ハルカ


「ポケモンゲットかもー!」

任天堂の育成RPG『ポケットモンスター』シリーズの登場人物。
某765プロの閣下なアイドルとは無関係。また、外惑星戦士でも不死身の大学生でもどこぞの快盗天使でも年増な魔法少女でもない。
また、無印金銀編にも同名のキャラが登場するが、勿論無関係(ちなみに登場はこちらが先。声を当てたのは後にDP編でヒカリ役を演じることになる豊口めぐみ氏) 。
初出は『ルビー・サファイア』。本編の女性主人公であり、主人公に男性を選んだ場合のライバルポジションになり、
冒険の途中でバトルをしたり、「ダウジングマシン」や「ゴーゴーゴーグル」等の貴重なアイテムをくれたりする。
なお、名前はプレイヤーが決められるため一定していない。「ハルカ」は、アニメ作品である『ポケットモンスターアドバンスジェネレーション』での名前である。
(もっと突っ込んだ話をすると、もともと「ハルカ」はゲーム版における女ライバルの名前。ちなみに男ライバルは「ユウ」)
なお名前の由来は制作時に、日本で生まれた子供に最も多く付けられた女の子の名前の読みから。
アニメ版でのCVは『BRIGADOON まりんとメラン』の浅葱まりん役のKAORI.女史。
なに、まりんとメランとか知らない? かの勇者王ガオガイガーともつながりのある作品ですぞ。

上記のようにゲーム版では設定が一定しないため、以下の設定は、アニメ版に準拠したものである。

トウカシティのジムリーダーであるセンリ(cv小杉十郎)の娘。弟にマサトがいる。
主人公のサトシ同様、ポケモントレーナーとして旅をしている身の上である。

カスミに継ぐ二代目ヒロインでオダマキ博士にポケモンをもらいに行った時サトシと知り合い、
ピカチュウにポケモンヒロイン恒例の 自転車を壊された 事でサトシと一緒に旅をする事になる。

性格は前向きで素直。おっとりした外見に反して、責任感や母性も強い。
サトシのような熱血漢ではなく、どちらかというと天然ボケの暴走体質。
食べることが大好きで、新しい町に行く際には必ずおいしい店をチェックしているほどである。

冒頭のセリフのように語尾に「かも」をつけるのが口癖。
そのためロケット団には「かもかも娘」とあだ名されていたり、ファンからも「鴨」と呼ばれることも。
決してカモネギとは関係ない

旅に出る際には家族に「ポケモントレーナーになる」と語っていたが、実際のところは単に旅がしたいだけであった。
だから、ポケモンバトルをこなしはするが、厳密にはポケモントレーナーではない。
だが、旅の途中でポケモンコーディネーターという職種の存在を知り、そちらの道を追求し始める。
ホウエン編の後半になってからは、押しも押されもせぬ一流コーディネーターとなった。
実力は高い方で、経験も浅いはずなのに1次予選敗退など存在せず、多くのコンテストで優勝し、
グランドフェスティバル(トレーナーで言うポケモンリーグみたいなもの)では、
ホウエン大会でベスト8、カントー大会ではベスト4という初出場にしてはかなりの高成績を残した。
負ける時は負けるものの次の大会ではしっかりと勝って勢いを取り戻すなど、連敗しない所や実力等流石ジムリーダーの娘である。
+ ...

所持ポケモンは、女の子故かかわいらしいものが多い。
メインがバシャーモで、残りがアゲハント、エネコ、フシギバナ、ゴンベ、カメール、グレイシア
(持ち運べるのは6体までで入れ替わりがあるため全員一度には登場しない)。
また、非ゲット枠ではチルット、メノクラゲ、マナフィも入る。
ゲットしたポケモンは当初はホウエンで序盤で手持ちに入るポケモンだったが、
放送中発売した「ファイアレッド・リーフグリーン」の影響と途中でカントー地方が冒険の舞台が移ったという事もあり、
カントーのポケモンが多くなった。
ちなみに、サトシとの冒険中はフシギバナ、カメール、グレイシアは未進化(フシギダネ、ゼニガメ、イーブイ)だったが、
後にサトシと再会したときにはあまり期間がたっていないのに全部進化していた。なんなんだこのコーディネーター
余談だがこの再会した回は、上記の後継ぎの女主人公の立ち直りに大きく関係するものだったが、
別の意味 話題となってしまった


なお、彼女は設定上 10歳 であるが、初期ではとてもそうは思えないほどの戦闘力を持っていた。
まぁ戦闘力はともかく主要メンバーの大半が外見と実年齢が異なっているのである意味問題は無い。
あのタケシですら設定上は 15歳 である。・・・・すごい子供だ。


MUGENにおけるハルカ

トカティキ氏が制作したものが存在したが既に公開停止されており、手に入れるのはほぼ不可能と言ってよいと思われる。
フシギダネとエネコも使える予定だったようだ。

本人も格闘戦を行うほか、原作同様、アゲハントやアチャモを召喚して戦うキャラクターになっている。
殴るよりは、アチャモの「ひのこ」やアゲハントの「そらをとぶ」のほうが強いため、遠距離で立ち回る方が良いであろう。
ただし、味方どころか自分にも当たってしまう
設定でアゲハントを進化前のケムッソにすることも可能。

他には、ほぼ全ての画像を書き換えたパッチが作られていたが
少なくともニコニコ動画では使用してはいけないものとなっている。


出場大会

更新停止中