梨花










「勝ちました、お爺様!父と母がどこかで
      見ていてくれると信じて、私、がんばります!」



プロフィール
 名前:梨花(リーファ)
 格闘スタイル:居合道
 キャッチコピー:勝ち気だが純情な女戦士
 出身地:台湾
 生年月日:1978年8月28日(カイザーナックル稼働時点(1994年)で16歳)
 身長:163cm
 体重:46kg
 血液型:A型

狂ボス揃いで知られるタイトーの対戦格闘ゲーム『カイザーナックル』のキャラクター。
居合道の道場の娘で、居合い剣の使い手。台湾出身の16歳。
両親は行方不明、道場主の祖父は病床に倒れ、道場は寂れるばかりという薄幸の武術少女。
名前は「リカ」でも「リンカ」でもなく、「リーファ(Lihua)」と中国語読み。
声優は『あすか120%』の扇ヶ谷鉄子役などの島津冴子女史。

10年前、梨花の父親は武術家として名声を得ていたが、人のいい性格につけこまれて騙され、家は破産し大勢いた弟子も失ってしまう。
そのせいで父と母は揃って行方不明になり、残された彼女は祖父に居合術を習いつつ道場を守ってきた。
祖父も病床に伏し、最後の望みとして町で見つけたビラを頼りに世界一の格闘家決定戦「カイザーナックル」に参戦を決意する。
世界各地を転戦して行方不明になった両親を捜し、賞金一千万ドルで道場を再建することを目指すのだった。

謎の大会主催者ジェネラルを倒すことで見られるエンディングでは、
優勝賞金で道場を再建し、門下生たちを指導する梨花と、彼女を見守る両親の姿が見られる。
ただし、立派に育った娘を見て「どこにお嫁に出しても恥ずかしくない」と喜んでいるだけ。
梨花は「本当によかった。またこうして家族みんなで暮らせる日が来るなんて」と感動しているのだが……
両親が行方不明になった直接的な理由や再会した経緯は不明、病気の祖父に至っては一切触れられないのであった。
というか両親はどう見ても一般人にしか見えず、同居しているのに道場も娘に任せきりのようで
特に何かの陰謀に巻き込まれたようにも、武術家として修行していたようにも見えない。……何なんだ、アンタら。


+梨花の謎に迫る
微妙に中華風のミニスカ衣装でその下は一見生足に見えるが、一部モーションで確認できる太股をよく見ると
実は 肌色ストッキング着用 であることが明らかになる。そう、彼女は偽生足なのだ!
というか結城信輝のイメージイラストではちゃんとストッキング(またはタイツ)だとわかるのだが、ゲーム上ではあまりにも目立たない。

その太股は付け根付近までまで見えるのだが、極端に短いスカートはまさに鉄壁でその奥はどんなにきわどい動きをしても見えない。
これも実は全モーション中で 超必殺技モーションの1コマ にのみ白いものが確認できるスプライトがある。
ただし、超必殺技の「真空旋」はコマンドが非常に出しにくい(→ ↘ ↓ ↙ ← ↙ ↖ +中P大P同時押し)うえに出せばいいというものではなく、
梨花対梨花(対戦)でファイナルラウンドまで行き、残りタイムが一定以下で出すと1/8の確率でチラっと見えるという
普通にプレイしていたら見つけるのはまず無理な隠しっぷりだった。
ちなみに、続編の断仇牙では、普通に発動すれば1/4の確率で見られるぐらいには上がった。

ところで結城信輝のイラストとゲームキャラが似てな……いや、なんでもない。

ゲーム中の性能

高い機動力で攻めるスピードタイプのキャラ。通常技は一部に長いものもあるが、全体的にはリーチが短め。
必殺技居合斬は出始めに無敵があり対空や割り込みやコンボにも使える。
しかし居合い斬りな分、抜いた後の硬直は長いのでガードされると反確を取られることが多いので注意が必要。

CPU戦ではカイザーナックルの屈指の強敵として恐れられている。
CPUは超反応を利用してこちらの差し込みをことごとく居合斬でつぶしていくのである。
ならば飛び道具で攻めればいいと思うだろうが、CPUは飛び道具対策が徹底されており
ジャンプ攻撃で簡単に反撃をもらってしまう。機動力が高いのでジャンプ攻撃の間合い外にまで離れるのも難しい。
この鉄壁の守りの前にどうすることもできずガードを固めているとつかつかと歩いてきて投げをもらってしまう。
居合斬を空撃ちさせるなどいろいろなパターンのハメ方もあるが、一番の攻略法は最初に選ぶことかもしれない。

幻の続編ではコマンド投げが追加。間合いは狭いものの、戦術には幅が出ている。

「くやしかったら腕を磨いて出直しといで!
      また、たたきのめしてさしあげますわよ!」



MUGENでの梨花

  • Shacti氏製作
 原作準拠だが、「真空旋」が真空波動コマンドになっている。
超必殺技はオリジナル。
何故かいぶきのボイスが使われている。

  • seki-rou氏制作
ほぼ原作準拠だが、基本システムは「カイザーナックル」のお蔵入りした続編「断仇牙」。
クラッシュゲージなどの原作システム、特殊技、必殺技も揃っている。
また、 パンチラ 最終奥義の真空旋は未実装とのことだったが、
更新によって、ついに実装されることとなった。ついでに常時見えるうれしい仕様らしい。
コンボタイプのキャラではないが連続技はなかなかの火力であり、連続で入ると軽く2~3割すっ飛ばす。
また、クラッシュゲージ込みの必殺技が決まれば、ライフが大幅に消し飛ぶ強力なものになる。
勝利イントロには対女性用のセリフがあり、cnsのスイッチ記述にP2nameを登録すれば対応する。
デフォルトのAIはないが、ポニーテール杯のうp主が大会で使用したAIを公開している。
ただ、大会進行と本体更新が重なっていた都合上、AIの最終更新日は本体より後だが最新版には対応していない。
目に見えるような不具合を起こすわけではないが、真空旋を使用してくれない点だけは要注意。

また、カッ昏倒氏によってエフェクトなどが原作に近くなる改変パッチが公開されている。
性能自体は変わらないため、上記のAIパッチとも併用可能。

語るスレ用小物ロダにスワンナ氏によるAIがアップロードされた。最新版にも対応しており、
7Pカラー以降は常時AI起動に設定されている。

また、2012年6月28日にNS氏によるAIも公開された。こちらはカッ昏倒氏パッチ対応版も同梱している。

※参考動画(梨花はプレイヤー操作)

出場大会

削除済み
更新停止中