ナックルズ・ザ・エキドゥナ

「夢は決してオレたちを捨てたりはしない。
それに疑問を抱く時、それは、自分で夢を捨てようとしているんだ」


ソニックシリーズで、主人公のソニックのライバル的存在兼ケンカ友達として登場する赤いハリモグラ。初出はメガドライブの『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』。

『エキドゥナ』とは『ハリモグラ』のこと。古代の戦闘民族であるナックルズ族の最後の一名であるため、部族名がそのまま彼の名前になっている。 *1
『自由気ままな「」』の象徴であるソニックに対し、『ひとつところにとどまるべく定められた「山」』の象徴とされ、
「スピードのソニック」に対して「パワーのナックルズ」という位置付けがなされている。公式曰く、『豪快パワフルハリモグラ』。
マーシャルアーツの使い手で、岩をも砕く拳を持つ。おまけに地面などに穴を掘ったり、
グローブを岩壁に垂直に衝き立ててよじ登ったり、何故か滑空能力まである。

身長110cm、体重40kgの16歳。年齢も体格もソニックより少し大きい。
フルーツが好物で、強い日差しと女性が苦手。あと、オバケも少し苦手なようだ。
アニメ『ソニックX』の彼のセリフからニラ饅頭が好物とも言われている。

CVは『ソニックアドベンチャー』(略称:SA)から神奈延年が担当。
ネット上の愛称は『ナッコ』若しくは『ナコ』。
理由はソニックのCVである金丸淳一氏(≒ネイティブスピーカーの発音)の『ナックルズ』の発音が『ナッコース』に聞こえるから。

普段は空に浮かぶ島「エンジェルアイランド」で独り、カオスエメラルドを統べる力を持つ宝石・マスターエメラルドを守っている。
ナックルズ曰く、物心付いた時から理由も知らず独りでマスターエメラルドを守っていた。
理由については「全ては知らないほうがいいだろう。知ってしまったら何か恐ろしい事が起きる気がするから」とも語っている。しかしエンジェルアイランドって結構広いのに淋しくないのか?
ちなみに理由の一つとして、ナックルズのご先祖様の一人「ティカル」が自分の魂を封として、
彼女の父親たちがマスターエメラルドを奪おうとした際、チャオ(水の精霊みたいな生き物)達を殺されて暴走したチャオの親玉「カオス」を
マスターエメラルドの中に封印したことが挙げられるが、それ以前からマスターエメラルドの祭壇はあった。
その前後の話は断片的だが『ソニッククロニクル』で語られている。

公式ページ曰く、マスターエメラルドの守護は「ナックルズ族の宿命」なんだとか。
そのお役目故か本能なのか、エンジェルアイランドに入り込む余所者に対してはいつも警戒心を抱いている。
マスターエメラルドに指一本でも触れようとすると余計に警戒する。
エンジェルアイランドの浮力はマスターエメラルドに由来するようで、マスターエメラルドが盗まれたり
破損したりするとこの浮遊島は地上に落ちてしまう。『ソニックアドベンチャー2』では普通に浮いてたけど。
そして 彼はカオスエメラルドの力が暴走した際に、マスターエメラルドによってそれを制御する事が出来る、現時点で唯一の存在 である。
ちなみにマスターエメラルドは、粉々になっても一箇所に集めると元の姿に戻る。

そんな彼の性格を一言で言えば、頑固で純朴な体育会系熱血バカのお上りさん。
生真面目で一本気なせいで、悪役のDr.エッグマンに騙される事も少なくない。
頭は消して悪くはないし、遺跡の事など文系には割と強いが、どうも理系が苦手なようで、
メカオタクのテイルスなどに自分が理解できない事を言われると、不機嫌になったり自分勝手に端折ろうとしたりする。
かくして、ソニックやテイルスとは方法論で対立する事がある。

長らく下界とあまり関わりを持たなかったせいか、感覚が僅かに周囲とずれている節もある。
その延長線上として、女性の扱いに苦手意識がある模様。おまけにおだてに乗りやすい。
ちょっとからかっただけでカッとなったり、やる気が爆発したり。根は純真で優しいんですよ、本当に。
でも力に任せて物事を進めるタイプで、

「腕がなるぜ!!」
「ケガしたくなきゃ引っこんでな…!」

と、ものすごい強気。どこまで本当なのかは分からないけど。
そんな訳で、普段は単独行動の一匹狼。でも必要と有らば、ソニック達と共に行動する。この辺りは割りと臨機応変のようだ。
ちなみに特大ピコピコハンマーを振り回すソニックの恋人を自称する妄想ストーカー、エミー・ローズに対しては色んな意味で苦手なようだ。

実際に馬鹿な場面をゲーム内で探そうとすると実際はあまりないんだけど、ソニック達周囲からはバカ呼ばわり。扱いもだんだんネタキャラとなっていく
事実『ソニック&テイルス2』では機械を操縦できたりしてたのに…
『ソニック3』では、地中からいきなり飛び出してソニック(それもスーパーソニック)とテイルスを襲いカオスエメラルドを奪取したり、ソニック達を罠に掛けたりしたが、
最後らへんではソニックが乗った乗り物を小突いた直後にエッグマンのロケットが発射して足場が崩れ、水場に落下。
続編の『ソニック&ナックルズ』ではエッグマンにマスターエメラルドを盗まれ、自分が騙された事を知ってソニックと共闘。
その後、一時的にソニックよりも人気が出たため、外伝的作品の32X用『カオティクス』では主役を張る。

SAではストーリーの根幹に関わる事件に巻き込まれる。
いつものようにマスターエメラルドの祭壇でうたた寝をしている時にカオスの封印が解け、マスターエメラルドが粉々になってしまった。
自分が知らない事が突然起きた上に寝起きとはいえ、復活したばかりのカオスに伸され、逃げられてしまう。
で、マスターエメラルドの欠片を集めに行くのだが、その過程で又もエッグマンに騙され、ソニックと対決。
ソニックが落としたカオスエメラルドをエッグマンに持って行かれてしまい…

ソニック:「お前、まさか、もしかしてもしかすると

またエッグマンにだまされたのか!?」

「う、うるさ~い!!」

「まったく、単純というかなんというか…」

この一件で「自分の性格や頭の中を何とかしなければならない」と、ぼんやり考え始めたようだ。今の所治るどころか酷くなっているような気がするのだが。
ちなみに、SAのラスボス誕生の原因は大体彼のせい。
よりにもよってレベル0のカオスにまたも足元をすくわれ、持ち帰った6つのカオスエメラルドを奪われたのが発端である。

『ソニックアドベンチャー2』(略称:SA2)では、マスターエメラルドを盗もうとしたルージュとエッグマンと三つ巴になり、
「盗まれるぐらいなら」と マスターエメラルドを自ら破壊。

「ええい、ままよ!!」


スペースコロニーに向かう際には、隕石にぶつかった衝撃で貨物庫のハッチが開き、
せっかく集めたマスターエメラルドの破片をいくつかぶちまけてしまい、ナックルズが暴れてシャトルは墜落する。
その時のソニックとのやり取りがこれ。

「おい、後ろのハッチ開いてるんじゃないか」
「大丈夫だって、どうせマスターエメラルドのカケラ以外何にも入ってないんだろ」
「それのどこが大丈夫だ!降ろせ!今すぐ降ろせ!!」
「おいやめろ、オレ達まで道連れにするつもりか!」

「アーッ、やめろ!!そのレバー押すんじゃない!!」


あれ?ナックルズのせいじゃなくね?
最後はマスターエメラルドの守護者らしく、かっこよくカオスエメラルドの力を止めて見せたのだが、
同作で登場したシャドウに『ソニックのライバル』の座を脅かされつつある。

GBA『ソニックバトル』では、鍛えることでエメル(カオスエメラルドを動力とする戦闘用ロボットで、見た動き・能力を再現できる能力を持つ。出所はおそらくナックルズ族やその敵対勢力が住んでいた後の遺跡)が強くなることを知ったため、
エメルを鍛えることに燃え始める。
同時に、強くなっていくエメルに対し対抗心を燃やしている模様。

シリーズ最大の失言をやらかしてしまったのは『ソニックライダーズ』でのこと。
ナックルズに頼まれてテイルスがエクストリームギアが宙に浮く理屈について話をしていた時、ネタキャラらしく目を回し、いつもの癇癪が起きてしまった。

「とにかく根性で浮いてるってことだな!」


DSの『ソニックラッシュ』では、異世界から来た猫の女性「ブレイズ」に(勘違いをしてもやむを得ない事情がない訳ではなかったが)
ほぼ一方的に喧嘩を吹っ掛けた結果返り討ちにあって土砂に埋もれ、ソニックとテイルスに助けてもらった後に
土砂に八つ当たりしていた。 …土砂崩れの場所が通れるようになるぐらいに。

『ソニッククロニクル』では、カオスエメラルドを守ろうとしたが多勢に無勢で、
カオスエメラルドごと敵勢力に誘拐(拉致と言うんじゃないのか?)される。
クロニクルではギャグ要員ではないので、これを期に今後の名誉挽回を期待したい。作ったのはSEGAじゃないけど。

…と言う訳で、ソニックはナックルズに偏見を持っている。
『ソニックと秘密のリング』で『アラビアンナイト』の世界に召喚されたソニックが、
ナックルズのそっくりさん、シンドバットに「知恵を授けてやろう」と言われた時の呟きが 「ナックルズの知恵ねぇ…」

さらに『ソニックと暗黒の騎士』で『アーサー王伝説』の世界でそっくりさんのガウェインに戦いを挑まれた時のセリフが
「オレの知ってるどっかの石頭そっくりだぜ」 と言う有様。散々な言われ様である。

2006年発売の『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』(通称:新ソニ)では、たまたますれ違ったエッグマンにソニックへ言付けを持って行くよう頼まれ、
律儀にお使いをして、ソニックとテイルスと共にエッグマンの罠に嵌って未来世界に飛ばされる。
…本当に彼の扱いに苦労してるんだな、ソニックチームは。

ちなみに、彼はトレジャーハンターを生業としているとされる。
SAとSA2では彼のパートは確かに探し物が中心だし、周囲からもトレジャーハンター呼ばわりされているが、
ゲーム内で一度も生業としてトレジャーハントをしているところを見た事はない。
ソニックXではその事を突っ込まれる事も。
出番が無い時に仕事しているのだろうか?

まあ、これを見ればナックルズのことは大体分かるはず。

「これからも、この空に浮かぶ島にいるだろう…マスターエメラルドをひとり護って…

その意味…すべては 知らない方がいいのかもしれない

知れば、何かが起きる気がするから…」


そんな彼だが「ソニックトゥーン(本家である海外ではSONICBOOM)」シリーズでは、腕は丸太の様に太く上半身はがっちりで腰から下はいつも通りという
アメコミでのパワー担当テンプレとミックスした結果なんともアンバランスな体系に変化してしまっている。
これはTVアニメ版の都合であり、一目でどんなキャラ(要は脳筋)かわかるようにするための措置であるとのこと。
おかげで日本からのファンからはマッスルズと呼ばれ、海外でもこの変貌具合には苦言を呈している様子。どうしてこうなった…
日本語版トレイラー


MUGENにおけるナックルズ・ザ・エキドゥナ

ソニックと同じく海外製がいくつかある。
また、ABAB氏が『ソニックバトル』を元にキャラとAIを作成した。

ソニックバトルのナックルズの技にエメルのEX技やいくつかの改変を加えたもので、パワーとトリッキーが同居する、少々癖があるキャラクターになっている。
ソニックバトルでは、パワーキャラ故の足の遅さ(ダッシュはシャドウ以上、だが制御しづらい)と隙だらけの行動が祟って最弱キャラの一角なのだが、
mugenではソニックみたいに脚が速いキャラばかりではないし、ナックルズの身長の小ささもあってかなり使い勝手がいい方に入るだろうと思われる。それに隙だらけとは言ってもmugenにはもっと隙だらけのキャラがいる訳でして…
おまけに、地中に潜って相手の真下に潜り込み昇龍技という無敵移動ができる必殺技も有る。
潜っているときの位置は対人戦ではバレバレなのだが、これがとんでもないAI殺しで、AI戦だと面白いようにコンボがバシバシ入る。
この地中移動は弾幕も掻い潜れます。出るタイミングの見極めが難しいけど。
B版は素早く自動追尾してくれる。
ちなみに原作では追撃できており旧版でも再現されていたが、リメイク版では封印された。それにともなってかリメイク版AIではこの技を自重し、ガンセキオトシを連発しようとするため、そのスキに飛び道具を撃つとハメれる。
AI同士の戦いでは飛び道具を撃たれまくって惨敗する光景が…


9:40辺りから

「ガンセキオトシ」「メテオクラッシュ」は、落とした岩が砕けた部分にも判定があるため相手に圧迫感を与えられるが、岩が発生するまでの隙が大きい。
通常のA、遠くに投げるB、ゲージを消費して3つの岩を投げるC攻撃がある。
設置技の「モグラバクダン」は、設置すると地中に埋まり、場所が分からなくなるので強力。地雷は時間経過か二つ目を設置しようとすると爆発する。地上のB版とC版は地中に消えた状態で移動するという更に極悪設計。

また、ゲージ技に全地面攻撃の「メテオハンマー」、乱舞技の「ナックルズコンビネーション」、スキが甚大だが高威力の「ディープインパクト」がある。
全地面攻撃はガードやジャンプでかわせる。ヒットすると相手を浮かせる事ができるが、重たい相手でないと追撃は入りにくい模様。
「ナックルズコンビネーション」はゲージを2本も消費、さらに後述のファイアーダンクとほぼ同じ威力、と割に合わない。追撃を加えれるのが利点だが、やはりゲージ1技を二回使った方がいい。
ディープインパクトは通常のA、敵を撃ちあげるB、ゲージを1本消費し当たると5割持っていくC攻撃がある。当たると爽快。半分ロマン技。

1ゲージ技の「ファイアーダンク」は空中から火の玉を投げつける技。
『ソニックヒーローズ』の空中攻撃がベースで、デフォルトAIはゲージをほぼこの技につぎ込むようにしてある。
なかなかの速度と威力を誇る。
また同じく『ヒーローズ』からのアッパーからから炎柱をぶち込む2ゲージ技『ボルカニックダンク』、クリーンヒットすると体力を700ぐらい吹っ飛ばす3ゲージ乱舞技『マキシマムヒートナックル』もある。

ちなみに、ゲージ溜めによるゲージの溜まり方はかなり早い。
ちなみに、原作でもトップクラスの回復速度を誇っていた(分かりやすく言うとソニックの7倍早い。しかも、ソニバトではゲージを溜めると体力も回復したため、少々痛手を負っても隙があればダメージを相殺出来た)。
流石に原作のようなチートっぽい性能ではないが、タッグではゲージタンクになるかもしれない。

出場大会