無明神楽蘭丸



「魂よ、我が元へ…」

名前: 無明神楽蘭丸(むみょうかぐららんまる)
年齢: 19歳
流派: 古式天狩無明流
身長: 171cm
体重: 失せろ、下郎!
舞台: 三途の原
武器: 魔剣“邪魅”

ADK最後の作品となった格闘ゲーム『ニンジャマスターズ 覇王忍法帖』の中ボス。
信長最愛の忠臣の亡霊であり、「己(こ)」の一族の一人(父・烏丸は一族の裏切り者だった)。
生前の名前は「光輝神楽蘭丸(こうきかぐららんまる)」。
かつて命と引き換えにこの世のすべてを操る黄金城に信長を送り込むが
裏切り者・光秀と城の封印を守る「己」の一族によって信長は城もろとも封印されてしまう。
信長を復活させるため再び乱世を起こして黄金城を呼び出し「己」の一族の末裔をたがいに戦わせ
その血で封印を解こうとする。

公式ストーリー-覇王入城(上)-

+長文注意
 燃え盛る暗土(安土)城の天守閣には、この国時叛宮の実質的支配者、滅界覇王信長にその寵臣・光輝神楽蘭丸、そして覇王信長の忠実なる家臣・智知将光秀の3人と、彼らの手勢だった者の屍が転がっているだけかのように見える。だが、そこでは信長の腰にある封の剣を奪い返そうとする「己」の一族との熾烈な闘いが繰り広げられていた。
 忍びの真祖ともされる「己」は、信長たちの前に姿を現さずに、天井裏から、あるいは炎をぬって、そしてあるいは影の中から襲いかかりすぐに消える。一撃離脱の戦法でじわじわと信長たちを狩り立てる。恐らくは十人いや、それ以上の追手が目に見えぬところに潜んでいるのだろう。眼前に立ちはだかる百人の敵を斬ることよりも、姿を見せぬこの追手たちとの闘いの方が、信長にとっては苦しかった。部下たちは一人倒れ、二人倒れ…最後に残った二人も、すでに肩で息をしている。
「…くくっ…さすがにちいとつらいかのう」
 信長がつぶやく。
「…何を仰せられる。この光秀と蘭丸、何としてもお館様を守りぬきましょうぞ」
 光秀が精一杯の強がりをいう。この暴虐な主君の弱音を聞くなど、初めてのことだった。
(とはいえ、お館様も蘭丸も限界か…おそらく十人衆がきているな…。よりにもよって己の者に倒されるとは…。いや、これも運命…これでよいのだ…)
 光秀は信長と蘭丸の盾となるように体を乗り出した。次に己の刃に倒れるのは自分だと思っていた。何もない空間に対して構えをとる。次の一撃、自らの首と引き換えに一人は道連れにするつもりであった。
 信長もまた光秀の覚悟を悟り、ふらふらになっている蘭丸の肩を抱く。しかし、次の追手は彼らの背後、何もないはずの壁から襲いかかってきた。咄嗟に信長が斬り払う。真っ二つにされた追手の返り血が、覇王の体に降りかかった時、腰の鞘に納めたもう一つの剣がほのかに輝きはじめた。
(血か…? 生きた者の?いや、あるいは……己か!)
 手がかりはつかんだ。だが、今のこの絶望的な状況ではそれを試みる余裕はない。神出鬼没の敵を相手に、破壊の権化とすら呼ばれた信長も今や満身創痍であった。封の剣の輝きも薄れてしまっている。
(ようやく手がかりを得たというのに…我が天運もここまでか…)
 封の剣を見つめ、悔しさに震える信長。その手をぐいと握った者がいる。
(?)
 その細く白い腕の持ち主と目があった瞬間、信長の腕に、今まで何度も味わった感覚、肉を貫く感覚が伝わってきた。
「蘭丸!」
 蘭丸は封の剣を持ったままの信長の手を、自らの胸に突き立てていた。
「お館様…おゆきください…黄金…城へ…」
 胸から大量の血を噴き出しながら蘭丸の体が倒れ込む。咄嗟に蘭丸の体を支えた信長には何が起こっているのか分からなかった。
「覚悟!」
 そのスキを見逃さず信長めがけて己の追手が斬りかかる。
「お館様!」
 はっ、と光秀が反応するが、遅かった…。確実にその刃は覇王の首をはねたかと思えた…が、追手の体は光り輝く壁によってはじき返されてしまった。
「!」
 追手に驚愕の色が走った。蘭丸の血を浴びた封の剣から発せられた光は覇王たちの周囲に広がり、信長、光秀、そして蘭丸の亡骸を包むと同時に、僅かに床面から浮き上がらせていた。黄金城の解放である。蘭丸の血に反応し、ついに黄金城への道が開かれたのであった。このままでは史上最も稀な暴君の手に黄金城が渡ってしまう…。だが、この瞬間を最も待ち望んでいたはずの信長は、なおも蘭丸の屍を抱え呆然としているのみであった。すでにどのような理由で黄金城の鍵が開かれたのかを考えることもできない。ただその腕の中で冷たくなっていく最愛の寵臣を見つめている。

滅界覇王信長に続く)

かなりの美貌の持ち主。性別は公式に設定されておらず、ストーリーにも「彼」「彼女」といった表記は存在しない。
そのためネット上でも様々な憶測が飛び交っている(両性具有という説も)。
原作での蘭丸ステージBGMの曲名はそのままズバリ『両性具像』だったりする。
ちなみに中の人は『痛快GANGAN行進曲』のキサラと同じ石井康恵女史。

+原作ネタバレ
EDでは覇王の剣を持ち天下を手中にしようとする者を焼き払い(見た目は信長だが蘭丸の発言から察するに偽物だろうか)、さらに信長の復活を待ち続ける。

「信長様…なにとぞお早い復活を…
この蘭丸、何百年でもおまちいたしております」



原作での性能

原作では隠しコマンドを使用して使用可能。

全般的に通常技のリーチが長く、早出し対空としてすら使える牽制の立B、
めくり性能が高いJB,JD、このゲームでは珍しくキャンセルがかかるリーチの長い足払いの2Dなどが存在。
必殺技もこのゲームにしては性能の高い飛び道具の夢幻桜、素手状態では完全対空の幻斬舞など高性能な技が揃う。

だがこのキャラの最大の問題はA>B>6A>6Cのコンビネーション。このコンビネーションはA>B>6Aで止めると
次にもう一回Aが入るほどに隙が少なく、更にA>B>6A>6Cは大きく前進した上でそこから近C>B>6Aが繋がる。
つまりはまぁそういうことである。{(A>B>6A)>(A>B>6A>6C)>(C>B>6A)}×nという按配。

このコンビネーション、最後の6C(単発可)も大概危ない技であり、
ガードされてもコマ投げが確定する程度の不利で済み、当てて各種C攻撃が繋がるほどの有利がある。
また中段でありしゃがみガードを崩すと歩いて5Aが間に合うほどの有利を取れる=永久へご案内。

ダウンを取ってからの幻魔操掌と6Cを使ったガード不能→即死や、幻斬舞と夢幻桜での単純な鳥かご、
先述の永久、コンビネーションを使っての半永続固めからの崩し、高性能な各種技と大体のキャラを封殺出来る性能を持つ。
弱点はC攻撃以外は小回りが利きづらいところ、武器もち状態では咄嗟の切り返しがしづらいことぐらいであり、
即死永久なんでもござれなこのゲームにおいて最強クラスの実力を誇る。


MUGENにおける無明神楽蘭丸


  • Nobun氏製作
信長も製作した氏のものが存在。こちらもテレポートなどの新技が追加されている。
また闇超力「Destiny Hand」(超必殺技のこと。原作では「幻魔操掌(げんまそうしょう)」)は3ゲージ技で信長の「オダデイン」同様威力が高い。
ちなみにダメージ80000
( д) ゚   ゚
ま、まあ信長のオダデインと違い発生が遅いので割と対処するのは難しくないだろう。

  • FLAM氏製作
2015年7月公開。
1~6Pは原作風、7~12Pは強化仕様となっている。
Nobun氏のものよりもキャラサイズが拡大されている。
武器あり、素手状態が再現されている他、勝利デモまで完備。
デフォルトで11段階に調整可能なAIを搭載。(レベル11はAI専用火力追加)
「下段だろうが中段だろうがどっからでも永久に移行します。」(readmeより)とのことで、永久スイッチがある。
OFFにするとレベルに応じてループするが、デフォルトのAIレベル6でも、5割程度は奪ってくる。



ニンジャマスターズキャラの中でもニコニコMUGEN初期から存在するキャラで、信長とタッグ・ダブルスで戦うことが多かったが、最近では単体での出番も増えてきた。
他のニンジャマスターズキャラもmugenには存在するもののそれらの出番が少ないことから信長と並びボスでありながらその作品を代表するキャラとなりつつある。

「くっくっく…もっと血を流せ… その血が黄金城復活の鍵となるのだ!!」



出場大会

出演ストーリー