投げキャラ

投げ技、特にコマンド投げを主力にして戦うキャラクターのことを指す。
間違っても げキャラではない。一部作品の技によってはそう言える程の威力があったりするが
格闘ゲームにおいて、波動昇龍タメキャラと並ぶ定番のジャンルとなっているが
投げキャラか否かは投げ技の有無だけでなく、実際の立ち回りを見て判断される場合が多く、
波動昇竜やタメキャラのように「コマンド投げがあるキャラはみんな投げキャラ」とは一概に言えず、
少々定義が難しいジャンルでもある。

投げキャラと呼ばれているキャラを大雑把に分けると、概ね以下の2(+1)タイプに分類できる。

パワー型

コマンド投げを最大のダメージ源とする投げキャラの基本形。
このタイプのキャラはダメージ・投げ間合い・発生共に優秀なコマンド投げを持っており、
超必投げともなれば、5割前後(あるいはそれ以上)をばっさり奪える高い爆発力が魅力。
反面、レバー2回転を筆頭に烙印コマンド逆ヨガ×2など投げコマンドの難度が高い。
加えて移動が鈍くなりやすく、ガン待ちガン逃げトリカゴへの対処が特に難しいため、まったくの初心者には少々敷居が高い。
ザンギエフヒューゴーなど、CAPCOM作品の投げキャラはこのタイプがよく目立つ。
またコンボの比重が高い作品ほどこのタイプの投げキャラは小回りの利かない巨漢になる傾向がある。

テクニック型

ガード崩しや起き攻めの手段としてコマンド投げを活用するタイプ。
こちらは投げ技ばかりを狙うわけではなく打撃に投げを織り交ぜ、相手にペースを握らせないような立ち回りで戦う事になる。
いかに相手の守りを崩し自分のペースに持ち込むか、相手との駆け引きが熱い玄人好みのキャラクターと言えるだろう。
このタイプの投げキャラといえば「技のクラーク」ことクラーク・スティルが有名。

投げも使える打撃型

投げも使えるが、打撃のほうがダメージソースとして占めるパーセンテージの大きいキャラ。
早い話が 「投げるより殴った方が強い」 のがこのタイプ。
とはいっても投げが必要ないのではなく、強力な投げをプレッシャーとして相手にちらつかせて立ち回りを優位にするというパターンが多い。
厳密には投げキャラではないが、投げキャラと見なされやすいタイプと言えるだろう。
KOFの大門は実質的にこのタイプとしてしばしば壊れ気味に猛威を振るう。
ニコニコ的には「ハイパーボッ!!」の知名度のおかげで、しょっちゅう投げキャラとミスリードされるアレックスが有名。
というか、印象的な超必殺投げがあれば、それだけで投げキャラと分類されやすい。

また、キャラ性能の調整時に投げの弱体化や打撃の強化を行った結果、こっち側に足を突っ込む投げキャラもけっこういる。
あのザンギエフでさえ、打撃のほうが強くなってしまった時期がある位である。

ちなみに上記にまったくもって当てはまらないキャラでも、
使い手の投げの精度が高ければ「投げキャラ」と呼ばれるケースが少なからずある。
MUGENではキャラのAIを自由に組み込むことが可能なので、通常投げの1つでもあれば強引に投げキャラにしてしまう事も可能。
まさしくMUGENの可能性である。

投げキャラと呼ばれるキャラクターの一例(原作)


投げキャラと呼ばれるキャラクターの一例(MUGENオリジナル)


関連用語 コマンド投げ 波動昇龍




ニコニコ動画でも定期的に投げキャラオンリーの大会が開かれている。