レイカ

本項目では、以下のレイカを解説する。




レイカ(形意拳)





 『形意拳』でのキャラ名 : レイカ
 名前 : 靈兒
 流派 : 秘伝の古武術
 年齢 : 14歳
 性格 : 活発、朗らか、好奇心がチョウ強い
 趣味趣向 : カワいらしいもの何でも
 家族構成 : 両親とは死別している


台湾のゲームメーカーIGSの対戦格闘ゲーム『形意拳』のキャラクター。
ドランケンマスター(酔不歸)の弟子で、気功術と拳法を融合させた特殊な古武術を使う少女。

幼い頃に母親を殺され、父親とも離別しており、さらに12歳のときには白蓮教に命を狙われ重傷を負う。
その際、住んでいた村は全滅し、ただ一人生き残ったレイカはドランケンマスターに救われた。
傷が癒えたのち、白蓮教との戦い決意し、マスターから拳法を学んだ。
ハードな過去を背負っているとは思えないほど明るく元気な少女である。
名前を漢字で書くと「靈兒」という難しい字になるが、これは台湾が繁体字(日本で言う旧字体)を使用しているためで、
日本の常用漢字で書けば「霊児」。「児」だと男の子っぽく感じるかもしれないが、女性が自称に使う用法もあるので無問題。

中国拳法系のキャラだが飛び道具の「小月輪」、対空技の「二起脚」、
追撃可能な突進技「追風肘」などスタンダードな技が揃っており、
キャラクターのモーションアニメもスムーズで扱いやすい。
また、原作の固有システムにはゲージ消費式のガードキャンセル攻撃や、
残像が移動攻撃する分身攻撃などもある。

+ 勝利時のセリフ集


MUGENにおけるレイカ

  • Fervicante氏制作
『形意拳』を再現したレイカ。連続技や覚醒(ガーキャン+弾き飛ばし)や分身攻撃など原作システムも再現されており、完成度は高い。
AIも搭載されている。
勝利メッセージも付いているが、海外版を基にしているため英語である。
残念ながらIGS語の異名を持つ日本版の妙な翻訳日本語にはなっていない。
Fervicante氏のサイトは消滅してしまったが、Brazil Mugen Teamで代理公開されている。



出場大会





(この項目の内容はレイカ(形意拳)から転送されています。編集は こちら からお願いします)




レイカ(闘姫伝承)

 「燃え尽きなさい! ココロもカラダも・・・ねっ!」

名前:REIKA
本名:麗 華(れい ふぁん)
年齢:17歳
現住所:東京都有栖川区五番町5-5中華レストラン「満腹軒」
身長:165cm
体重:な・い・しょ
3サイズ:B86・W57・H88
足のサイズ:23.5cm
好きな食べ物:飲茶
嫌いな食べ物:ジャンクフード
好きなもの:炎……見ていると落ち着くの。読書、料理
嫌いなもの:カミナリ
好きな色:燃えるような赤
理想の男性:かっこいい人
趣味:散歩(でもよく迷ってしまう)
チャームポイント:まゆ毛
職業:高校生
コピー:ライヤの熱きライバル

テクモの対戦格闘ゲーム『闘姫伝承』のキャラクター。
2Dキャラと3Dキャラが入り混じる本作での3Dポリゴンキャラの一人。
本名は麗 華(レイ ファン)。華僑の生まれ。横浜にある中華料理店「満腹軒」の看板娘である。
規律にうるさいが情熱的な性格で、聖テーカン学園では委員長を務めている。
天界での大天使選定の試練のために地上に降りてきた天使とシンクロしたことで
他の天使に選ばれた乙女たちと戦うことになった。情熱を武器に炎を纏った攻撃を使う。
また、胸に秘めた情熱が天使とのシンクロ度を高めたことで全身を硬質化することができるようになった。
これは3Dポリゴンキャラであることの後付け理由であるが、キリコと違いこちらは本当に硬い仕様。
主人公格のライヤとは腐れ縁の間柄であり、野蛮でケンカっ早いライヤの行動が逐一気に入らないらしく昔から何かにつけて張り合っている。
自分と正反対な性格であることが衝突の理由だとしているが、かといって嫌い合っているというわけでもなく、
時には様子のおかしいライヤを心配したり、問題解決の手助けを買って出たりもしている。
ライヤとの対戦戦績は49勝49敗1分け。ライヤが雷の力を使うのに対して、レイカは炎を使った攻撃を用いる。

キャラクターとしては中華娘設定ではあるがカンフー使いというわけではなく、オーソドックスな総合格闘スタイル。
レバー入れ強キックは踵落としになり、通常投げはバックドロップ、必殺技にはワンツーコンビネーションのような連続攻撃もある。
同時に身軽さも武器のようで、後方宙返りしながら炎弾を飛ばす飛び道具「フレイムスラッシュ」や
飛び二段蹴りの対空技「ダブルバースト」などの技も使うことができる。
「フレイムスラッシュ」はボタンに応じて撃ち下ろしと撃ち上げの2種類の軌道を持つややトリッキーな技でもある。

原作での位置付けは4強の一角。他のキャラなら入る即死コンボも彼女には即死まで至らない事もあるほど高い防御力と
ガーキャンの性能の良さ、そこからの即死コンボが武器の防御性能に特化した守り主体のキャラ。
短所は使い勝手の悪い通常技と投げから即死コンボが出来ないなど崩し性能に欠ける事。
通常技の使い勝手が悪いだけで、別に自分から攻めて即死出来ないというわけではない。

 プレイステーション版で追加された専用ストーリーモードでは
 男子生徒に片思いをする「恋するレイカ」として登場。
 恋をして悩みを抱えたことで天使とのシンクロが弱まってしまい
 硬質化(3Dポリゴン化)できなくなった。
 その設定はゲーム上でも反映されており、キャラクターのグラフィックが
  2Dレンダリング化された ドット絵風のものに変化している。
 ただし、元がポリゴンだったせいか、動きはやや硬いが。
 ライヤは恋にうつつを抜かしケンカの相手にならないレイカが面白くないらしく
 影から恋の邪魔をしようとするが……。

なお、同社の3D対戦格闘ゲーム『DEAD OR ALIVE』にもレイカの本名であるレイファンと同名のキャラクターが登場するが、
稼動時期がどちらも1996年というあたり何らかの繋がりがあるのかもしれない。
+ 噂話


「アナタ結構やるじゃない 久々に燃えさせてもらったわ」


MUGENでのレイカ

  • サクラカ氏制作 「koi_reika」(原作+アレンジ)
2Dレイカこと「恋するレイカ」のスプライトを使用したキャラクター。そのため見た目は2Dである。
必殺技などは揃っており、4段ジャンプ、空中ダッシュ、ホーミングジャンプもある。
ただし原作再現というわけではなく、いくつかの移動システムや異常なダメージを生む逆補正は無い。
それでもコンボの繋がりは良く、火力が低いと言うことはない。
必殺技、超必殺技共に追加されており、コマンドで一定時間「硬質化(3D化)」して強化することも可能。
超必殺技は原作のもののほかに、追加入力式の強力な連続攻撃が追加されている。
AIはデフォルトで搭載されている他、ホルン氏による外部AIも公開されている。

出場大会

更新停止中





(この項目の内容はレイカ(闘姫伝承)から転送されています。編集は こちら からお願いします)




村雨麗華


たるせ氏が制作したオリジナルキャラクター。
オリジナルドットでありながら市販のゲームキャラと比べてもなんら遜色のないクオリティを持つ。
詳しくは、『 村雨麗華 』の項目を参照。



未分類大会情報

  • 「[大会] [レイカ]」をタグに含むページは1つもありません。
更新停止中
  • 「[更新停止中大会] [レイカ]」をタグに含むページは1つもありません。