ワギャン

「やったな!ゴホッゴホッゴホッ!」


マ・クベ専用機としてジオン公国軍が開発したモビルスーツ…ではなく
ナムコ(現:バンダイナムコゲームス)が1989年に開発したアクションゲーム『ワギャンランド』の主人公。

もともとは1987年に発売されたエレメカである。キャッチコピーは「クチの減らない怪獣」。
檻の中に収められた、3頭身程度にデフォルメかつロボット風にデザインされた怪獣。
檻の下のほうにマイクがあって、これに向かって声をかけると、その音量によって異なる喋りをするというもの。

『ワギャンランド』はワギャンの攻撃方法が音波だったり、ボス戦はしりとりや神経衰弱といったミニゲームで行う点が特徴。
この奇抜なキャラクターとゲームシステムが人気を集め、続編も多く発売されている。
SFC2作目以降長い間シリーズは休止していたが、2009年1月に『ひらめきアクション ちびっこワギャンの大きな冒険』がDSで発売されている。


口から発する「ワッ」「ギャー」といった声による音波攻撃を行う。音撃刃、鬼神覚声!コエカタマリン
この攻撃は敵をしびれさせるだけのものであり、敵を倒すことはできない。ステージ内に配置されている拡声器のような「ワギャナイザー」を取る事で音波が大きくなり、これを4つ集めると無敵状態になる。
ラストステージでは音波で敵を倒せるようになる「スーパーワギャナイザー」が手に入る。
逆に言えば無敵とスーパーワギャナイザー以外で敵を倒す手段がなく、敵を踏んで倒そうとしたら逆にダメージを受けるどころか即死という貧弱ぶりで、『2』以降は音波を無効化する敵も出てくるので状況次第では回避や切り返しが難しくなることも増えた。
『ひらめきアクション ちびっこワギャンの大きな冒険』では体力の概念が追加されたことで一部の敵は踏めるようになっている。

ジャンプ能力が高く設定されており、またステージ構成も複雑ではないためアクションゲームとしての難易度はやや低めだが、
キャラクターのかわいらしさ、明るい雰囲気のゲーム画面や音楽、反射神経よりも知力やひらめきを要求するミニゲームなどの要素から、
幅広い層から支持を集めている

(以上Wikiより転載、一部改変)
そんなワギャンランドの魅力を御大将が伝えてくれるようです

難易度は低め……低……!?


MUGENにおけるワギャン

溝口誠で有名なとけい氏の「クラシック・ワギャン」が有名。
おなじみの音波攻撃に加え、タイムストッパーを用いたり、ゲージMAXで無敵状態になることも出来る。
一見単純そうなキャラだが、技の種類が結構多く多彩な攻め方が可能。
なお、無敵時は各種技の使用やトドメを刺すことが出来ないので注意。

元々のサイトが閉鎖し、一時期は伊吹川氏の無限高校で代理公開されていたが現在は公開を停止している。

+ ハイスコア選手権ネタバレ

出場大会


出演ストーリー




添付ファイル