シャイア

   「行くわよ!ボールボーイ!」

名前 : 菱崎シャイア(本名はシャイア・シュー・シルヴィアーヌ)
コピー : 夢見る宇宙婦警
所属 : 第23区学徒校舎 ベルナール芸能音楽専業クラス2年
年齢 : 17才(地球年齢換算)
生年月日 : 恒星間交暦222年12月26日)*1
血液型 : ∑パルサーRH+(地球の血液型では恐らくB型)
身長 : 168cm
体重 : 不明(ボールボーイを含めて78kg)*2
スリーサイズ : B88 / W58 / H82
好きなもの : カフェ「ベルナール・シャイン」のコスモメトロポリタンパフェ(ダブルミラーボールスペシャル)
                     ビストロ「シャルル・ペロー」の地中海風羊脛肉蒸しの特製フィガモバターソースがけ
                     コスチュームプレイ、カラオケ
嫌いなもの : 現国の授業、スプラッター映画
宝物 : シルク地のドレス(亡き父からの16才の誕生日のプレゼント)、ボールボーイ
CV : 冬馬由美

+ ボールボーイ


テクノスジャパンの変身ヒーロー対戦格闘『超人学園ゴウカイザー』のキャラクター。
ベルナール学園の学生で、ミス・ベルナールに選ばれた学園のスーパーアイドル。歌手としてCDも多数出している。
学内には熱狂的なファンが多いため、たいていのことは笑顔一つで自由になるようだ。
なお、菱崎シャイアは偽名で、地球で初めて食べた菱崎メロンパンから取ったもの。

実は宇宙警察の太陽系地域の担当として赴任した。つまり宇宙刑事シャイアである。
原住民が太陽系と呼ぶこの辺境宙域の警備と原住民の生態・文化の調査報告が任務だったが
地球の娯楽文化にハマってしまい、任務期間を過ぎても帰還せず居座っている。
ミス・ベルナールに選ばれてからはすっかり学園に馴染み、
宇宙警察としての使命感とアイドルとしての虚栄心から悪を倒すヒロイン・シャイア仮面として世間を騒がせる。
なお、勝利メッセージから判断するとどうやら紫紅京介に気があるようで、OVA版でもそういう展開になる。
ちなみにボールボーイはマリオン(ロボット)に求愛されている。…機械に性別は無いカラ何モ問題アリマセン!

ボールボーイという自我を持つ小型の可変式戦闘ユニットと共に行動しており
変身だけでなく戦闘もボールボーイ任せで、ほとんどの通常攻撃、必殺技、そして防御にボールボーイを使用する。
本人曰く「私のかわいいボールボーイがみぃんなやってくれる」とのこと。
ちなみにこのボールボーイ、実はゴウカイザーよりも前(1995年3月、ゴウカイザーは同年9月)に発売された、
同じテクノスジャパン制作の格ゲー版『ダブルドラゴン』のあるキャラのEDに登場している。
+ ダブルドラゴン・アモンED
ただしこの二つの作品の世界観は繋がっていないはずので、単なるゲスト出演であろう。

ゲーム中は常に真正面を向いており、歩行が横歩きだったり、しゃがみも正面を向いたまま膝立ちだったりと
モーションがちょっと不自然だが、これはおそらくアイドルとしてカメラ方向を意識しているのだと思われる。
コスチュームはご覧の通りけしからん恥ずかしい格好で、背中とお尻が丸出し。
しかし本人はキャプテン・アトランティスに対し「そのコスチューム、ちょーエッチィ!アブナーい!」とのたまう。
このコスチュームは宇宙警察の制服らしく、シャイアのEDで登場するロザリーというキャラクターも
同じような恥ずかしい格好をしている。いいぞ宇宙警察もっとやれ。
+ シャイアED

大張正己のキャラクターらしく、勝利ポーズでこれ見よがしに揺らすのは当然として、
OPでもぶるんぶるん揺れたり、イントロの変身モーションでは一瞬になったりする。
そしてOVA版ではかりんと共にあらゆるシーンでいろんな所を惜しみもなく披露している。
どの辺を披露しているかというと、画像どころか文章でも説明しづらいので察していただきたい。

戦闘は前述の通りほとんどの技がボールボーイ任せで、シャイアは大抵指示をするか踊るのみ(ダッシュ攻撃やボールボーイが飛んでいる最中の足払いなどでは、キックで攻撃している)。
ボールボーイが突進するので通常技のリーチが長く、ダルシム天草四郎時貞のように中~遠距離で戦うキャラ。
必殺技も「スマッシュ・バンバン」「スリーウェイ・ビーマー」「ちくたく・ぼむ」と遠距離戦用のものばかり。
「ちくたく・ぼむ」はボールボーイが転がり、任意の場所で自爆する技。自爆しても一瞬で復活する。
飛び道具を3発撃つ「スリーウェイ・ビーマー」はトレース可能技で、他キャラはボールボーイごとトレースする。
シャイア自身がトレースすると「マッドネス・ボールボーイ」というボールボーイの乱舞技になる。
ちなみにいずれの技もシャイアはただ踊っているだけである。…がんばれボールボーイ。
超必殺技はさすが宇宙人というべきか、全身を金色の炎で包み横飛びに突進する、その名も「すーぱーしゃいあ人」。
…もはや多くは語るまい。

全ての必殺技の隙があまりにも大きく、本当に遠距離でないと安心して出せないうえ弱い
とにかく中距離でのボールボーイによる牽制で倒しきるキャラ…なのだがボールボーイが手元に戻ってくるまでの隙が大きいため、
ジャンプの軌道が高くダッシュもあるこのゲームで相手がまとわりついてくるのを防ぐのは非常に難しい。
おまけに、シャイア自身の防御力・気絶耐久力も他と比べると低く、ただでさえ立ち回りがキツいのに数値的にも打たれ弱い。
レバー前+ボタンでボールボーイの軌道が変わるので、彼を上手く使いこなして牽制するしかないのだが、
コマンドの関係上ちくたく・ぼむが非常に暴発しやすく…相手の目の前で踊ってる場合じゃねーぞ!

キャラの元ネタはアシスタントユニットのボールボーイという名前やシャイア仮面、
偽名の付け方(すごいマシンに乗っているからマシンマンよ!と名づけられた)などから
『星雲仮面マシンマン』と思われる。


MUGENでの菱崎シャイア

  • Staran氏製作のシャイア
原作準拠と思われるスタンダードなシャイア。
シャイアを含むゴウカイザーキャラは龍虎キャラのように基本的に少し大きめのスプライトなのだが、
他のキャラと合わせるためにあらかじめ一回りサイズダウンされたものも同梱されている。あとEDも収録。

  • Fer氏制作のシャイア
こちらはシャイアに別要素を加えたアレンジキャラ。
必殺技では腕(?)を変形させてマシンガン・火炎放射器・電撃等を使用。
エフェクト抜きのノーマル版「すーぱーしゃいあ人」とでもいうような突進技・対空技もある。
またボールボーイがおらず、ボールボーイを使った攻撃もしない。
かわりにゲージを使用し大・小二体のアンブロジァのようなものを呼び出して攻撃させる。
一部作りかけのような部分はあるが、必殺技超必殺技は揃っているため戦うのに問題はない。
…というか、電撃とアンブロジァの性能がかなり凶悪であり、AIも搭載されているため相当強い。
特に「すーぱーしゃいあ人」は至近距離でヒットするとほぼ即死する超威力。
ただ、何故かヒットしようがしまいが関係無く、発動した時点で相手が炎に包まれる(ダメージは無い)という謎の不具合もある。
他、斜め下一直線に出っぱなしでやたら連続ヒットしまくるジャンプ弱パンチも地味に凶悪。
ただし瀕死時勝利ポーズがアウアウなため、その点だけは注意が必要である。
また、KOした相手に対し、勝ち挑発代わりに必ず火炎放射を食らわせる特徴がある。汚物は消毒だー!

  • Cerenas氏制作の「シャイアCV」
シャイアのアレンジキャラクター。ボールボーイが無く、通常技が弾幕風の飛び道具になるなど独自仕様になっている。
原作要素としては他のゴウカイザーキャラに対応したトレース技を使用できる。ボタンでキャラを切り替えて使うようになっている。

「もう、顔にキズがつくところだったじゃない! バカバカバカ!」


出場大会

出演ストーリー



*1  「恒星間交暦」についての謎。
ボールボーイ(237年5月2日生まれ)の年齢が11ヵ月なので、現在は恒星間交暦では237年16月~238年4月のいずれかになるはずである。
(この暦の1年は何カ月あるのか不明だが、シャイアの誕生日から12カ月以上は確実。)
するとシャイア(222年12月26日生まれ)の年齢を地球換算ではなくこっちの暦に直すと15歳(238年の12月26日で16歳)になるはずなのだが、
プロフィールの「亡き父からの16才の誕生日のプレゼント」を見ると誕生日をすでに迎えている事になる。
(「産まれた瞬間1歳、新年ごとに1歳づつ加算。」の数え年なら16歳になるが、この場合は普通「誕生日」は祝わない。)
何らかの事情で誕生日祝いを早く行ったのか、あるいは故郷の星にさらに別の暦があってそっちで祝ったのか…大宇宙の謎である。

*2 ボールボーイを含めて78kgということは、ボールボーイが28kgなので…おや誰か来たy
まあ、実際の所内緒にするまでもないスマートさ、と言うより痩せすぎなくらいだが。