ボスボロット


「ジャンジャジャ~ン!」

漫画・アニメにおけるスーパーロボットの金字塔『マジンガーZ』に登場するロボット。
主人公・兜甲児の親友にして悪友であるボス*1が三博士を脅迫して造らせたもので、
彼が搭乗し、マジンガーZと共にDr.ヘル率いる機械獣軍団を相手に戦いを繰り広げた。
本来の名称は「ボスロボット」だが実際には「ボスボロット」と呼ばれ、以後は公式名称もそれで定着している。
TVでの初登場は全92話中第48話だが、OVAやスパロボなど他作品では軒並み序盤から登場する。
あまり知られていないが、デザインは『マジンガーZ』放送当時に児童誌の企画で読者公募されたもので、
続編『グレートマジンガー』に登場するコメディリリーフ仲間のロボットJr.も同じ経緯だったりする。

『マジンガーZ』では全高12m・重量95tだが、『グレートマジンガー』では20mに増量されている。
その素材はスクラップであり、燃料はガソリンハンドルで操縦操縦席は張りでトイレ付きというかなり無茶な機体。
コメディリリーフとして多彩な表情や装備(マントやスキー板等)を度々見せるのも特徴。
ゲッターロボ』の浅太郎ロボ、『勇者ライディーン』のボインダー、『鋼鉄ジーグ』のメカドン1号・2号、
『超電磁ロボ コン・バトラーV』のケロット、『光速電神アルベガス』のゴリロボなど後の作品への影響は大きい。
なお、『戦闘メカ ザブングル』のウォーカーマシンもハンドルとガソリンで動く為、ボロットとたまに比較される。
スパロボで共演した際は当然の如くネタにされた。

その見た目からコミカルなイメージが強いが、実際にはボスボロットがいなければ
マジンガーZが負けていた可能性が高い戦いも非常に多く、
そういった意味ではアフロダイA・ダイアナンAと並ぶマジンガーZの相棒と言える存在である。

続編の『グレートマジンガー』にも引き続き登場し、主人公・剣鉄也の操縦するグレートマジンガーをサポートした。
そのまた続編の『UFOロボ グレンダイザー』にも二回ほどゲスト出演し、相変わらずの活躍ぶりを発揮した。
シリーズ三部作で唯一( 主役ロボを差し置いて )皆勤したロボットであり、映画『マジンガーZ対暗黒大将軍』や
『グレンダイザー ゲッターロボG グレートマジンガー 決戦!大海獣』でも結構重要な役割を担うなど、扱いはすこぶる良い。

OVA『マジンカイザー』にも登場し、TV版のボスボロットとはと異なりまゆ毛があるのが特徴。
また、津島直人の漫画版『マジンカイザー』では、「スパロボじこみのDXボロットパンチ」で、
無数の機械獣を一気に粉砕するという無双ぶりも見せていた。

2009年の『真マジンガー 衝撃!Z編』では、光子力研究所の作業用ロボットの色をボス専用に塗り替えたという設定で登場。
出番は最終決戦しかなかったものの、蛇腹状に伸びる腕で巨大ミサイルを投げ返す、マジンガーと互角以上の性能を持つ
機械獣あしゅら男爵を足止めした後自爆することで行動不能にまで追い込む、頭部だけでも飛行機能を持ち、
更に搭載した電磁石で海に沈んだマジンガーを引っ張り上げる……と下手したらマジンガーよりも活躍していた。
まあ今川監督作品だからしょうがない。

漫画『真マジンガーZERO』でも大体いつも通りだが、時折眼光が鋭くなることがある。
特に、第3巻にて描かれた 「マジンガー大戦」 においては、多くのマジンガー軍団が空を飛べる中で一体だけ飛べなかったが、
代わりに超大型のバズーカ砲やマシンガンを装備し、弾幕を張って熱海の絶対防衛線を各国の軍隊と共に死守し、最終的に大破した。
このマジンガー大戦ではマジンガー軍団はほぼ壊滅、ビューナスAも全身をバラバラに引き裂かれ大破、
Zですら操縦不能に陥る大打撃を受けており、決してボロットがいつもの展開で一人だけやられたわけではない。
さらに、後の時系列ではビューナスAと違い普通に復活していた。

また直接関係はしていないが、漫画『マジンカイザーSKLヴァーサス』(同名OVA作品の外伝)では
敵ロボットに操られる作業用ロボットのデザインとしてボロットが使用されており、ある意味本来の役どころである。
数の暴力をもってカイザーに襲いかかったが、やはりあっという間に弾き飛ばされてしまった。

他、1970年代にテレビマガジンで連載された、ボロットを主役とした漫画『ジャンジャジャ~ン ボスボロットだい』、
その続編である『おなり~っ ボロッ殿だい』といった作品も存在する。
この2作におけるボロットは自分の意志を持ったロボットであり、作中の雰囲気などからして、後年のSDガンダム
十年以上も先取りした作品とも言える。……すごいロボットだ。

東映公式の擬人化企画『ロボットガールズZ』ではボスボロッ娘として登場。担当声優は 牛丼こと 竹達彩奈氏。
キャラクターの初出はブラウザゲーム『ONLINE』で、アニメでは第2期『プラス』より登場している。

+ スパロボでの活躍(長文)


MUGENにおけるボスボロット

Tetsuo9999氏(現Viewtiful9氏)による『スーパーロボット大戦J』(OVA『マジンカイザー』版)の画像を元にしたボスボロットが存在していた。
OVA版なので眉毛と風呂敷マントを装備済み。OVA版の立木文彦氏のボイスも搭載されている。更新でAIも搭載された。
現在は公開停止。

出場大会

削除済み

出演ストーリー



*1
本名は不明。ボス本人も知らない模様……というか作者も知らないとか。
永井豪によるリメイク漫画『マジンサーガ』ではボスマン・ベンソン、『Zマジンガー』では棒田進という本名だが
あくまでそれぞれの漫画のみの設定であり、漫画版やTV版、OVA版のボスの本名という訳ではない。
『Zマジンガー』設定の本名については漫画『真マジンガーZERO』でも拾われている。