恐竜戦車


ウルトラセブン』第28話「700キロを突っ走れ!」に登場した怪獣
「きょうりゅうせんしゃ」と読むが劇中では「恐竜タンク」とも呼ばれていた。
別名は「戦車怪獣」。体長:60メートル、体重:7万トン。

その名の通り、戦車のキャタピラの上に恐竜が乗っているというやっつけ画期的な姿をしており、
恐竜の下半身部分が機械化されて結合している。 メカザウルスとか言わない。
高性能爆薬・スパイナーの運搬を妨害しようとするキル星人によって仕向けられ、実験場に出現した。
あらかじめ設置していたと思われるスパイナーを咥えていたためセブンは迂闊に攻撃することができなかった。
強靭な尻尾攻撃、目から放つ破壊光線、三連主砲といった多彩な武器で苦しめられ、更にキャタピラで左手を轢かれてしまう。
しかし、激しい戦いのはずみで咥えていたスパイナーを落としたところにセブンがすかさずウルトラショットを発射。
この爆発に巻き込まれ最期を迎えたのだった。

怪獣やセブンのデザインをした成田亨氏はこの怪獣を気に入らなかったそうだが、
その斬新なデザインから今でもソフビの定番になっているなど世間での人気は高い。
(「セミ人間にはさみと角をつけただけの無意味なデザインの注文」を嫌っていた氏のことなので
 恐竜を戦車に乗せただけのこの怪獣を気に入らないのはわからないでもないが)
スーツは同作に登場するリッガーに改造された。

『大怪獣ラッシュ ウルトラフロンティア』では恐竜戦車マークIIが登場(劇中では単に恐竜戦車と呼ばれていた)。
結晶状のプラズマソウルが体にある以外の外見上の違いはないが口から火炎を吐けるようになっている。
冒頭で易々と2つのチームを返り討ちにし、転輪3つ吹き飛ばされても一切機動力が落ちないという驚異の性能で大暴れした。


+ ゲームでの活躍


MUGENにおける恐竜戦車

GBAの『対決!ウルトラヒーロー』のドットを用いた恐竜戦車がmuu氏により2009年6月23日に公開された。
前進動作や通常攻撃中はアーマー状態になっており、全高が低いので一部の飛び道具や必殺技は当たらないなどの特徴がある。
また敵味方全員に大ダメージを与える爆弾を設置するスパイナーなどの技を持っている。
システム的にはチェーンコンボのような「ネビュラコンボ」が搭載されている。
(「ネビュラコンボ」の元ネタはPS2ソフト『ウルトラマン Fighting Evolution Rebirth』だが
 原作では特定の技から始動し、表示に合わせてボタンを押していくものでチェーンコンボとはだいぶ異なる)

性能に癖があるせいか、同じく少し強めだったり癖の強いのキャラが多い大会に出場していることが多い。
全体的に技の出が遅いものの、通常技の噛みつきと必殺技のダイノソアビームは発生が早い。
前進動作や通常攻撃中はアーマー状態になっている。また、全高が低いので一部の飛び道具や必殺技は当たらない。

3ゲージを消費して使える必殺技のスパイナーは設置技で、
相手の技が当たることで大爆発を起こすが大抵は不発に終わりやすい(地面に置いてあるうえ、小さいので当たる技が限られる)。
ただし、攻撃範囲の広いmuu氏改変版のガギや、必殺技でストライカーが空中から地上に広範囲攻撃を使用する
バラゴンと闘わせると、スパイナーがよく爆発するようになる。
なおこのスパイナーの爆発は無差別の攻撃で、自分もダメージを受けるし、タッグ戦だと味方も巻き込んでしまう。
爆発で自分の受けるダメージはかなり低くなるように設定されているようだが、相方のダメージは全く軽減されないので、
スパイナーで相方が殺されるという展開になりかねない。

とはいえ、全体的な性能は割と普通で、怪獣の中ではガギやバラゴンと同じ位の強さのランクに収まっている。
ただし技の性質ゆえか、ガボラケムラーのような四足怪獣には強いが、
ムルチのような二足歩行の怪獣には弱いと、相性で勝敗が分かれやすい。

また、以前には霊夢戦車を改変した恐竜戦車もあったが現在はDL不可。

ちなみに原作同様に恐竜戦車のスプライトを改変して作成されたリッガーもカーベィ氏により存在している。

出場大会

削除済み
更新停止中

出演ストーリー

なこるる茶屋
怪獣王 王座復権への道
ネクサスまてぃっく(強化改変が施された恐竜戦車ザギカスタムとして登場)

その他




添付ファイル