バーディー

関連項目が幾つか存在します。



1.『ストリートファイター』のバーディー






「俺を知らないだあ?

  ならよく覚えとけ、俺はバーディー様だ!」

        初出作品: ストリートファイター
        出身地: イギリス
        生年月日: 不明
        身長: 201cm (初代) - 216cm (ZERO)
        体重: 114kg (初代) - 111kg (ZERO) - 230kg (V)
        スリーサイズ: B156 W102 H106
        血液型: O型
        好きなもの: ビール (共通)、音楽活動、ビーフジャーキー、金もうけの話 (ZERO3)、メシ (V)
        嫌いなもの: 子供、警察、空腹 (V)
        特技: 大食い、犯罪行為
        声優: 高木渉 (ZEROシリーズ)、宇垣秀成 (V)

ストリートファイター』シリーズのキャラクター。
シリーズ初代から登場し、後に『ストリートファイターZERO』シリーズにプレイヤーキャラクターとして参戦した(CVは)。
『初代』では「ー」の無い「バーディ」が正式名称である。

『ZERO』シリーズでのモデルはDCコミックに登場するヒーロー「ロボ」であるとのこと。


キャラクター設定

『初代』ではボクシングプロレスといった様々な格闘技で活躍していた名選手であったが、
その圧倒的な強さ故に対戦カードを組めなくなってしまい、已む無く酒場の用心棒を務めるようになった。
『ZERO』ではもとは格闘家であったが、卑劣で残虐な手口の為に格闘技界を追放され、パブの用心棒に落ちぶれたという設定に変更されている。
根からの悪漢であり犯罪を特技として挙げる程。
犯罪組織であるシャドルーを存在を知り入団したがっており、ストリートファイトで自身の力量をアピールしながら何とか接触を試みる。
エンディングではベガから実力を認められ予定通り構成員となるが、そのままシャドルーを乗っ取ろうと新たな野心を燃やしてゆく。
『ZERO3』ではその下克上を理由に行動するというストーリーとなっている。組織が生み出したサイコドライブの情報を入手し、奪取を企む。
しかしエンディングでは装置を試したはいいが逆に力が抜けてしまい、その場に来たナッシュ春麗に連行されるというあんまりな結末となってしまった。

 両作品とも同一人物であるが外見が大きく異なっており、
 モヒカン頭でパンクファッションの悪党風という点は同じだが、
 『初代』では 白人のチンピラ だったのが『ZERO』では 褐色の肌の巨漢 になっていた。
 そのあまりの変貌の変化の為、当時『ZERO1』の攻略本ではスタッフから色々ネタにされていたりする。
 変色の理由は今以って不明である。

ただ『ZERO2』のサイドストーリーによると、
ショープロレス時代にアメリカから来たパンクかぶれのヒール役を演じていたので、実は日焼けメイクかもしれない。
現に『ZERO2』のエンディングのイラストでは微妙に肌が白くなっているのが確認できる。
まぁそれでも上半身や腕の肥大化や黒人特有の唇の膨らみは説明出来ないが。







 と言うか、 どう見ても別人である 。スト1時代の絵は これ

身だしなみに特に気を使う主義であり、お気に入りの髪型が崩れぬよう櫛で髪を整える勝利ポーズがある。
そんな彼の髪型は' モヒカンに穴が開いている という驚くべき変な髪形である。お前はウルトラマンエースか。
また髪型が似ているザンギエフと、髷のエドモンド本田に対して対抗意識を持っている。

プロレスラー時代の話としては『マッスルボマー』に登場するタイタン・ザ・グレートとは、過去にタッグを組んでいたことがタイタンの設定の中に記載されている他、ストZEROの特集雑誌ではコンビを組んでいた頃のイラストが掲載されている。
タッグ名は 500億万パワーズ
このイラストでは、バーディーの頭の刺青がハートの代わりにキン肉星のマーク、腕にはトランスフォーマーのデストロンの紋章が描かれており、そして指には司令官破壊大帝の指輪をはめている。
モヒカンの件といいローズといい、この頃のスタッフの遊び心が光る。

ちなみに、MUGENにはタイタン・ザ・グレートも参入しているので500億万パワーズの実現が可能だ。
プロレス系タッグ大会で彼等の勇姿を見る日も近いかもしれない。

中平正彦氏の漫画作品『STREET FIGHTER ZERO』の序盤にも登場。
格闘を捨てようとしていたリュウを、船上での麻薬取引の際の用心棒に雇う。
アウトローではあるが、リュウと闘い敗れた自分に「また闘ってくれ」と母親以外に自分を認めてくれたリュウに感激している。
殺意の波動に目覚めたリュウを止めるべく、刑事である春麗と自発的に共闘して、自分の身を犠牲にすることも辞さなかった。
更にリュウの豹変ぶりに涙まで見せる、人情味のあるキャラクターとして設定されていた。

中平氏のオリジナル設定は、それに感銘を受けたと思われるカプコンスタッフに、
公式設定を変更させてしまうほどの影響力を持つことがしばしばあるが、
『ZERO3』のバーディーはこの影響を受けることなく、過剰な暴力性と知性の欠如を更に強調したようなキャラクターとなっていた。
(キャラがかぶると言われるM・バイソンのストーリーに登場した際は、バイソンを制止する等でそれなりに差別化は図られていた。)


キャラクター性能

『初代』ではイーグルと共にイギリス代表の格闘家としてプレーヤーの前に登場する。
パッと見は北斗の拳に出てくる2コマでやられるようなモヒカン雑魚にしか見えないが、実際に戦う者としては非常に脅威である。
それというのも、彼の代表的な技の一つである「ハンマーパンチ」の威力がとてつもなく高いからだ。
どんだけ高いかというと、 一撃で体力が3分の2ぐらい減る
当然2回食らうと死ぬ。
恐らく最終ボスであるサガットの必殺技「タイガーショット」(これも5分の4ぐらい減る)の次くらいに驚異的な破壊力である。
しかもこの「ハンマーパンチ」、デコジャンプのような鋭角な軌道で繰り出してくるので、近い間合いの「波動拳」は死を意味する。
対策としては「ハンマーパンチ」の射程外からの「波動拳」連打が一番効果的だろう。近距離ではひたすら耐え忍ぶべし。
『ZERO』シリーズでは無印にはまだザンギエフが居ないせいか、投げキャラの一人として抜擢されている。
ソドムも投げキャラではあるが、あちらは投げる前に小さくジャンプするので、厳密な投げキャラはこちらになるだろう。
2つの突進技+1つの超必殺技の突進技を習得しているので、初めは「ザンギエフ+バイソン」と紹介されていた。
その肩書きに恥じぬ程に攻撃力が高く、X-ISMの「ブルホーン」は最後まで溜めればスーパーコンボ並の威力がある。
しかし『ZERO3』のV-ISMでは他キャラクターと比べても、重量級であるにも関わらず火力が低いという性能になってしまっている。
オリコンとの相性も悪く、結果『ZERO2』や『ZERO3』と調整を受けつつも基本的な強さは中盤下位ぐらいの立ち位置で一貫している。
その微妙な立ち位置で分かるとおり、使い手はかなり少なかったようだ。
というかキャラクターが増えるたびに段々影が薄くなっていった。


MUGENにおけるバーディー(ストリートファイター)

Falchion22氏制作

初代ストリートファイターのバーディーのアレンジ版。
4ボタン式になっており、前後ダッシュ、超必殺技などが追加されている。
うー☆

Neocargalpha氏制作

ZEROシリーズのバーディー。
ZERO3式のオリジナルコンボが搭載されているがキャラ自体は初代ZERO準拠に近い。

Fido氏製作

現在は入手不能。
ZEROシリーズの絵をもとに、独自仕様「Street Fighter MX」の企画で作られたアレンジ「バーディーMX」。
試合前に選択するAグルーヴとBグルーヴというのは、CVS2のグルーヴシステムとは違い、
それぞれカプコン式6ボタン操作とSNK式4ボタン操作のこと。操作感そのものが大きく変化するので注意。
あとキャラ性能やシステム周りも少し変化する。
他にもSFMXの仕様は様々なゲームからシステムが取り入れられていて複雑だが、Mugen Chinaの該当記事で結構詳しく紹介されている。
スタートボタンを押すと技表が表示されるのだが、これがAI起動時でも暴発するので(暴発しないよう対策が取られているはずなのだが……)
「birdie_mx_CMD.cmd」と「birdie_mx_BASIC_NOMX.cns」の中を「command = "start"」で検索して、該当する記述を封印した方が良い。
デフォルトAIが搭載されている。

ですからー氏製作

ですからー氏おなじみとなったストⅣっぽいアレンジ。 当たり前だがバーディーはスト4にでられなかったので声の変更などは無し。
スーパーコンボがLv.1~Lv.3まで選択可能。体力差補正で攻撃力が増減する。 上記の「500億万パワーズ」の設定を生かし、
「ザ・バーディー」以外のスーパーコンボ時の演出が同氏のマッスルボマーキャラと同じものになっているほか、
元相方であるタイタン・ザ・グレートとも因縁を感じさせる特殊イントロを搭載。
知っている人ならニヤリとしそうなアレンジが施されている。
レベル設定可能なAIも付属。


「世界一の大悪人!! それがバァーディーィ様だゼェ!!」

出場大会

削除済み
更新停止中
  • 「[更新停止中大会] [バーディー]」をタグに含むページは1つもありません。

出演ストーリー




2.『X-MEN』のバーディー

『X-MEN』に登場するキャラクター。
セイバートゥースを勤める女性。
テレパス能力を持ったミュータントであり、セイバートゥースは定期的に彼女のテレパス治療を受けることで、
闘争本能の暴走を防いだり罪悪感等を消させて正気を保っている。
セイバートゥースがゲーム中にて「バーディ、アレをやってくれ!」という勝利メッセージがあるが、アレとはこの行為を指している。

格ゲーでは『X-MEN VS. STREET FIGHTER』でセイバートゥースとともに登場する。
銃火器の扱いに長けているという長所を利用し、セイバートゥースの必殺技「アームドバーディー」にて銃を撃ちまくって戦闘のサポートを行っている

MUGENにおけるバーディー(X-MEN)

Eternian氏の製作したものが存在したが、現在はサイト閉鎖により公開停止されている。
音声や基本的な動作はカンフーマンのままだが優秀な飛び道具を持っている。


出場大会


3.『マクドナルド』のバーディー

『マクドナルド』のマスコットキャラクターの一体。鳥人の女性の姿をしている。
正式名称は"Birdie the Early Bird"で"Early Bird"は「早起きの人」という意味であり
朝マックをイメージしたキャラクターである。

MUGENにおけるバーディー(マクドナルド)

五右衛門氏の製作したものが存在する。
画像はドナルドの敗北時に駆けつけるものを使っているらしく少ない。