Kuando







「その程度か!
     ふざけやがってェッ!!」

年齢:39歳
身長:195cm
体重:95Kg
国籍:オーストラリア(日本人の母を持つ)
格闘スタイル:擬似鉄拳スタイル
好きなもの:自分の体
嫌いなもの:太ってる奴

Aiduzzi氏製作のオリジナルキャラ四体のなかの一体。名前は「クァンド」と読む。
老けて見えるが実は39歳。おじいちゃんじゃないんです。
付属のテキストによると日本人の母をもつオーストリア人らしい。ボイスに日本語があるのはそのためだろう。
近距離戦主体で、豪快に殴りつけるスタイルが特徴。
日本語ボイスがまんまベジータなため、ニックネームはべジータ。

登場イントロの一つにポール・フェニックスらしき人物バイトとして出ている。
あと公開中の彼のステージには何故か鉄拳の一八平八がいる。


キャラクター性能

操作性は殆どKOF準拠。
先述した通り火力重視のキャラクター。当身・飛び道具が全くない。ダウン追い討ち、投げ判定の技があるのが救いか。
ELLAUBU同様、それぞれの超必殺技のコマンドで1ゲージ・2ゲージの切り替えが可能。
通常の構え以外に、ボクシングスタイル・ドッグスタイルの切り替えが可能。
スタイル切り替え状態の時はaaa.bbbなど、ボタン連打で特殊なコンボが出るようになる。
ELLAと同じく尋常ではない攻撃範囲の対空投げも搭載。
反面移動・防御がし辛くある意味捨て身。
無敵時間のある技がほとんどなく、攻撃のきっかけが掴み辛いため、テクニカルなキャラだといえる。
ゲージ吸収投げという特殊な技もあるので、その辺りを駆使してごりごり押していくのがいいだろう。

ちなみに、Aiduzzi氏製作のオリジナルキャラ同士が持つ、 ゲージ吸収の効果を持つコマンド投げ
どちらかが行った場合(同氏製作のUBUELLAGianoにも搭載されている)、特殊な演出に入る。
見た目はかっこいいが実は痛みわけで、両方にダメージがある(ゲージは両者共に溜まる)。
見る機会は少ないが(まず対戦自体が動画上でほとんど無いため)セルハラにてKUANDOとELLAの対戦で見ることができる。

ガードをしないAIな為か、どうにもかませ犬的位置づけに甘んじることが多い。
転じて、ノーガードでこちらのダメージなんかお構いなしにガン攻めする戦法を「クァン道」と呼ぶとか呼ばないとか。

2016年、カサイ氏のAIが公開され、こちらはガードを多用している。

+ 大会ネタバレ

出場大会

シングル
タッグ
チーム
その他
更新停止中

出演ストーリー