ブローノ・ブチャラティ






「俺は正しいと思ったからやったんだ 後悔はない…
   こんな世界とはいえ俺は自分の信じられる道を歩いていたい!」






 年齢:20歳
 生年月日:1980年9月27日 牡羊座 
 血液型:A型
 身長:178cm
 好きな音楽:マイルス・デイビス「アガルタ」&「ビッチェズ・ブリュー」※ジャズ界の開拓者のひとり、マイルスの珠玉のアルバム
 好きな映画:「イル・ポスティーノ」※イタリア映画。日本アカデミー賞とイギリスアカデミー賞の海外部門をとった
 好きな食べ物:カラスミソースのスパゲティ、ポルチーニ茸、ホタテ貝のオーブン焼き
 嫌いな食べ物:マメ類、りんご


荒木飛呂彦の漫画『ジョジョの奇妙な冒険』の登場人物。第5部『黄金の風』にて登場したイタリアンギャング。
ファンからの愛称はブチャ、幹部など。
カプコンの『黄金の旋風』での声優は『ロックマンX』シリーズのエックスや『NAMCOXCAPCOM』のレッドアリーマー・ジョーカー
平成版『サイボーグ009』の島村ジョーなどを演じ、また後の第4部アニメ版にて岸辺露伴を演じることになった櫻井孝宏氏。
バンナムの『オールスターバトル』『アイズオブヘブン』ではサスケェ…もというちはサスケ役の杉山紀彰氏が担当。
TVアニメ版では『オールスターバトル』、『アイズオブヘブン』でナルシソ・アナスイを演じた中村悠一氏。
名前はイタリアの菓子「ブッチェッラート」から来ている。
イタリアが舞台である『黄金の風』の登場人物には、彼以外にもイタリア語で食べ物の名を冠したキャラが多い。

「覚悟はいいか?俺はできてる」

イントロ時に喋るこの台詞はMUGENでもクラウドウザクボイスパッチが必須)が声優ネタとして使っており、
ウィップもこの台詞のパロディを対ラスボス戦の特殊イントロに使っている。
他には片倉小十郎も同様の台詞を言っている。BASARAは本当にJOJOのパロディを乱用するから困る

主人公ジョルノ・ジョバァーナが所属することになるギャング集団「パッショーネ」のチームリーダーの一人で、
ミスタアバッキオらの上司でもある。人の皮膚や汗の状態で相手の嘘を見抜くという黒歴史特技がある。
沈着冷静であり、頭脳明晰。温厚で責任感の強さもあってか町の人々からの人望も厚い。
初登場時はジョルノに対して組織が送り込んだ刺客として出逢ったが、彼の夢に賛同しチームに引き入れた。
彼自身はジョースターの家系でなく主人公ではないのだが、その戦闘回数は非常に多くほぼ主人公に近い活躍を見せる。
その為かジョルノの戦闘回数はジョジョの主人公としては最下位だったりする。
戦闘以外でも非常に出番が多く、第五部エピローグ「眠れる奴隷」は彼の運命を題材にした話であり、実質的に最後を飾っている。

+原作ネタバレ
7歳の時に両親が離婚して以来、漁師である父親と2人で暮らす、優しく頭のいい少年だった。
しかし彼が12歳の時、父親がチンピラの麻薬取引の現場を目撃してしまい、瀕死の重傷を負わされ、
さらに入院先の病院でも狙われる。ブチャラティは父親を守るため、チンピラを返り討ちにして殺害。
自身と父親の安全を保証してくれる力を求め、ギャング組織「パッショーネ」の一員となった。
結局父親はその5年後になくなってしまい、このことから麻薬を強く憎んでいる。
この時は自分と父親を保護してくれた組織を正義と信じたが、その組織が麻薬に手を染めていると知り、
本人曰く精神がゆっくり死んでいくだけという程の強い矛盾を抱える。

彼の上司である幹部「ポルポ」の死亡により幹部に空きが出たため、ポルポの遺産を組織に献上することで
「パッショーネ」の幹部となり、同時にボスの娘・トリッシュの護衛任務を与えられる。
そして組織の裏切者である暗殺チームの猛攻をしのぎながらも任務を達成する直前に、ボスの真意が自分の情報を
隠し通すために、手がかりになるかもしれないトリッシュを自らの手で殺害することだったということを知る。
麻薬に手を染めていた組織への不信感に加え、ボスのトリッシュに対する身勝手な仕打ちに激怒。
彼女を守るべく組織を裏切る決意をし、ボスと対決するが、ボスのスタンド「キング・クリムゾン」
時間消去能力の前に敗れ大きな致命傷を負ってしまう。
しかし、駆け付けたジョルノのスタンド能力と彼の執念が原因不明の奇跡をよび、
『肉体そのものは死亡したが、魂だけで肉体を動かしている』状態になる。
その後もボスを倒すために引き続きチームのリーダーとして活躍を続け、
次第に肉体が朽ち果ててゆく中でもボスの行方を追い、そして最終決戦のさなか、ジョルノに全てを託し天へ昇った。

「『任務は遂行する』『部下も守る』両方やらなくっちゃあならないのが幹部の辛いところだな」

『吐き気をもよおす邪悪とはッ
        なにも知らぬ無知なるものを利用する事だ…!
            自分の利益のためだけに利用する事だ…。
                父親が何も知らぬ娘を!!てめーだけの都合でッ!』

+スタンド『スティッキィ・フィンガーズ』
「その手をふりおろすより早く!!てめーの全身に『ジッパー』をぶち込む」

破壊力 - A スピード - A 射程距離 - E(2m)
持続力 - D 精密動作性 - C 成長性 - D

殴った物体にジッパーを取り付け、物体を切断・接着したり、開いたジッパーの中に空間を作ることが出来る能力を持つ。
非常にシンプルな能力だが、その分応用範囲が広く、
この能力を利用して壁に穴を開けて通りぬけたり、地面に潜って移動することができる。
他にも他人の体にジッパーを取り付け、開いたジッパーの空間内に自分や物を隠したり、
自分の腕をジッパーで紐状にどんどん開くことによって、パンチの飛距離を伸ばすことも可能である。
基本的にジッパーで切開されたものは破壊されず生物の場合も特に出血等もなくジッパーを閉じて能力を解除すれば元に戻るが、
普通に切断してしまうこともできるため破壊力・殺傷力は非常に高い。
またジッパーを使わずとも優れたパワーとスピードがあり、強烈な「アリアリラッシュ」も可能。

名前の元ネタはローリング・ストーンズのアルバム「スティッキー・フィンガーズ」から。
このアルバムはジャケットに本物のジッパーがつけられており、それを開くとブリーフが印刷されたカードボードが出てくる。
更に余談だが、第5部の最終エピソードでブチャラティを狙ったスタンドも「ローリング・ストーン(ズ)」という名前だった。


余談だが…いや余談でもないが、ブチャラティの特技である「人の皮膚や汗の状態で相手の嘘を見抜くと」 というのは
相手の汗を舐めて味わうことで最も的中率が高くなるという露伴先生もビックリの技能である。
+この味は…!

「………ウソをついている 『味』 だぜ……
                    ジョルノ・ジョバァーナ!」

このシーンだけ見るとただの変態(髪型もおかっぱだし) だが、
話が進むにつれてどんどん格好よくなっていったため、今や主人公のジョルノを差し置いて
第5部の登場人物の中で一番と言っても過言ではないほどの人気を誇っている。
カプコンの3Dアクションゲーム『ジョジョの奇妙な冒険 黄金の旋風』のディスクにも(ジョルノではなく)ブチャラティが描かれている。

+太臓もて王サーガでは
太臓もて王サーガ』にてゲスト出演しており、太臓への罰ゲームとして鼻から食べさせられる。
悠『さ 王子。罰ゲームです。鼻からブチャラティを食べて下さい』
太臓『食べ物ですらないじゃん!』
このやり取りの元ネタは『ドラえもん のび太の恐竜』でのび太鼻からスパゲティを食べるというもの。
「ティ」しか合っていない。


ニコニコにおけるブローノ・ブチャラティ

5部ゲーである『黄金の風』プレイ動画や、ジョジョ系のMADなどで見ることが出来る。

他、エキプロ系の動画でショートヘアの女性キャラがエディットされるとブチャラティにしか見えなくなるのも有名。

仕事に対する姿勢と部下思いな一面から、ニコニコ静画ではアイドル事務所のプロデューサー海軍の提督になった彼の姿が描かれる。
また、部下や一般人に慕われ、ボスも裏切る直前まで信頼していたことから幹部という中間管理職の立場でありながら苦労人としていじられることがない珍しいキャラでもある。


MUGENにおけるブローノ・ブチャラティ

yoroko氏により、手書きキャラが公開されている。
現在の完成度は80%程度との事だが、スタンドモード、タンデムアタックが実装されており、問題なく使用できる。
性能は、原作通り接近戦がメイン。
腕をジッパーで伸ばして攻撃する「ズームパンチ」はリーチが長く、ヒットした後で相手を引き付けることが可能。
他にも伸ばした腕をジッパーで隠して相手の背後から出現させ攻撃する技「あえてだ!」や、
ジッパーを使ったワープ技「ジッパーワープ」等、トリッキーな技が搭載されており、原作の打ち上げアリアリラッシュも再現されている。
また、ジャン=ピエール・ポルナレフ等の一部のキャラには特殊イントロが発生、アリアリラッシュでKOすると
勝利台詞が「アリーヴェデルチ(さよならだ)!」に変更される等、原作のブチャラティらしさが上手く再現されている。
AIはズームパンチやジッパーワープで距離を詰めてアリアリラッシュやタンデムで畳み掛けるなかなかいい動きのものが
デフォで搭載されている他、ジョルノのAIを製作した森ノ中氏によるものが公開されている。
またニコロダにてベンジャミン氏のAIも公開中。


2013年10月3日にあまりもの氏による改変パッチが公開された。
スタンド画像の書き替えや性能調整が施されており、デフォAIにも手が加えられている。

これ以前にも別の作者によるブチャラティが公開されていたが、現在はサイトの消失により入手不可。
恐らく、MUGENではブチャラティ自身よりも声と決め台詞だけなら知ってる人も少なくないはず。

「アリアリアリアリアリアリアリアリアリ…
                    アリーヴェデルチ(さよならだ)!」

出場大会

更新停止中
凍結

出演ストーリー