ギリウス・ロックヘッド



「その痛み、今はこらえるがよい。

    冥府の王を倒せし時、再び相まみえようぞ。」

SEGAの対戦格闘ゲーム『ゴールデンアックス・ザ・デュエル』のキャラクター。Gillius Rockheadと綴る。
横スクロールアクションの「ゴールデンアックス」シリーズに登場したギリアス(ギリウス)・サンダーヘッド(Gilius Thunderhead)は一族の先祖。

バトルアックスを振るう髭をたくわえたドワーフの戦士。
ドワーフ族では、かつて自らの命と引き替えにデス=アダーを倒したギリアス・サンダーヘッドを称え、
村で一番の勇士に「ギリアス」の名を与える風習があり、ロックヘッドはギリガン村の「ギリアス」である。
150年の時を経て復活したデス=アダーを倒すため、ドワーフ族の村々から旅立った何人もの「ギリアス」が命を落とした今、
ロックヘッドこそが最後の「ギリアス」である。

なおギリアスは「Gillius」と綴るが、これはシリーズ旧作では「ギリウス」と表記された。
本作ではアーケードでのインスト表(筐体に貼ってある公式のパンフレットのようなもの)でのみ「ギリウス」表記が使われているが、ゲーム中の本人のエンディングや後の家庭用移植版(SS)の説明書では全て(ロックヘッドのみならずサンダーヘッドの方も含め)「ギリアス」表記に統一されている。
『ソニック&オールスターレーシング TRANSFORMED』にサンダーヘッドが参戦しているが、こちらは通例通り「ギリウス」表記であった。

地面を打ちつけて放物線に岩石を飛ばす飛び道具、突進技のショルダータックル、コマンド投げなど技の種類は多い。

MUGENでのギリアス・ロックヘッド

  • Binho氏制作のギリアス
 『ゴールデンアックス・ザ・デュエル』を基にしたアレンジ版。
 原作の技は揃っているが一部コマンドが変更されている。また追加された技もある。
 原作同様に画面上に現れる小人を攻撃するとマジックポットを落とし、拾うとゲージ増加効果がある。
 超必殺技は原作と違ってマジックポットを5個集めなくてもパワーゲージのみで出せる。
 ブロッキングやゼロカウンター(ストZEROガードキャンセル)もあり、また、SEやエフェクトは別のゲームのものが混ざっているとのこと。

「To Heaven.」

出場大会

凍結

出演ストーリー