パニッシャー


"If you're guilty, you're dead."

アメリカのマーベルコミックスの人気シリーズ『パニッシャー』に登場するヒーロー。
同社の作品の中でも人気が高く、数回映画化された(一部は R指定 だが)。

本名は フランク・キャッスル 。アメリカ海兵隊所属の軍人であった。
だが、妻と子供二人を連れてセントラルパークへとピクニックへ行った際、
ギャング同士の抗争に巻き込まれて妻と子供を亡くしてしまう。
このことが切っ掛けで海兵隊を辞め、さらには自分自身のプロフィールも全て捨て、
ニューヨークの闇の合間で悪党を狩るクライムファイター「パニッシャー」(処刑人)となった。
特徴は白いドクロをあしらった黒いスーツ。上にロングコートを着込む事もある。
ちなみに初出は『スパイダーマン』だったりする。

性格は本来は穏和であったが、上記の事件を切っ掛けに豹変。
悪党に対しては一片の慈悲も見せず、残虐な方法で処刑していく。
当然周囲からの反応も非常に悪く、ヒーローからは危険視され、警察からは完全に犯罪者扱いされる。
同じヒーローのスパイダーマンやデアデビルからは行き過ぎた残虐性や法律の軽視などからとても嫌われている。
同じように容赦がないゴーストライダーウルヴァリンとはそれなりの付き合いになっている(一緒にブラックハートと戦ったことも)。
また、キャプテンアメリカを尊敬しており、シヴィルウォーにおいてヴィランを即射殺したために
キャップが激怒しボコボコにされた際も一切手を出さず無抵抗を貫いている。

ヒーローとしての能力は、超能力じみたものは 何もない。
元海兵隊員として、普通に銃器や兵器、爆発物の扱いに長けている他、近接戦闘でも一流の強さを持つ。
だが、最大のポイントはその 容赦の無さ であろう。
どのような汚い手も平然と使い悪党を抹殺していくため、常識的な神経で対峙したら即座に裏をかかれること確定である。
単純に言えば、彼はただの人間にも関わらず マーベルユニバース最強のヒーロー の一人である事は間違いないのだ。

+ パニッシャーが最強のヒーローである理由

+ 近況

経歴や特殊能力から、しばしばDCコミックのバットマンとの類似が指摘される。
実際にクロスオーバー企画『バットマン/パニッシャー』にて競演した。
能力が「鍛えた常人」で家族を殺された事から活動を始めるというオリジンが共通しているものの、
自身を人間に保つために決して人を殺さない バットマンと、
一線を越えてしまったがために容赦なく悪人を誅殺する パニッシャーは倫理観では対極的である。
作中でも、自らの怒りを何とか押さえ込もうとするバットマンに対して、
必死に自身を奮い立たせようとしているパニッシャーと、対照的に描写されている。

日曜洋画劇場世代にはドルフ・ラングレン演じるパニッシャーが記憶に残っているだろうが、
最近ではジョン・トラボルタが敵役で出演した映画第2弾の方が有名だろう。
第1作が失敗し、2作目で仕切り直すが、黒歴史だったので更に仕切り直した3作目が2008年に、日本では2009年4月に公開された。
刑事になったり、FBI捜査官になったりと、仕切り直しの度にフランクの設定がコロコロと変わっている。

また、過去に2度ゲーム化もされている。
+ 詳細


MUGENにおけるパニッシャー

海外の制作チームであるInfinity mugen teamのaPoCaLyPsE氏が制作した、MVC仕様のものが存在している。
MVC2のケーブルをベースとして作られている。
まだβ版故、AI起動コマンドはあるがAI自体はまだ搭載されていない。
外部AIはEmpawk氏のものが存在する。

ライフル手榴弾SMG地雷ミサイルバズーカと何でもござれな戦闘術を駆使する。
特に長いのけぞりやダウンを奪うのに長け、技の性能からタッグ戦向きのキャラとなっている。
なおこのライフル、ダメージとヒット数、銃口の高さが異なる3種類があるが、一部のものはコマンド最速入力でコンボにつながってしまう。
つまり、理論的には地上でのけぞりが短いキャラ以外相手に飛び道具のライフルがヒットしたら10割確定。
反面ゲージの無い状態での切り返しが辛い。飛び道具や地雷を駆使し、いかに近寄られないよう立ち回るかが大事。
また、超必殺技に「シンビオートモード」なる洒落にならないものまである。
これは「もしもシンビオートがパニッシャーに寄生していたら」というifの世界を描いた話が元になっている。
その他、超必殺技でKOすると相手が白骨化したり跡形もなく消し飛んだりし、「PUNISHED」の表示が出る。
グロ耐性のない人は注意が必要。


RAHLONNIR氏による改変版も公開されている。mugen1.0以降専用。
改変前に比べてエグイ技が増えた反面、グロ描写はやや抑えめ。
通常攻撃の銃撃には弾数制限があり、スタートボタンを押すことでリロードできる。
豊富な武器を駆使したり、タッグ戦向きな所は変わっていない。
やや簡易ではあるがデフォルトでAIが搭載されており、並キャラ相手なら十二分に戦える。

+ 紹介動画(youtube)



また、サクラカ氏製作のきら様のアレンジキャラ、「きらきら」になぜかアシストキャラの一人として登場。
こちらはカプコンのベルトアクションのキャラをそのまま流用したもので、呼び出すと銃で援護射撃してくれるが、
攻撃を受けると一発で退場する。

出場大会