神凰拳

『神凰拳』(しんおうけん)とは、1996年にザウルスからリリースされたNEOGEO向け対戦格闘ゲーム。
海外タイトルは『Ragnagard』。
マイナー作品ゆえに、同じくNEOGEOで出た『Operation Ragnarok』というSTGとごっちゃにされてしまうのか、
『Operation Ragnagard』だと思われていることがあるようだが、完全に間違いである。
発売はザウルスだが、開発はSFCの対戦格闘ゲーム『バトルマスター 究極の戦士たち』を製作したシステムビジョン。
ROM容量は338Mbit。
のちにセガサターンに移植された。

概要

神々の頂点を決める戦いを描いた全キャラクターがという異色の対戦格闘ゲーム。
キャラクターは全て3Dレンダリングされた2Dキャラで、コンボ主体のシステムになっている。

キャラクター

CPU戦では使用可能な7人を倒すと神の王が現れて試練として8戦目は自分の分身(同キャラ対戦)になる。
その後いきなり現れた悪魔たちに神の王が瞬殺され、9戦目から悪魔たちとの戦いとなる。
プレイヤーキャラ
スサノオ、孫悟空、ベンテン(弁財天)、チチ&ネネ(風神・雷神)、酒天童子、シーナ(海神)、紊天(貧乏神)、イグレット(死神)
コンピューター専用キャラ
中ボス:ベヒモス、イーリス
最終ボス:ルシファー

システム

操作系はNEOGEO筐体向けのレバー+4ボタン。弱パンチ、強パンチ、弱キック、強キックの4つに割り振られている。
当時の格闘ゲームの先進的なシステムがこれでもかと詰め込まれており特殊動作が多い。
例えばガードキャンセルだけでもLv1(通常技で反撃できる)と、Lv1に追加コマンドで出せるLv2(必殺技で反撃できる)があったり
避けには打撃回避と投げ回避、さらに投げ回避不能投げがあったり、ゲージ溜めが2種類あって
1ゲージを対応する属性2種で使い分け、溜まった属性によって超必殺技が変化するなど共通動作で覚えることがやたらと多い。
そのため、気軽にプレイするには敷居の高いゲーム内容であった。

また、今でこそ3D対戦格闘におけるキャラクター造形はかなりの美麗な物となっているが、当時の3Dレンダリング技術はまだ発展途上であり、
このゲームにおけるモデリングも例外ではなく、固さやぎこちなさを感じさせるものであった。
そのため、カプコンやSNKの作るドット絵と比較された場合には魅力不足という事でキャラ人気も出ず、静かに市場から消えていってしまった。


MUGENでの扱い

あまりキャラが作られておらず知名度は無いに等しい。
理由としては元々作品がマイナーであることや、キャラグラフィックがポリゴンからの取り込みであるため
実写取り込み作品並にSFFファイルやACTファイルが作りづらいことなどが考えられる。

それでもベンテン、シーナが作られているのが確認されている。

添付ファイル