いになると闘志を剥きだしにして闘うという一面も持つ。
 そのためか刀の達人で、その実力は主人公「鬼眼の狂」と互角。
 徳川家康を打ち倒し、天下をひっくり返そうと画策している。
 しかも目的の為なら敵に寝返ることもするなど、何を考えているか解らない腹黒い人物(この辺りは父親に近いかもしれない)。
 だが身内には優しく、配下である十勇士との信頼関係はとても篤い。
 なお女顔なだけでなく実際よくをしているほか、彼の影武者を務めているのは女性である。

 このようにカプコン側の真田幸村とはまるで正反対の性質を持つキャラ。
 ただ、現実の幸村は「柔和で辛抱強く、物静かで怒る様なことは無い」という、
 勇猛な武将のイメージとはかけ離れた性格だったそうだから、こっちの方が近い部分はあるかもしれない。

原作では初期から登場し、独自の思惑を抱きつつも狂と行動を共にする。
彼と戦った敵は大体縦真っ二つにされる強者ぶりを見せるが、まあこの頃は常識の範疇。
その後中盤で離脱、部下のサスケを残して行方不明となる。
ところが敵味方の強さインフレが激しくなった後半において、突如時を止める「鶺鴒眼」を会得して再登場。
狂に戦いを挑んだかと思えば、死合い一つで「いい汗掻いたぜ」とばかりに仲間に加わるのはKYOの様式美
ちなみにアニメでも漫画でも、に仇をなす伝説で有名な「妖刀」村正の最後の一本をちゃっかり手にしている。



MUGENにおける真田幸村

MUGENではバンダイから発売された、PS用の格闘ゲーム版のものを青青氏が製作している。
同氏作の鬼眼の狂とは専用の特殊イントロも搭載。
氏製作の鬼眼の狂と同じく、空中ダッシュやロマンキャンセル、デッドアングルアタックなどGUILTY GEAR風のシステムが取り入れられている。
また、原作では方向キーとボタンひとつで技が出るという簡素な操作だったのが普通のコマンド式になっている。
さらに1人ずつだったアシストを4人つけており、猿飛佐助、霧隠才蔵の十勇士の2人に加えて
ミゲイラ、蜘蛛師の真尋の2人を呼ぶことが出来る。
これらのキャラは専用のゲージ(各キャラにつき1つ、溜まる速度はキャラごとに異なる)が溜まっていれば、
幸村がダウン中以外ならいつでも呼べる。

ゲームが出た時点では、原作では「鶺鴒眼」、「天地幻影剣」、秘奥義「白鷺の華」などの名前のある技は持っていなかったため、
秘奥義「蒼龍閃」などゲームオリジナルの技を使用する。どっかの流浪ニートの技名っぽいのは気のせい。
飛び道具、突進技、対空技の3つを持ち、遠近どの距離でも戦える初心者向けのキャラクター。

現在はダウンロードできなくなっているため、動画では滅多に見かける事は無い。


ちなみに、別作品同一人物ということで、伊達政宗特殊イントロに対応している。
政宗「さぁ、始めようぜ!真田……誰だお前は!?

「怖いと思うことは決して恥ではないよ。その気持ちを否定せず、
相手の力量を受け入れる心を持つことこそが、真の強さ…」



出場大会

削除済み
更新停止中

出演ストーリー

掃除屋 ガーネット(ゆっきー)