アクセル・ホーク


「今から地獄の10カウントを聞かせてやる! 覚悟しな!」

初出作品 : 餓狼伝説2
格闘スタイル : ボクシング
出身地 : アメリカ合衆国
生年月日 : 1954年6月13日
年齢 : 38歳
身長 : 196cm
体重 : 125kg
血液型 : AB型
趣味 : ラジコン
得意スポーツ : 野球
大切なもの : お母さん
好きな食べ物 : 西瓜
好きな音楽 : ゴスペル
嫌いなもの : ネズミ
関連キャラクター : クラウザービリーローレンスマイケル・マックス

餓狼伝説』シリーズのキャラクター。こいつあいつそいつとは無関係。
『餓狼伝説2』ではCPU専用の中ボスとして登場。『餓狼伝説SPECIAL』で使用可能キャラになった。
元ボクシングヘビー級チャンピオンですでに引退していたが、クラウザーにスカウトされ格闘家として再起した。
以後、クラウザーの元でビリー・カーンローレンス・ブラッドと共に三闘士の一人として活動する。
三闘士としてはビリーをあまり信用してない様子。ローレンスとはお互いに実力を認め合った仲。
悪人というわけではなく、素の彼は母親想いの朴訥とした男で、クラウザーに従うのも格闘家として実力を認められたことが大きいようだ。
しかし「ラスボスの部下」という立ち位置や、その厳つい外見が災いしたのか、
他メディアでは必要以上に悪人として描かれてしまい、ロクな扱いをされていない場合が多い。

SNK監修の公式漫画(作:MONDO.恵)では、不知火舞の祖父を殺害した張本人である。

+ 公式ストーリー

餓狼SPのEDでは初代餓狼に登場したマイケル・マックスをトレーナーにしてプロボクサーへの復帰を目指している。
『RB餓狼伝説』のフランコ・バッシュから対戦を熱望されているが実現はしていない。

モデルになった人物は、元世界ヘビー級チャンピオンのプロボクサージョージ・フォアマン。
一度の引退から10年後に復帰し、史上最年長の45歳でヘビー級チャンピオンの座を奪取した。
スタッフ曰く「タイ○ンタイプのボクサーを避けたかった」からという割と身も蓋も無い理由である。

+ 恐怖心をもった狩猟犬に生きる資格はない


原作での性能

餓狼2、SP共に通称三闘士と呼ばれる中ボス3人組の2人目として登場する。
アクセルステージは他の三闘士と同じく、「ライン移動不可・ライン飛ばし攻撃で追加ダメージ」という特殊仕様のステージで、
アクセルの場合は奥ラインに高圧電流が流れるロープが張られていたボクシングリングとなっている。

餓狼2ではCPU専用キャラらしく、隙の少ない通常技と各種高性能必殺技を備えている。
突進技「スマッシュボンバー」はスピードが速いうえ隙がまるで無く、モーションがアッパーなので対空性能も抜群。
飛び道具の「真空カッター」に到っては飛び道具として作中最強クラスの性能に加え、
発射する際の腕を振るモーションにも攻撃判定があり、近距離戦はおろか対空としても機能するという反則臭い性能。
また挑発するとほぼ100%で「BUST YOU UP!(ぶっとばしてやるぜ!)」と叫んで突進して来る 必殺技 「アクセルラッシュ」は
ガードしても3割以上、まともにヒットすると(餓狼2の仕様上途中からガードできるものの)5割以上は持って行くという、
まさに攻めに特化した攻撃力のカタマリのようなキャラであった。

SFC版およびMD版餓狼2では隠しコマンドを入力することにより三闘士及びクラウザーが使用可能で、
プレイヤー操作で真空カッターを使うアクセルが操作できるのはこれらとGB版の熱闘餓狼伝説2のみである。
またMD版には真空カッターを上方向へとばす対空技「グレートガンブロー」が追加されている。

ちなみにMD版では弱スマッシュボンバーが相手をのけぞらせた上で、アクセルの方が早く動けるのだが、
なんと弱スマッシュボンバーの後には 屈弱P→弱スマッシュボンバーが繋がる のだ。つまりは 永久 である。
(MD版のスマッシュボンバーのコマンドは「↙溜め→+P」だが、前のスマッシュボンバー中に次の溜めが完成するので特に問題はない。
 ちなみに強スマッシュボンバーは相手を吹き飛ばしてしまうので永久にならない。)
しかもこの永久、難易度の割に ステージのどこで屈弱P刺さってもスマッシュボンバーに繋がる ので汎用性も高い。
また、スマッシュボンバーはガードされても殆どノックバックしない上にケズリがあるので、
極論を言えば、 屈弱Pかスマッシュボンバーが相手に触れたら実質試合終了 である。
おまけに飛び道具の真空カッターが対空としても機能するので、遠距離でも安定して立ち回れる。
そのためMD版のアクセルは他のキャラを差し置いてダイヤグラムトップに君臨していた。

使用キャラになった餓狼SPでは「真空カッター」が削除され、腕を振り回すモーションは連打技「アクセルダンス」に、
代わりの飛び道具として初代餓狼のマイケル・マックスが使用した「トルネードアッパー」が 音声ごと 追加された。
スライディングでくぐられないものの、同じエフェクトのジョーのハリケーンアッパーと比べると隙が大きく見劣りしてしまう。
「スマッシュボンバー」はすべての面でかなり弱体化されてしまい、最弱クラスの突進技になってしまった。
「アクセルラッシュ」は超必殺技になり、威力とかっ飛んで来るスピードは前作級だが、
コマンド入力の難易度(←→↘↓↙↗+BC)のおかげで出し辛く、
「突進しながら3度腕を振り回すのだが、2回ガードされると攻撃判定が消える」という謎の仕様のために
攻撃モーションの前半をガードされると最後の攻撃判定が発生せず反撃確定という、まさに捨て身の一発逆転技に相応しい技であった。
うまく技の終わり際の攻撃判定をガードさせれば凄い削り量で隙が無い有力な攻撃方法に化ける……が、
タイミングが難しいので、チャンスがなかなか来ないのが実情である。

隙の少ない通常技、全キャラ最長の避け攻撃、アクセルダンス(orアクセルラッシュ)の削り、
相手のスライディングや避け攻撃を潰せる二段技のジャンプ攻撃、リーチの長い避け攻撃と強いポイントはいくつもあるが、
通常技には一概に全部が隙が少ないと言うわけでは無いので、その辺を覚えておく必要がある上に、
キャラの動きが遅く無敵技を持たないため小パンチ等でぺちぺちと固められると非常につらく、
また連続技が連打技のアクセルダンス絡みのものしか無いので相手の隙に付け入る事が出来ない。
このためダイヤグラムでは下位キャラに数えられている。
ちなみにアクセルは投げ技を持ってないが、3種類の掴み技を持っている珍しいキャラ。

" BUST YOU UP !! "



MUGENにおけるアクセル・ホーク

+ あだむすきー氏制作 餓狼SP仕様
+ アクセル・ホークEX
+ モンタナ氏制作 餓狼SP仕様&REALBOUT仕様

出場大会

出演ストーリー


「俺のパンチでチョットは見れるカオになったな。」