スコーピオン(モータルコンバット)



  SCORPION ~ 全蠍人


 「Get over here!」

海外の有名格ゲー「モータルコンバット」のキャラクター。サソリ拳使いとかではない。
過去に兄の方のサブ・ゼロに殺害され、復讐の為に地獄から蘇った日本出身の白井流忍者。
32歳没。本名不明で身長188cm、体重95kg、髪は黒で目の色は変化する。国籍は「冥府から甦る」、家族は「前世で妻子がいた」。
ちなみに人間だったころのコードネームは「Hanzo Hasashi」。
マスクの下はガイコツで、炎とハープーンを操る。

黄色い装束を着ているが、これは燐塊に対する憎しみの証である。口から炎を吐き、相手を焼くフェイタリティを持つ。
なお、モータルコンバットIIのエンディングでは兄の方のサブ・セロを殺して復讐を果たすもそれが過ちであることに気づき、
償いのために弟の方のサブ・ゼロを守ることを決意した。
ただし4以降この設定は若干無視されており、シノックの侵攻に際しては、クァン・チーに迫られ、
旧神達とそれに従う地球の闘士達と戦うことを余儀なくされる。激しい戦いの末にサブ・ゼロと相対し、
(自分と家族を殺害した)リン・クェイの総帥となった彼に怒りを再燃させ、サブ・ゼロに最後の止めを刺そうとする。
しかしそこへクァンチーが現われ、スコーピオンがサブ・ゼロと戦うように仕向けたこと、
そしてスコーピオンの家族を殺害したのは他ならぬクァンチーであることを明かす。
クァンチーはスコーピオンを地獄界へ追放しようとするが、スコーピオンは最後の力を振り絞り、クァンチーを巻き添えにして地獄界へと去っていった(MK4)。

MK:DA~MK:Dでは、逃亡したクァンチーを追跡してシャン・ツンの館までやってきたスコーピオンだったが、そこへシャンツンがモロクとドラミンをけしかける。
善戦するスコーピオンであったが、二人のパワーに圧倒されて敗北、二人によって魂の柱(Soulnado)に放り込まれてしまう。
肉体を失って完全に死んだかと思われたが、スコーピオンはそこで旧神と出会う。
ライデンの死で誰も止められなくなったオナガを止めるべく、スコーピオンは旧神に仕えるサーヴァントとなった。
再び蘇った彼はオナガの軍勢と戦い、地球の闘士達と共にこれを撃破することに成功する。

+『Mortal Kombat 9』では
時系列的にはMK1からのやり直しとなるため、一族殺しの真犯人を知らずサブ・ゼロへの復讐に燃えている。
だがライデンにサブ・ゼロに勝利しても、命さえ奪わなければ白井流の再興を旧神たちにもちかけると約束されその決意は揺らぐ。
そしてついに来た対決の時、彼が取った選択とは…
以上はMK1編のスコーピオンだがその後はほとんど話の展開に絡まず影が薄い。
過去シリーズでの華々しい活躍ぶりの反動だろうか…

反面キャラクター性能はサブゼロと双肩をなすスタンダートキャラ。
補正切り効果を持つガード不可の炎で相手の足元を燃やすDemon Fireや中段の叩きつけ斬りからの浮かせコンボ、
切り返しのワープ攻撃でコンボ組み込みにも使えるデストラップイリュージョンなど、MK9のスタンダート的な技を持つ
ハープーンは新システムであるエンハンスド(1ゲージ消費のEX技)で弱点を補うことができるようになった

リュウのような素直な性能で守りを固めて相手の隙に差し込むサブゼロ、
ソルのような攻撃特化で癖のあるスタンダートさを持つスコーピオンとは言い得て妙。

原作ゲームでは技に癖が少ないため、シリーズ通して扱いやすく、初心者向けのキャラである。
初代から使用している必殺技の「Teleport Punch(和名:デストラップイリュージョン)」は
画面外に出て反対側からパンチを当てるという珍しい技。
ただし画面端からでも裏回れるようになったのは『Ultimate Mortal Kombat 3』からで、
それまでは画面端からでは裏回れなかった経歴を持つ。
ちなみに「Harpoon(和名:バトルハープーン)」使用時の声(カメェー聞こえるらしい)は製作スタッフのエド・ブーンによるもの。
海外だとサブ・ゼロとスコーピオンのライバル関係は人気が高く、セットで扱われることが多い。ストリートファイターリュウケンといった所か。

また、DCコミックのキャラクターが闘う格闘ゲーム『インジャスティス 神々(ヒーロー)の激突』に
主人公を差し置いてまさかのDLCキャラとしてゲスト参戦。
開発元が『Mortal Kombat』と同じところ故このサプライズが実現したのだろう。
モーコンキャラがDCコミックのキャラクターと共演するのはこれで二度目である。さすがに究極神拳はないが。
ここでのキャラデザインはジム・リー氏が担当。

キャラクター性能

初代ではヒットすると確実に追撃を決めることが出来る「Harpoon」と上記の性能により
画面端以外なら相手の飛び道具後の奇襲や切り替しとして使える「Teleport Punch」の2つを所持。
コマンドも比較的簡単な上に、ジャンプキック→Harpoon→アッパーカットだけで相手のライフを半分減らすことが出来る為、初心者に適しているキャラである。
ところが研究により他キャラが8割以上のダメージを出すコンボが開発される中、
こいつは どうやってもHarpoon→アッパーカットか締めのコンボでしか高ダメージが出せない という悲しい事実が判明してしまった。
またHarpoonはしゃがむと避けれる上に硬直が大きいために気軽に使えないのも難点。
Teleport Punchもガードされると反確で画面端だと裏回れない上に隙をさらけ出すのでこちらも気軽に使えない。
つまり対戦だと立ち回りがつらい、コンボの最大ダメージが他キャラより安いという関係で見事に最弱キャラとなった。

『II』では操作性が改善されたお陰でコンボパーツが増えたほか、
ジャンプ攻撃から繋げられる空中投げ「Air Throw(和名:幻空脚)」と
リーチが長く下段判定を持つ「Scissors(和名:蠍双脚)」が加わった事により強化された。
Teleport Punchが空中でも使えるようになったのも嬉しい。

『3』では最初は出演しておらず、バージョンUP版の『Ultimate Mortal Kombat 3』で追加キャラとして参戦したが…
+『Ultimate Mortal Kombat 3』でのスコーピオン
Scissorsが削除された事以外は相変わらす初心者向けのキャラであるのだが、
自分より移動速度が速い上に自分にはない相手を浮かすボタンリンクコンボを多数所持している
人間版スモークの存在のせいで対戦ではあまり使われていない。
というか、ぶっちゃけると劣化人間版スモークという悲しい立場に置かれてる。
コンパチキャラオリジナルより強いってどういうことだよ…

それでもキャラランクでは真ん中ぐらいにいるし、
彼自身もフルコンで5割を超えるコンボが可能なので使い手による愛さえあれば勝てる…かも。


MUGENにおけるスコーピオン

MUGENではKazmer13氏製作のMKII仕様やMike Obrecht氏製作の物、Binho-RJ氏製作の手書き2Dスコ-ピオンなどが存在する。
さらにBinho氏のものベースにMVC風アレンジを施したR@CE 45氏のスコーピオンがおり、
これには究極神軒氏によるAIが作成されている。



+余談
上でも書いてる通りマスクの下はガイコツであるが、初代のエンディングでのみ死亡する前の素顔が見れる。
ん?お前日本出身じゃなかったっけ?

また、見た目に反して趣味が料理だったりする。
しかも実際にゲーム内のギャラリーにてスコーピオンが料理している動画があったりするが…

こ れ は ひ ど い 

さらに余談だが、マーベルのヒーローなどの人気キャラ同士の夢の対決を映像化して実現させる『Super Power Beat Down』にも登場。
パワーレンジャーシリーズのホワイトレンジャーと対決している。



+映画版より 何気に最後フレンドシップ

出場大会


出演ストーリー

女神異聞録アルカナ 「魔人」スコーピオン