花諷院骸羅




「この××が!

          ×××るぞ!」


           流派 : 流派などない
           武器銘 : 南無阿弥陀仏(数珠)
           生年月日 : 明和七(1770)年十一月一日
           出生地 : 飛騨
           血ノ型 : O
           身長 : 七尺四寸(約222cm、~天)
                        七尺一寸(約215cm、零~)
           体重 : 三十六貫目(約133kg、~天)
                        三十一貫目(約116kg、零~)
           宝物 : 喧嘩でできた体中の傷跡
           趣向 : 喧嘩
           好きなもの : 喧嘩
           嫌いなもの : 修業
+
コンプレックス
     「この俺にそんなものはねえ」と語る(~天)
     人々に怖がられること(零~)
尊敬する人 : 人には言わないが、実は和狆を尊敬している
剣の道について
     「いちいち細かいこと聞いてんじゃねえ!!」この後、彼は暴れだした(~天)
     仏門に剣など不要(零~)
特技 : うわばみ
好みのタイプ : 仏門に女は無用(と教わった)
平和を感じるとき : 喧嘩に勝ったとき
家族構成 : あまりに乱暴者だったため、和狆のもとに預けられた

サムライスピリッツ』のキャラクター。「かふういん がいら」と読む。
初登場は『サムライスピリッツ斬紅郎無双剣』。
生まれついての乱暴者で、花諷院和狆の元に預けられた問題児
斬サムでは 和狆の実の孫 という設定だったが、「家族構成:独身 の和狆に何故孫が?」と散々突っ込まれたせいか、
後の天サムで 血の繋がりは無かった ことになった。ただしSVCカードファイターズDSでは孫として紹介されている。
担当声優シェン・ウーなども演じた水津浩志氏(斬)、ポリサム柳生磐馬も演じた渡辺健氏(天~零SP)、アースクェイク及び黒子と3役の佐藤巧氏(剣)。

設定

幼い頃から筋金入りの暴れん坊で、短気でワガママ、暴言は吐く、酒は飲む、喧嘩は日常茶飯事、と
とても親の手に負えなかったため、枯華院の花諷院和狆の元で仏門に入れられるが、
和狆の手を持ってしても全く更正の気配は見られず、日々問題行動を繰り返した末に家出。
根は繊細な心を持っており、理不尽なことが許せない性格だが、
他人の前では乱暴をせずにはいられないという困った男である。
しかし家出をしていた時に身を寄せていた村の住人全員を怖がらせてしまったことにふと気付き、
これをきっかけに徳を積むための修行の旅に出る。

『サムライスピリッツ斬紅郎無双剣』では、旅の途中で立ち寄った村で「」の殺戮現場に遭遇し、
その覇気、闘気、目の前で起こっている凄惨な光景に完全に圧倒されて凍り付いてしまう。
「鬼」 と自分の中の恐怖が去った後、ふつふつと湧き出る怒りに身を任せ、骸羅は「鬼」を追い始める。

+以下、ネタバレ注意
EDでは死亡した斬紅郎に弔いの念仏を唱え、その後枯華院に戻って自ら修行の道を選んだ。
斬紅郎の墓は「鬼塚」として長らく奉られることになったが、
ネオジオフリークに掲載されたポリサムの後日談によると、この鬼塚は枯華院に置かれているらしい。
まだ6歳の( みこと )反面のアスラの娘)に酒を飲ませようとしている様子も描かれた。
幻十郎はともかく覇王丸とは顔見知り以上の関係のはずだが、
性格が合わないのか作中での絡みはほとんどない。

『天サム』では鬼塚が壊れているのを発見し、不吉な予感に駆られて出た旅の途中で、
天草の魔城から流れ出る斬紅郎の邪気を感じ取り、島原に向かった。
道中で斬紅郎に殺された若者の亡霊である首斬り破沙羅を見つけ(ちなみにライバルキャラ)、
ついでに成仏させようとするが、斬紅郎の魂に気を取られているうちにすっかり忘れてしまう。

『零』のEDではなぜかどこからともなく歴代のハゲどもが大挙して現れ
「何でお前だけ(人気もないのに)出番があるんだ」的なメタなことを言われる狂死郎?彼は海外では人気ありますから…
その後ハゲどもに捕まった哀れな骸羅は髪の毛をきれいに刈り取られ……
ハゲA 「これで骸羅殿も我々の盟友となった!」
ハゲB 「仲間だケ!」
ハゲC 「これでおまえも真の漢どらぁ!」
ハゲD 「仲間~。GFッ!」
ハゲE 「めでたしめでたしじゃ!」

骸羅 「あ、あ……あ……」 orz

ハゲ全員「わはっはっはっは………………」 一同満面の笑み

こ れ は ひ ど い
腐っても坊主なのでハゲ自体はまあいいのだが、鬱EDが多い零の中でもある意味こいつが一番鬱。

さすがに完全なギャグEDだと思われていたが、
その後『剣サム』で本当にハゲになった
しかも戦う目的は毛生え薬を手に入れるため
『剣サム』自体はサムスピの正史に含まれないパラレルの出来事だが、
このことからファンの間では時間軸はおそらく零の後であろう、
という見方が一般的になっている
(後述のキム・ウンチェを
 裏キャラで出すためでもあったのだろうが…)。

そんな剣サムだが、いざ優勝してみると、
髪を奪われたことに拘っていたのが急に馬鹿らしくなる。
それ以降は心を入れ替えて修行に励むようになり、
和狆達ハゲ5人衆からも見直され、
後の時代には石像まで作られる程の高僧として崇められたという。
まあ、ハッピーエンドならいいんじゃないかな

初期は口や素行こそ悪いものの真っ直ぐな性格だったが、
『斬サム』の立ちドットで指が六本あるという怪奇現象に見舞われ、
『零』で再登場したときは今にも葉っぱを咥えてやァ~まだ」と言い出さんばかりにアゴが発達し、
『クッキングパパ』こと荒岩一味に似ているなどと言われ、
『零SP』で深夜の工事現場にいそうなガテン系の兄ちゃんになったかと思えば、
『剣サム』ではいきなりつるっぱげになるという落ち着きのなさを見せている。
王虎の変わりぶりといい勝負だが、一説によると骸羅と王虎の関係はそれだけではないらしい。
詳しくは個人サイト「墓標」を参照。
時間軸としては「零→斬→天」と進むため、ある意味徳を積むのに成功しているようにも見える。
しかしそう考えると今度はプロフィールで落ち着きがなくなってたり…。

なお、にわかには信じ難いことだが、こやつはまだ十代である
(零サムの時点で16歳、ポリでようやく20歳。ここと照らし合わせてみると…)。
また「かなりヤバい事」(スタッフ談)を平気で言うため、しばしばセリフが伏せ字にされているが、
それでもまだヤバいのか、家庭用移植版ではセリフ自体が変更されることがある
(例:零サムストーリーの「この×××××××がぁッ!!」が家庭用では「このバチ当たりがぁッ!!」と言う具合)。
ただし師匠の和狆はいろいろ名前の元ネタがヤバいが、骸羅には特に元ネタは無いらしい。東宝怪獣?さあね。

また、彼には大人の事情で生まれた 「金雄載 (キム・ウンチェ/ウンジェ、KIM UNGCHE)」 というもう一つの顔が存在する。
+金雄載
斬サムが韓国で『FIGHTERS SWORD』として発売されるにあたり、
販売元から 「韓国人キャラクターを入れてほしい」という要望があったため、
骸羅が設定を変更されて 韓国人・金雄載 として登場する運びとなったもの。
同様のケースとして後にソウルエッジの韓国版でも御剣平四郎がファン・ソンギョンに差し替えられたが、
本作の場合は2D格闘ゲームなので単に名前と設定をすげ替えただけで外見は骸羅のまま。
…尤も、セールス的に考えて変更対象が骸羅で本当に良かったのかどうか激しく疑問ではあるが。
ただし、旧キャラは今更変えられない、閑丸は主人公、リムルルはナコの妹、バサラは死霊……となると、
ちょうどいい人材が消去法で骸羅しか居なかったのでやや仕方なくもある。
ちなみにこの影響で、韓国版では和狆の実の孫ではないということになった。
後に本家でも孫じゃなくなったので、一部ではこれが骸羅の本名ではないかというこじつけ説までも

ファンの間でさえその存在が忘れ去られていたが、PS2版剣サムで「 キム・ウンチェ(金雄載) 」としてまさかの復活。
上記の韓国版斬サム当時は日本国内で「キム・ウンェ」として紹介されていたこともあるが、
綴りは「KIM UNG CHE」のままで、単に読み方の違いなのでジェかチェかは表記ゆれの範囲になり、公式でウンチェになったようだ。
要するに裏キャラにあたる「羅刹 仕様の骸羅である。武器飛ばし技的には骸羅の方が羅刹っぽいが
髪は生え揃っており、デモや勝利メッセージなどから別人というよりは斬〜天サムの頃の骸羅の再現だと思われる。
そのため、終始 髪が云々 言ってて怒りっぽかった骸羅と比べて性格も若干真っ直ぐになっているし、斬紅郎への専用メッセージも存在する。
でも正直、誰得そんなどうでもいいキャラを出すぐらいならマトモだった頃のリムルルでも出せと
まあそんなこと言い出したらあのハゲ5人衆も誰t(ry
プロフィールも大体骸羅と同じだが、微妙に変わっている点もある。
  • コンプレックス :そんなものは気にしない
  • 尊敬する人 :思い当たらない
  • 剣の道について :拳があれば剣など不要
  • 特技 :瞑想(と見せかけた昼寝)
  • 平和を感じるとき :仏の力で衆生を救えたとき(喧嘩含む)
ちなみに出生地はなぜか 飛騨 のまま。零EDを経由しなかったもう一人の骸羅というイメージだろうか。
また、使う技は斬サム時代に近い揃いで、骸羅と被っている技はアレンジが加えられている。
骸羅とはパラレルな存在のようだが、決勝戦で 何故か二人が出会い、お互いを物の怪と疑って対決 することになる。

+そんな彼のエンディング
好き放題暴れ回って御前試合に優勝し、天下無双と認められるも、
どいつもこいつもひ弱すぎてまだ暴れ足りない、と不満を露わにする雄載。
和狆からは喧嘩で悟りは開けないと叱られるが、雄載はとうとう天竺へ行くと宣言してしまう。
和狆その他ハゲ共が雄載の奢り高ぶった態度に失望する中、長崎の出島に着いた彼は天竺へ旅立っていった

「おっしゃあ! 行くぜ!
 大陸横断! 印度! 天竺!
 悟りが俺を待ってるぜ!!」

+で、結局どうなったのかというと
己の信念を疑わず、進んでいった雄載。
だが、そこで彼が悟ったことは自分がいかにちっぽけな存在であったか、ということであった。
全てが掌の上の出来事だと今さらながらに痛感した雄載は、その後、二度と日本に帰ることはなかった。
和狆からは「 せめて、髪を捨てておればのぅ……。 」と惜しまれている。


先ほど性格は若干真っ直ぐだと書いていたが、その分雄載の場合は己の力をやや過信しすぎで猪突猛進な風もあり、
骸羅のエンディングと比較してみると骸羅の方がマシな気がしないだろうか。
各キャラクターのほとんどのEDが(そのキャラにとっては)ハッピーエンドな中、彼のEDはある意味鬱エンドなのかもしれない。

「キム」と名乗ってはいるものの、彼はSNKおなじみの某カッファン氏の一族とは全くの無関係らしい
(そもそもキム姓はあちらじゃ日本でいう「佐藤」と「鈴木」を 両方足しても追いつかないレベル のメジャーさ。無関係でもおかしくない)。
後に、『閃サム』でキム・ヘリョンという彼らキム一族の一人である韓国人キャラクターが生まれたのだが
(サムスピ世界は当初はSNK製格ゲーとしては世界・時間軸が別だったらしいので、
 今回を持って世界観を統合することにしたか、あるいはセルフパロディかもしれない。
 過去にも不知火舞藤堂竜白ショー・疾風のそれぞれのそっくりさんが出てきてるけど)。



性能

刃物を振り回す連中の中で一人巨大な数珠を振り回すスタイルが示す通り、接近戦特化の投げキャラ
特に数珠を使ってジャイアントスイングをかますガード不能の打撃投げ(剣サムではコマンド投げ)「円心殺」は、
回転に合わせてレバーをグルグル回すことでダメージが上がり
武器飛ばし技並のダメージを普通に叩き出す強力な技。「ハイパーオリンピック」などとも呼ばれる。
通常技も威力、リーチともに優れるものの、接近戦特化らしく飛び道具がない。
飛び道具反射や画面全体攻撃もあるのだが、それらの発生はやたら遅い…
ゆえにリーチで上回る奴相手には相性が悪いどころか ほぼ詰みゲー。

初出の『斬サム』はガード硬直中の相手に投げが入るという恐ろしい仕様となっており、
さらに地上から出す「円心殺~地」と、小ジャンプして出す「円心殺~天」を使い分けることが可能だったため、
脱出が極めて困難な投げハメができる「羅刹」骸羅が凶悪な強さを見せた。
そうでなくとも跳び込みのジャンプ強斬りが異常に強いため多くの他キャラ使いに嫌われた上、
「円心殺」の回しすぎでレバーが壊れる箇体が続出し、ゲーセンにも嫌われるキャラになってしまったという…。
バグか仕様かは定かでないが、破沙羅と共にシリーズ異例のガードキャンセルも可能。

『天サム』では「修羅」は各種「つかむぞ~」が安定した性能となっておりそこそこの位置にいるが、
前作からの反動で「羅刹」は絶望的な弱さに抑えられてしまった。「円心殺」は強力だがまず接近できない。
また、「修羅」の「地震丸」が全地上判定になり、「地雷震」にそっくりな技になった。
ちなみに彼だけ空中やられに喰らい判定が残るため、バサラウィルス程ではないが変なコンボを喰らったりする(通称ガイ専)。
最弱ランクのはずの天草との相性が終わっており、ただでさえ圧倒的なリーチ差で辛いのにこのガイ専の対象のため、
遠Aをうまく弾けないとそれだけで詰む。コノバチアタリメガー
ガーキャンできなくなったかと思えば今度は変なやられ方と、破沙羅とは妙にお揃いになりやすい男である。

『零』以降は 「円心殺」 のコマンドが ←↖↑↗→ という特殊なものに変更され、意図的に使いにくくされたようだが
(実は「防御崩し→崩し斬りが出ないタイミングで入力して円心殺」というテクが使える)、
やたらと発生が速く判定も強い遠立ち強斬りとジャンプ強斬りが猛威を振るった。
武器を落とすとスピードが若干上がると同時に、実はシャルロット同様防御力が(わずかにだが)減少する。
『零SP』では全体的にマイルドに調整されたが、代わりに速くなったダッシュをいかに使うかがポイントのキャラになり、
中堅~下位といったところに落ち着いている。
ただしいずれもミナと対戦すると、遅くてデカイ上にリーチもないのでほぼ詰みゲー
絶命奥義は相手を石化させて殴り倒した後、念仏を唱えて粉々に砕く「カチ割るぞこらぁ!」。
見た目はそれ程でもないが、やってることは地味にひどい。
この技が決まると最後に「昇天!」と叫ぶ(かつての「みだれうち」のボイス)のだが、
なんか発音が悪い上になぜかボイスが二重に再生され、「サーセーン!」としか聞こえないため、
よく「サーセンじゃねえよw」「謝るぐらいなら殺すなw」などと突っ込まれる。
というか、こいつは全体的に何を言っているのか分からない

『剣サム』では防御崩しと崩し斬りが勝手に…うわぁぁぁ!自動で出るようになってしまったため、
上述の円心殺連携は使えなくなり、当て投げ戦法なり避け系の動作なりを駆使していかないといけなくなった。
またダッシュもステップに変更され機動力が落ちた。円心殺仕掛けに行くのには使えるが…。
しかし、今までろくにコンボにできなかった武器飛ばし「仁王爆心殺」が普通に繋がるようになり、
しかも受け身不能で ダウン追い討ち後さらに起き上がりに円心殺確定 (※アーケードのみ)。
こいつらと違い延々ハメにはならないが、かなり持ってけるので一発が怖いキャラとなった。
一方天敵との相性は相変わらず…というか向こうがかなり強化されたので 余計悪化したか
家庭用隠しの裏キャラである金雄載は斬サム時代の再現っぽいが、
円心殺が地上で掴んだ相手を壁にぶつけて浮かせる「ぶんまわし」と空中で掴む「円心殺~空」の二段式。
ぶんまわしがガード不能で、一回転コマンドのためニュートラルから出せないのは骸羅と変わらないが、
ガードの上からでもそのまま出してしまえばいいのでもはや問答無用の強引振りを誇る。
しかし飛び道具返しの「喝」が なぜかちゃぶ台返しモーションになって発生激遅に なってしまっているので、
戦はもはや絶望的。もうだめだぁ…おしまいだぁ…
一応踏み込みがダッシュのままとか、つかむぞシリーズが空中にぶっ飛んでいく「格天井」だったりで機動力は骸羅より上なのだが。
スピリッツはどちらもジャンプ攻撃からのリターンを増大させてくれる連斬がある天スピが良好か。円心殺狙いなら前転のある真や零を。




「生者必滅!南無阿弥陀仏!
     化けて出るんじゃねぇぞ!」


MUGENにおける花諷院骸羅

+FUJY氏製作 天草降臨仕様+アレンジ
  • FUJY氏製作 天草降臨仕様+アレンジ
「修羅」と「羅刹」を統合した技を搭載しており、防御崩し、避け、回り込みが可能だが、
怒りゲージや連斬、怒り爆発などは省かれており、「円心殺」 のレバー回転によるダメージアップがない模様。
全体的に火力が抑えられており、強斬りが直撃してもあまり減らない。
かなり以前のキャラでAIは入っておらず、残念ながら現在は公開されていないが、
稀にうp主自作のAIで動画に登場することがある。

+アリ氏製作 斬紅郎無双剣仕様
  • アリ氏製作 斬紅郎無双剣仕様
原作再現型で、修羅と羅刹を選択する方式。
羅刹は当然の如く円心殺がガード不能打撃投げ+キャンセル可能になっており、
「5Dor6D>ガード非ガード関係なく円心殺(C+D版)ダウン後繰り返し」
によるハメ殺しや、ガードキャンセル円心殺などもしっかり可能になっている。
デフォルトでAIが搭載されている。
2015年4月1日をもってアリ氏が引退した為、残念ながら正規入手は不可能となった。
転載・改変自体は自由とのこと。
現在はfoxy氏のOneDriveにて代理公開されている。

元町氏によって、指が6本になってしまう現象を修正したsffパッチが公開されている。

また、2015年10月にはyanagi氏の外部AIが公開された。
改変もされており、1・4・5Pが修羅、2・3Pは羅刹、6Pが両方の技を使うハイブリットモードになる。
AIレベルは無いが、ガーキャン率や円心殺レバー回転数の調整が可能となっている。
修羅でも十分その強さを確認出来るが、衝撃的なのは羅刹の円心殺。
DLしたままの状態で使用すると、掴まれたら最後、並のLifeのキャラなら一撃で試合が終了するほどの火力となる。
readmeでは、修羅は凶下位程度となり、それよりもやはり羅刹の方が強いとのこと。
なお、defファイルのsff参照部分を書き変えれば、元町氏の修正パッチと併用が可能。

出場大会

更新停止中

出演ストーリー