マイケル・マックス



「どうだい俺様のトルネードアッパーの味は!」


初出作品 : 餓狼伝説
格闘スタイル : ボクシング
出身地 : アメリカ合衆国
生年月日 : 1966年9月17日
年齢 : 26歳
身長 : 176cm
体重 : 93kg
血液型 : A型
趣味 : 読書
特技 : 料理
得意スポーツ : 自転車競技
好きな音楽 : フュージョン
好きな食べ物 : フライドチキン
嫌いなもの : マスコミ
大切なもの : ペットの犬
関連キャラクター : アクセル・ホーク

初代『餓狼伝説』に登場したキャラクター。
サウスタウンでギース・ハワードが主催した格闘大会キング・オブ・ファイターズに参加した元ボクサーで
ジョー東のハリケーンアッパーとほぼ同じ「トルネードアッパー」を使う黒人格闘家。

大会には一般参加枠で出場しているようで、最初に表示される対戦相手4人のうちの一人が彼である。
ボスキャラではないのだが、初代餓狼はテリーアンディジョーの3人しか使用できないためCPU専用キャラになっている。
キャラの中で唯一ジャンプができないという致命的とも言える欠点があり、飛び道具を飛び越えることができない。
そのせいかジョーと違ってギースに「ヤツはトルネードアッパーのマイケルか!」などとは言われない。
『餓狼伝説SPECIAL』でアクセル・ホークが使用するトルネードアッパーは彼が伝授したもので、
餓狼SPのアクセルEDでは彼のトレーナーになりアクセルのボクシング界復帰を支援している。

…そしてそれが最後に彼が目撃されたシーンである。 *1
初代餓狼に登場したキャラクター全員がプレイヤーキャラとして復活を果たしている中で、
何故かは知らないがマイケルだけが登場機会が全く無い。
他のキャラ達は主人公の三人と良好な関係を築いたり、後の作品に登場したりとそれなりの待遇を受けているのに、
彼は他キャラのストーリーや登場デモ、勝ちポーズ等で登場する事が一切無いままアクセル共々完全消失
SNKはに対して何か恨みでもあるのだろうか?

キャラ性能としては攻撃はパンチのみでキックが無いが、リーチが長く攻撃力も高め。
必殺技も「トルネードアッパー」のみだが、これが速射性に優れた作中最強の飛び道具なため、
ジャンプが出来ないからと言って飛び道具対決を挑むとあっさりと負ける。
またジャンプの代わりに餓狼2に先駆けて上半身無敵のスウェーとバックステップが可能なので極端に弱いということはない。
使用可能になったSFC版やMD版では必殺技が増え、MD版ではジャンプも可能になった。
MD版ではバイソンより先に会得したダッシュストレート「ガストストレートパンチ」、
SFC版では「ガストダッシュアッパー」と、なぜか統一感のある名前で別々の突進技を身につけている。
(「ガスト」は突風の意味で、「トルネードアッパー」とも語感が共通する)
仮に 後年出場できたら、この両方を併せ持った姿が見られたのかもしれない。

+ げぇぇっ オレの竜巻(トルネード)をつきやぶった!?

MUGENでのマイケル・マックス

  • リン&バット氏制作 初代餓狼仕様
NEOGEO版初代餓狼再現キャラのため、必殺技が1つしかなく当然のようにジャンプができない
救済処置としてスウェーが全身無敵になっている。
ikki氏のAIが存在し、トルネードアッパーで固めてくる砲台AIとなっている。
現在ではinfoseek消失により本体・AIともども入手不可。

  • Lord Sinistro氏製作 初代餓狼アレンジ仕様
ドット絵は初代餓狼のものだが、ジャンプが可能になり空中での基本技も搭載。
MD版のダッシュストレートや、トルネードアッパーを3連射する超必殺技などが追加されている。
ボタンは弱パンチと強パンチの二つだけだが、なにしろ古いキャラだしボクサーにキック攻撃はないので気にならない。
2012年に更新されており、MUGEN1.0以降専用になった。
更新前はDefence150という謎の硬さを持っていたが、更新後はAttack105、Defence110という全体的な強化になっている。
WinMUGENで使うとエラーが出る要素は「AILevel」というトリガーだけなので、
MichaelMax_AI.cns内の「AILevel」を全部「var(59)」あたりに置き換え、AI起動用のvarsetを作ってやれば簡単にWinMUGENでも動くようにできる。
ごく簡易的なAIも搭載。

  • MR.S&Misamu K Young&Shin Dio氏製作 KOF仕様
こちらは初代餓狼のドットではなくKOFっぽい細身で長身のドットになっている。丸ごと新調されたのでジャンプも可能。
もはや現役選手と見られていないのか、Life900、Attack95、Defence95という基本性能の低さ。ゲージ最大本数だけは5本と、通常より強化されている。
ボタン配置が弱パンチ:x 強パンチ:a 弱キック:y 強キック:b という並び方になっているので、気になる人はremapで揃え直した方が良さそう。
原作ではできなかったジャンプができるようになっている他、アクセル・ホークストライカーとして呼べる。
必殺技は236Pで射程制限がある飛び道具トルネードアッパーの他、
214Pで一度バックステップしてからダッシュストレート(バックステップ時に無敵は無い)、
214Kでダッシュして下段を払う突進技(この時ダッシュの途中で少し無敵になる時間がある)、
236Kで相手を3発殴るコマンド投げがある。
超必殺技はトルネードアッパーの強化版で、スクリューアッパーみたいな巨大な竜巻を前方に飛ばす。
この超必殺技がとてつもなく減らない。ただのトルネードアッパーより減らない。
原因はヒット属性が「ground.type = trip」になっているためで、ダウン時の防御力補正を異様に受けてしまうのである。
ここを「ground.type = high」に修正すれば額面通りの威力になってくれる。
そうするとダウンしなくなるので「fall=1」を追記したり、
さらにダウンする相手に当たらないので「hitflag = MA」を「hitflag = MAF」に変えたりと、
まっとうな性能にするのに少し手間がかかるが、これは修正しておいた方が良いと思われる。
あまりのイケメンぶりに視聴者からは「誰?」「きれいなバイソンなどと言われていた。
AIは搭載されていない。

出場大会

出演ストーリー



添付ファイル