レオーネ・アバッキオ


 年齢:20歳
 生年月日:1980年3月25日生まれ
 血液型:A型
 身長:188cm
 好きな音楽:クラウディオ・モンテヴェルディ作「聖母マリアの夕べの祈り」(教会のミサで演奏される曲)
 好きな映画:「スリング・ブレイド」(1996年制作のアメリカ映画。アカデミー脚色賞受賞作)
 好きな食べ物:白ワイン(グレコ・デ・トゥーフォー)、ルッコラのサラダ、ピッツァ・マルガリータ
 嫌いなもの:なまいきそうなガキ、行列に並ぶこと
 ヒーロー:アイルトン・セナ(F1レーサー)

「オレのスタンドで 『謎』 を解くッ!
                      『ムーディー・ブルース』!」


荒木飛呂彦氏の漫画作品『ジョジョの奇妙な冒険』第5部『黄金の風』の登場人物でありスタンド使い
主人公のジョルノ・ジョバァーナが所属することになるギャング集団「パッショーネ」の構成員。
ブローノ・ブチャラティ率いるチームのメンバーとして共に行動する。
第5部の登場人物の多くは名前がイタリア語で食べ物に関連する単語になっており、
「アバッキオ」は子羊・子羊料理の意。苗字の「レオーネ」は獅子の意である。
アクションゲーム『ジョジョの奇妙な冒険 黄金の旋風』での声優は稲田徹氏。没音声では承太郎も演じている。

元は高校を卒業した後に就職し配属された正義感に溢れた警官であったが、理想とはかけ離れた現実に次第に挫折し、汚職に手を出すようになる。
その後、信頼していた同僚を自分の不始末で殉職させ、自身の汚職も発覚し、身も心も暗黒に墜ちそのままギャングとなった。
そんな経験から「兵隊に意思はいらない」という信念のもと、「巨大で絶対的な者が出す命令」に従っている時は
安心して行動出来るという考え方を持つようになる。
その為に他人を無闇に信用したりせず、見る人が見れば若干やさぐれ気味である。
逆に一度信頼した者に対しては忠実に従い続ける義理堅さも持ち合わせている。
チームリーダーであるブチャラティに対しては絶対の信頼を寄せ、どんな任務でも行う覚悟を持っている。

当初は新入りのジョルノのことを信用しておらず、よく彼の意見を非難していたが、
戦いの中で仲間を見捨てず、敵を倒し、任務も成し遂げるという彼の強い意志と力を見て、徐々に信頼するようになっていった。

メンバーの中では比較的謎の食通らしき一面もある。
初めてのヴェネチア観光をした時は(パッショーネは普段はネアポリスがシマである)、ヴェネチアの簡単な食事事情をメンバーに話していた。

+ 原作ネタバレ

と、ここまでは非常に格好いい人物なのだが、一方でアバッキオが初登場シーンでやらかしたジョジョ史上屈指のネタが存在する。
その名は…
+  アバ茶

+ スタンド「ムーディー・ブルース」


MUGENにおけるレオーネ・アバッキオ

+ あまりもの氏製作 旧アバッキオ
+ あまりもの氏製作 新アバッキオ

出場大会

更新停止中
凍結

出演ストーリー