フォルテ







「邪魔者は消えてしまえ!」
カプコンのアクションゲーム『ロックマン』シリーズに登場するキャラクター。海外名はBass。
型式番号はS.W.N.001(スペシャルワイリーナンバーズ)。ちなみに相棒のゴスペルはS.W.N.002。
「フォルテ」は音楽用語(=イタリア語)で「強い」という意味。
ちなみに、フォルテをより強くしたものが「フォルテシモ」である。
同じカプコンのコック兼ルチャドールエンジェル隊メンバーとは無関係である。
CVはデミトリジョー東などでお馴染みの
なお、氏はレースゲーム『ロックマン バトル&チェイス』ではクイックマンも演じている。
『ロックマン ザ・パワーバトル』及び『ロックマン2 ザ・パワーファイターズ』では、『スト3』(2ndまで)でケンユンを演じていたとべこーじ(現・戸部公爾)氏。

初出は『ロックマン7』。当初は中ボスとして登場した。
ライバルキャラ故か人気が出て、『ロックマン&フォルテ』では主人公(の片割れ)に抜擢されている。

Dr.ワイリーによって製作された、打倒ロックマンを目的とした
ロックマンのデータを参考に、(偶然発明した)世界最強のエネルギー「フォルテニウム」を組み込み作り出されたロボットであり、
これまで制作されたワイリーナンバーズが単一技能特化型だったのに対し、
ICチップを装備することでロックマン同様に数多の特殊武器を使用できる。
また、手に装着したバスターで攻撃したり、狼型のサポートロボット「ゴスペル」と合体したりするなど、
他の武装もロックマンに似た特徴を持つ。

性格はかなり自己中心的でライバル意識が強く、Dr.ワイリーの言うこともろくに聞かない。
一言で言うなら、ベジータ(中の人的には飛影と言えば近いかも)である。
『ロックマン&フォルテ』でも、「気に入らないから」という理由で実は黒幕だったワイリーに対して攻撃した。
ただし初登場の『7』では、正義のロボットを装い負傷した振りをしてライト研究所に入り込んだり、
瓦礫の下敷きになったワイリーを救ったり等、知的で忠誠心もそれなりにあるように描写されていた。
……が、その半年後に稼働した『パワーバトル』では既に現在のような性格になっていた。 何があった
まぁ、ワイリーロボ同士で戦わなければならないゲーム的都合上、こういう性格にせざるを得なかったのだろう。
とはいえ、『10』ではロボットエンザ*1にかかった際に「ただじゃおかねぇ…!」とか言ってたくせに、
ラストで風邪をひいてしまったワイリーを「 まさかじじい、ロボットだったのか!? しゃあねぇな」と言いながらも
病院に連れて行ってやったりしている。制作者だけあって、一応の情はあるようだ。

なお、その完成度とデザインから、「ゼロのプロトタイプになったのではないか」とファンの間では噂されている。
公式でも一応繋がりがあり、『ロックマン2 ザ・パワーファイターズ』のフォルテエンディングでは作成途中のゼロを眺めている。
ワイリー曰くゼロはフォルテをも遥かに上回る存在らしいが、フォルテには「女みたいに髪の長いロボットが最強?」と不評であった。
露骨なまでの敵視から、ファンからは「最終的にゼロに挑んでぶっ壊されるんじゃないか」と不安がられる声も。
余談だがゴスペルと合体した「スーパーフォルテ」と『ロックマンXコマンドミッション』に登場するゼロのハイパーモード「アブソリュートゼロ」は
これでもかというくらい酷似している。もはや兄弟そのものである。

7ではワイリーステージ1、2の中ボスとして戦うことになる。どちらも高い機動力を生かした戦い方をしてくる強敵。
ステージ1ではジャンプしながらの素早いバスター攻撃が結構避けづらく、体力が減っている場合は厳しい戦いを強いられる。
ステージ2ではゴスペルと合体してスーパーフォルテとなって挑み、初登場作品でありながら高い機動性をこれでもかと見せつけてくる。
実はステージ2のスーパーフォルテの方は、スーパーロックマンに変身しないで戦う方が楽なのは内緒
ただしどちらも行動パターンが決まりきっているので、落ち着いて対処すれば意外と楽なボスだったりする。
『8』では悪のエネルギーを取りこんだうえでスーパーフォルテに変身してロックマンに挑む。
ただし慣れない力に手を出してしまったせいかかなり弱くなっている。8の難易度が全体的に低いのもあるが。
ちなみにこれ以降はナンバリングタイトルを含めてもロックマンとフォルテが敵として対決することは無くなっている。

初登場時はほとんどロックマンのコンパチキャラ的であったが、『ロックマン&フォルテ』ではプレイヤーキャラとして操作できるようになり、性能面で大きく差別化された。
ロックマンがチャージショットとスライディングを使うのに対し、
こちらは ボタンを押している限り連射し(三連射を延々)真下以外の7方向に撃ち分けられる フォルテバスター、
移動面ではダッシュ、二段ジャンプを使用することができる。
ダッシュなので当然ダッシュジャンプが可能で、その上ダッシュジャンプ中にさらに二段ジャンプできるため機動力が非常に高い。
このように機動力ではロックマンより圧倒的に上だが、バスター単発の威力が低く、その上移動しながら撃つことが出来ないという
デメリットもあるため意外とバランスは取れている。
そんな感じで、道中は楽だがボス戦になると少々つらい、と言うのが基本特性。
まぁ、特殊武器を使えばデメリットはほとんど無くなるのだが。
こうした特性は、後のXシリーズに登場するアクセルに引き継がれている。

+ 黒歴史アタック

『ロックマン10 宇宙からの​脅威!!』では最初は選択出来ないが、ダウンロードコンテンツで購入することでプレイヤーとして使用可能になる(タイトル画面にも出る)。
7方向に撃ち分けられるフォルテバスターやゴスペルと合体して宙を飛び回るゴスペルブーストなど、
基本システムはお馴染みの『ロクフォル』仕様だが、二段ジャンプは無し。流石に強すぎると判断されたのだろうか。
例によってゴスペルはラッシュより遥かに有能。

+ 意味なぞ知るか!!オレは最強の存在として生まれてきた!!


MUGENにおけるフォルテ

Infinity Mugen Teamにてロックマンを改造して作られたMVCタイプが存在するが、作者名は不明。
海外製のためフォルダ名は「Bass」だが、ディスプレイネームは日本名の「FORTE」となっている。
そのせいかどうかは不明だが、他のキャラは英語で喋るのにフォルテだけが日本語で喋る。
海外での檜山氏の人気の高さが窺える。

ロックマンと技の傾向も似ているが、連射ショットなどのオリジナル要素も搭載している。
原作通りゴスペルと合体し、空中を自由に飛ぶことも可能だが、やはり原作通り ショットを当てるのがとても難しくなっている 。(急角度の前方三方向ショット)
やや簡易的だがAIも搭載されている。

出場大会

更新停止中


フォルテ.EXE







「力こそ全て!
 破壊こそ俺の生きる証!!」
『ロックマンエグゼ』シリーズでのフォルテ。
こちらのフォルテはクリア後おまけシナリオの最終ボスとしてシリーズ皆勤出演(ライバルポジションはブルース)。
製作者が本家と違いコサック博士となっているが、ワイリーとは『3』にて一時的に手を組んだ事はある。(それぞれの利の為であって信頼などしたわけでは無い)
ストーリーに密接に関与しているのは『3』のみだが、『X』シリーズのシグマの様なクドさもなく、
漫画や映画でも圧倒的な強さで大活躍しているので下手すりゃロックマン.EXEや無印のフォルテより人気者。
実際に公式の「好きなナビ」アンケートでも堂々の1位である。
アニメや『トランスミッション』でのCVは根本圭子女史。

+ マントを取るとこうなる

キャラクター設定

+ 原作ゲーム

+ その他の媒体の作品でのフォルテ

MUGENにおけるフォルテ.EXE

海外の製作者によるGBA版のドット絵を使ったものが存在する。
シリーズ皆勤なので無敵オーラを張ったりゴスペルの爪を出したり持ち技も多い。
1ゲージ消費のバスター連射でダメージ500は大きすぎるのではないかと。
スクリュー系の投げを食らうと消滅するバグあり。
またEst氏によってロックマンEXEシリーズのフォルテが公開されており、IX氏によって外部AIも公開されている。


出場大会



*1  宇宙から飛来した、ロボットのみが感染するウイルス。ワイリーが開発したワクチンが今回の戦いのキー。詳しいことはワイリーの項目にて。

*2  闇の力は、『4』以降で登場するダークチップの源泉である。ダークチップは通常のチップより明らかにスペックが高いが、普通に単体使用すると「最大HPが1減る(しかも戦闘後も戻らない)」という、ゲーム上における凄まじいリスクが待っている。『5』ではカオスユニゾンという形で、ロックマンもノーリスクでの力の使用に成功しているが、フォルテの力は最終的に『6』ラスボスの電脳獣を超えた(少なくともロックマンと熱斗の主観では)ため、限定的な制御に留まったロックマンとは格が違うのだろう。

なお、闇の力自体は、本家8に出てくる「悪のエネルギー」のオマージュの可能性がある。その場合、フォルテのキャラ付けの方向性や、『4』以降では必ず「ウラインターネット」およびその深層部で登場することを踏まえ、「悪」から「闇」に変更されたのだろう。

*3
周辺機器である「カードeリーダー」を使用し、「改造カード」を使ってロックマンを強化すると同時にフォルテのSPバージョンがXXになる。
特定チップを使わない限り何度はがしても3秒で復活するバリア をまとい、移動速度や攻撃力が強化されている。
最低でも攻撃力300、最高だとなんと 900 (無強化ならロックマンの最大HPは1000)という最高クラスの攻撃力である。
改造カードの使用が闘う条件なので、きっちりロックマンを強化して挑みたいところ。