神雷功


「我が拳は赤い稲妻!」

知る人ぞ知る格闘漫画、「押忍!!空手部」の登場キャラクター。「じんらい いさお」と読む。
SFCで発売された格闘ゲームにおいてはラスボスとして登場。
パンチのスピードが凄く、殴った相手の血がのように飛び散ることから
「赤い稲妻」の異名を持つ。また太極拳も使えるが高木とは違い最後まで極めていないため発勁の威力は高木に劣る。
初代大阪魂であり、高木義志忌羅孝の兄貴的存在だったが、片思いの女性後藤に惚れていたが彼女が森上真吾に告白されるシーンを見てしまい
その後彼女に言い寄って暴行。その際硫酸あびせられ顔にやけどを負いその件で2代目大阪魂森上真吾と戦闘。彼の右目の視力を奪うほどの傷を負わせるが
仲間に見捨てられ大阪を追われる。
その後四国を制圧し死国連合を率いて大阪を乗っ取ろうとした。
しかし、太極拳を習得した高木に敗れてからは改心し、東京篇で瀕死となった高木を助けたりするなど、高木のピンチの時に駆け付けた。

+ 原作ネタバレ注意




SFC版における性能


主に接近戦を主体としたパワー系のキャラとなっているが、
大極拳を習得したのか、彼も「百歩神拳」を使うが、高木とは性能もコマンドも違う。

「神の力、見せたるでぇーっ!!」


MUGENにおける神雷功


MUGENにおいては、とけい氏製作のSFC仕様+アレンジが存在。
ダッシュ中では飛び道具に対して完全無敵となっている。
システム的には氏の空手部とのキャラと共通しており、四鬼神のメンバーである中井透、田中浩之をストライカーとして召喚する。
2体同時に出すが、同氏の高木さん同様、ゲージを消費するので人間弾幕は制限されている。
また、デフォルトで簡易AIも実装されており、相手が遠いところにいても技を出し、ダッシュで相手に接近しつつ、遠強Kでガン攻めしつつ、ゲージが溜まればストライカーを頻繁に召還する。
もし、ゲージMAXのキャラとタッグを組んだら完全な人間弾幕が再現されるだろう。
根性必殺技を出す際のカットインや同氏製作の高木義志忌羅孝溝口誠との特殊イントロは必見。
またNS氏による外部AIパッチも作成されている。こちらはより守りに特化しており、AIレベルを6段階の中から選ぶ事ができる。

「我が拳は赤い稲妻!我が拳の前に全ては崩れる!!」

出場大会




添付ファイル