レム

「光あれかし!」

ナムコのRPG『テイルズ オブ エターニア』に登場するキャラクター。
死神の一種ではない。
光の大晶霊であり、インフェリアの大晶霊ウンディーネ(水)・シルフ(風)・イフリート(火)を統括する存在でもある。
一人称は「妾(わらわ)」、口調は「~じゃの」「~かのう」等という雅言葉で話す。
CVは町井美紀。同作では大晶霊シルフも演じている。

見た目は臙脂色のショートヘアに濃緑の瞳、白い肌を赤と緑の法衣で包んだ女性。
六枚の輝く翼を持つ天使のような姿をとる。
自身の一部なのか下位晶霊なのかは不明だが、光り輝く球体が常に傍に浮遊しており、これを操って攻撃することがある。
インフェリアとセレスティアを繋ぐゲート「光の橋」の管理者でもあり、資格を示すことでゲートを使わせてくれる。
また、中盤では対となる闇の大晶霊シャドウと共に現れ、光属性の剣「エクスカリバー」を授けてくれる。

戦闘では素早く空中を動き回りながら、光属性晶霊術「レイ」「ホーリーランス」や
上空から剣を降らせる「プリズムソード」、対象の周囲を攻撃する「シャイニングフレア」などを使ってくる。
遠距離型なので接近すれば何とかなるが、真下にもビームを撃ってくるため油断ならない。
というか、上述の光り輝く球体は常時無敵&触れるだけでダメージなので、下手に近づくこともままならない。
でもチャットの「エターナルスロー」で完封できるのは秘密。

戦闘BGMは何気に専用のものだったりする。

戦闘に勝利して力を示すと、他の大晶霊と同じく力を貸してくれる。
召喚時の効果は味方全体のHP全回復+戦闘不能を含む全ステータス異常回復。
水の大晶霊ウンディーネにもHP全回復の効果は存在するが、あちらはあくまでも攻撃がメインであり、
レムの場合は敵に一切ダメージが無い純回復技である。
作中最も空気な召喚術。

他のシリーズ作品では、『テイルズ オブ レジェンディア』に登場している。

MUGENにおけるレム

DEMAN氏によるものが公開されている。
原作のドット絵を使用しているため、他のキャラと比較すると小さめである。
こちらでも原作さながらに飛び回りながらビームを撃ちまくってくる。
その上原作と同じように詠唱に攻撃判定があったり玉が邪魔をしたりライフが自動回復したりする。
そのため対空攻撃を持っていないとかなり辛い戦いになるだろう。
+ 必殺技・超必殺技解説

出場大会




添付ファイル