ソーリス=R8000





      年齢:20歳(2095年生まれ)
      身長:172㎝
      体重:48㎏
      スリーサイズ:B88・W57・H85
      足のサイズ:24.5

 「未来の女の子は強いんだから。」

 『豪血寺一族』シリーズの1つ『グルーヴ・オン・ファイト 豪血寺一族3』のキャラクター。
 頭首格闘大会の舞台となる時代から100年後、西暦2115年からやって来た時空捜査官。
 豪血寺一族の存亡と人類の歴史を守るため、最終ボスブリストルを追って来た。
 階級は警部で、DNA鑑定により一族の血をひいていることが判明している。
 正義感と使命感が強く、非常に真面目。ただし、怒らせると手がつけられないタイプ。
 この一族には珍しい私利私欲や個人的な趣味抜きで頭首大会を戦うキャラクターである。
 デフォルトのタッグパートナーはM.A.D(マックス=アックス=ダックス)。
 不調になったタイムマシンの修理を頼んだマッドサイエンティストである。
最終戦後はパートナーに一族を託し、ブリストルを道連れに危険な時空間跳躍で姿を消す。
EDでは西暦2115年の世界でのニュースという形で
時空間遭難に遭いながら奇跡的に救出され、時空犯罪者ブリストルを逮捕したことが報道される。
その際、ソーリスが未来世界での豪血寺一族の頭首であることが示されるが、
本人がコメントで「私、歴史変えちゃったかも」と言っているので、
過去の頭首格闘大会で優勝したことが原因で歴史が変わり、頭首になっていたのかもしれない。
+ ソーリスといったら、この話題

「予定通り、任務遂行中!」

原作での性能

ゲーム自体の仕様で、あらゆる動作の硬直が長くレスポンスが微妙。慣れないうちはジャンプ攻撃を当てることすら戸惑うほど。
逆に慣れてしまえばダッシュしゃがみ弱パンチと立ち弱キックだけで永久コンボが出来てしまったりするが、
他のキャラもおおむねぶっ壊れ気味の性能なので特に問題なし。
普段の立ち回りとしては、何か当てたら連続入力の蹴り技「アプソリュートビート」に繋ぎ、
設置技の「スタンプラティナム」で追撃・起き攻めをしていくことになる。
ちなみにストレスシュート(超必殺技)の「ソーリスマルティブライア」はどう見てもハリケーンミキサー
あんまり女の子が使う技じゃないと思います。

MUGENでのソーリス


mass氏製作のグルーヴ・オン・ファイトのシステムが一通り再現されたものが存在する。
原作ではタッグパートナーとの同時攻撃だったデュアルアタックが3ゲージ技になっており、
使用時のみパートナーのM.A.Dが登場する。

流れ者氏によるAIが公開されている。
的確なコンボで1発刺されば ゲージ無しで5割ゲージ絡みなら9割 持って行くが
硬直の長さもあって1発も刺せずに封殺されたりする、ピーキーな仕上がりとなっている。

+ 大会ネタバレ

「過去と未来と豪血寺、私が必ず守ってみせる!」


出場大会

削除済み
更新停止中
非表示

出演ストーリー