ブラックレンジャー

アメリカの特撮番組『Mighty Morphin Power Rangers』に登場するヒーロー。
原典は『恐竜戦隊ジュウレンジャー』のマンモスレンジャーである。

当初の変身者は陽気な青年の ザック・テイラー
レッドレンジャーことジェイソン・トリニーのサポートをしていたが、後に青少年平和会議のメンバーに選ばれ、
ジェイソンと共にスイスに留学した。
その後は、ニンジャ選手権の優勝者である アダム・パーク がブラックレンジャーを引き継ぐ事となった。

因みにこの二代目ブラックレンジャーことアダム・パーク*1は、ある意味レッドレンジャーよりも優遇されており、
日本でいう『VSスーパー戦隊』じゃない内容で翌年以外の作品に出演したのは彼だけである。
また日本で言う『轟轟戦隊ボウケンジャー』にあたる『パワーレンジャー・オペレーションオーバードライブ』には他の作品からは
近年4作だったのに対して1人だけ初代からの参戦であり、1人だけ今作用の変身バンクが作成されたり、
他の作品からレッドレンジャーも登場しているのにセンターポジションであったり、
ゲスト5人がオーバードライブの「ゾード」を駆るシーンがあるが、他の4人がドライブマックスウルトラゾード(アルティメットダイボウケン)を操縦するなか
1人だけフラッシュポイントメガゾード(サイレンビルダー)を操縦したり、オーバードライブの追加装甲を装備したりと優遇されまくりである。


MUGENにおけるブラックレンジャー

Ermac Won氏によって製作・公開されている。変身者は初代ブラックレンジャーのザック・テイラー。
AIは搭載されておらず、動画で見かける機会は少ない。

出場大会



*1
ちなみに二代目ブラックレンジャーの担当俳優であるジョニー・ヨング・ボッシュ氏は現在声優としても活躍している。
有名な所では『デビルメイクライ4』のネロ(モーションアクター兼任)やMVC3の英語版ゼロあたりが日本でも馴染み深いだろうか。
モーションアクター兼任とは流石は戦隊ヒーローである。
(パワーレンジャーでは日本とは桁違いに生身でのアクションを行うため、アクション経験がないと採用されない)]