サオジン




 「形意拳」でのキャラ名 : サオジン「少君」
 名前 : 十三姨
 流派 : 黄飛鴻から教わった武術
 年齢 : 19歳
 性格 : 聡明で朗らかだが夢見がち(妄想癖?)
 趣味趣向 : 写真撮影(被写体は人)、西洋文化
 家族構成 : 姉


台湾のゲームメーカーIGSの対戦格闘ゲーム『形意拳』の隠しキャラクター。

黄飛鴻(マスターファン)を師匠に持つ女性武術家であるが、ファンの母の義妹であり、
同時に幼い頃から相思相愛の仲。
つまり 血のつながらない叔母 にして 幼なじみ にして 最愛の女性 。なにこの鉄板設定。
ただ、どこへ行ってもしつこくつきまとう蠍子王のせいで、仲は簡単には進展しない様子である。
小さい頃から外国に留学しており、なかなか聡明な性格。もっとも、箱入りなせいか少々天然。
現在では宝芝林(ポーチーラムと読む。黄家の営む診療所兼道場)でお世話になっている。

『形意拳』はツイ・ハークの映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ』シリーズの影響が色濃い作品なのだが、
実はこのサオジン、実在した人物である黄飛鴻鬼脚七と違ってツイ・ハークの完全な創作キャラである十三姨の設定を
そのまんまゲームに持って来ちゃったというヤバいキャラである。
(厳密に言うと実在した鬼脚七も黄飛鴻の弟子のあだ名とされているので、人力車夫の彼もツイ・ハークの創作っぽいが…)
権利とか大丈夫なのか気になるが、師匠をそのまんま出しちゃったゲームもあるから大丈夫。たぶん。
なお映画の設定では十三姨(サプサムイー、もしくはシィサンイーと発音する)という通称の通り、飛鴻の13番目の叔母らしい。

性能としては、通常の拳法以外にも傘を使った戦いを得意とする。
このため、間合いが他のキャラクターに比べて少々長めで力負けしにくい。
また、超必殺技「寶之林萬歳」では、ファンの弟子二人が登場して連係攻撃をしてくれる(というかボコにする)。そして最後に記念写真


余談だが、「十三姨(サオジン)」という名前についてだが、十三姨は中国語で「サップサムイー」と読む。
「十三姨」はあだ名であり、日本語に直すと 「おばさん」 になる。サオジンは彼女の本名であり中国語で「少君」と書く。
19歳のうら若い乙女に対してそれはあんまりだと思うが、本当に叔母にあたるのでしょうがない
中国では年上の人に対し名前を呼ぶのは失礼にあたる文化があるらしく、このような措置とのこと。
mugenでたとえるなら「叔母(アキコ)」「師範(フハジン)」といったところか。
あとこいつと名前の響きが似ているが無関係。

MUGENでは

KenshinHimura氏が制作したものが存在、Basara-kun氏のサイトで代理公開されている。
基本的には原作通りであるが、レイカストライカーで呼ぶことができる。
また、イントロも豊富に用意されており、さらにはエンディングまである。

ホルン氏によるAI+改変パッチが氏のSkyDriveで公開されている。AIの方は2段階のレベル設定が可能な他、
11段階のガード設定や10段階の超反応設定もできる。
改変点はサイズの調整と技の微調整とボイス+SEの追加。導入するとですからー氏や日本破壊結社NHK氏
の形意拳キャラと同程度の大きさになる。
ボイスはですからー氏マスターファンとの中の人の外の人ネタとのこと。ネタついでに特殊イントロまでつい
てくる。 対応されていない蠍子王は涙目である。


出場大会