サンダーマスク


「サンダー!にだーん!へーんしーん!!」

東洋エージェンシー(現・創通)とひろみプロダクションが制作し、
1972年から1973年にかけて全26話が放送された特撮テレビ番組『サンダーマスク』の主人公。
手塚治虫による漫画版も「週刊少年サンデー」で連載された。

魔王デカンダの地球侵攻を阻止すべくサンダー星連邦から派遣された勇者。
「サンダーマスク発狂!!」や「残酷!!サンダーマスク処刑」、「大逆転!!鉄人13号」のようにピンチに遭うことが多い。
予定より1万年早く地球に来てしまったためカプセルの中で1万年も眠りについていたが、
肝心の侵略が始まってもまだ眠りこけており、高瀬博士たちの努力で目覚めた。
命光一は地球での仮の姿であり、「サンダー!」の掛け声と一定のポーズで本来の姿に戻り、
さらに「サンダー・2段変身!」の掛け声で身長40メートルにまで巨大化する。
変身能力が生来の超能力なのか、機械的なものなのかは明らかではないが、胸部に変身機能の源があることが劇中で語られている。

(以上、Wikipediaから抜粋、一部改稿)

当時の本作は二桁台の平均視聴率を稼ぎながらも、度重なる予算超過から半年間での終了を余儀なくされ
最終回はサンダーマスクが敵もろとも消滅してしまうという悲劇的な結末を迎えた。
1万年眠って半年の命…まるで蝉のような儚い人生であった

現在、この『サンダーマスク』は(ごく一部を除いて)何も問題ないにも関わらず、
ウルトラセブン12話「遊星より愛を込めて」のような所謂封印作品という扱いを受けている。
詳細に関しては wikipedia や安藤健二氏著の『封印作品の謎2』を参考されたし。

+ ごく一部の問題

+ 手塚治虫の漫画版


MUGENにおけるサンダーマスク

スッパマンアーマージャック等の製作者であるgoogoo64氏製作の物が存在。こっちみんな

サンダーシュートやサンダーザイマーといった原作通りの技だけではなく、大回転魔獣タイヤーマを召喚したり、
サンダー2段変身による体当たりなどで戦う。

+ 大会ネタバレ

出場大会

出演ストーリー