フォックス・マクラウド


「全機報告せよ!」

任天堂のSFシューティングゲーム『スターフォックス』シリーズの主人公。
その名の通りの獣人の姿をしたパイロット。狐になった理由は、
「通信でキャラクターウィンドウが表示されたときに、どのキャラクターからの通信なのかを分かりやすくするため動物にしよう」という宮本茂氏の提案と、
「任天堂本社から近い場所に位置する伏見稲荷大社にちなんで」という2つの理由がある。

CVは、原作シリーズの『64』とスマブラシリーズの初代と『DX』では里内信夫氏、
「アサルト」およびスマブラ『X』と『for 3DS/Wii U』では野島健児氏。
64のリメイクとなる3DS版の『64 3D』では音声も改めて収録し、大原崇氏が演じた。
ちなみに氏は同じ任天堂作品の『ゼルダの伝説 スカイウォードソード』のリンクも演じており、
他社ではサムライスピリッツ零SP天草役で格ゲーにも出演している。
本作ではファルコなど他のキャストも一新されているが、リメイク作として違和感を感じさせないよう『64』の再現にはかなりこだわったようである。
なお、『スマブラfor』ではボイスが新録されたため、当初は643Dの大原氏に変わったのではないかと噂されていたが、実際には変更が無い。
そのため、スタッフロールには大原氏の名前は無く野島氏の名前がある。

+ 設定や経歴など


大乱闘スマッシュブラザーズ』シリーズにおけるフォックス

作品ごとのデザインの変遷
初代からスターフォックス枠の代表として登場。シリーズを通して、高い機動力を活かした戦法を得意とするキャラ。
初代が出た時点(NINTENDO64の頃)ではフォックス自身が戦闘を行うシーンは原作にほとんどなかった為、
攻撃モーションや必殺ワザはほとんどスマブラのオリジナルとなっている
ちなみにデザインと声優は初代、『DX』では「64」、『X』以降は「コマンド」に基づいている。
同枠では他にファルコ(『DX』以降)やウルフ(『X』のみ)も参戦している
(ファルコは『DX』ではフォックスのコンパチだったが次作で差別化、ウルフはモーションが全く異なる)。
+ 各種必殺ワザ(以降「B」と表記)

+ 初代におけるフォックス

+ 『DX』におけるフォックス

+ 『X』におけるフォックス

+ 『for』におけるフォックス

…と、ここまで読めばわかる通り、強さの浮き沈みが激しい初代からの参戦キャラの中でも、
ピカチュウと共に シリーズを通して一度も中堅以下のランクに落ちたことがない数少ないキャラである
このスマブラと言うゲームシステムに合致した理想的な性能だということがお分かり頂けただろうか。

「まだまだだな、ファルコ」


MUGENにおけるフォックス

MUGENでは2体のフォックスが確認されている。
+ GiganX3氏製作 手描きドット
+ 青ドラネコ氏製作 手描きドット

「作戦完了!」

出場大会

更新停止中

出演ストーリー