ニセウルトラマン


その名の通り、あの正義のヒーロー・ウルトラマンニセモノで初登場は『ウルトラマン』第18話「遊星から来た兄弟」。
大まかな外見はウルトラマンそっくりだが顔つきは大きく異なっている。
また、上の画像をよく見るとわかるように身体の赤い模様が黒いラインで縁どられているのも本物と違う。
その正体は地球を侵略するために第8銀河系にある母星*1からやってきた宇宙人・ ザラブ星人

ニセモノヒーロー系として後の作品に与えた影響は大きく、
「偽物=悪役顔」という図式も様々な偽物系のキャラに受け継がれている。はその最たる例だろう。
あらゆるフィクションにおいてこの手の偽物が出てきた場合にありがちなこととして
「明らかに本物と違う外見なのに作中の人物は騙されている」というのがある。
これはもちろんニセウルトラマンの出てくる話でもそうであったのだが、
「劇中の人物たちも巨大で且つ激しく怪獣たちと格闘するウルトラマンを見ていても
その容姿をきちんと把握できているとは限らないから区別がつかなくてもおかしくない」

との意見も多い。確かにテレビ越しにじっくり見てるわけじゃないもんね。1回3分しか出てこないし。
そもそも本物だってこの時点で1回顔が変わってるし。 *2

ちなみに『空想科学読本』シリーズでの検証によれば、
“あのサイズの生物の顔を、現場にいる人間が判別することは難しい” のだそうだ。
(でかすぎて足元からでは判断できない。かといって高い所から顔を見ようとしても近い場所では危なくてそれどころじゃないし、
 安全な場所からでは遠すぎて判別不能)まあ科学的に正しいんじゃ仕方ないな。
とはいえ、安全な場所から顔をしっかりと見る方法があればやはり判別可能なのか、後年のニセメビウスは
GUYSの基地「フェニックスネスト」のモニターで見ていたサコミズ隊長に 「目つきが悪い」の一発で見破られていた
また、『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』でも光の国の看守も最初はウルトラマンと見間違えるものの
やはり同族である為か、直後に「誰だ貴様!」とあっさり偽物であることに気付いている。

+ 正体であるザラブ星人について

ザラブ星人以外の『ニセウルトラマン』としては、『ウルトラ銀河伝説外伝 ウルトラマンゼロVSダークロプスゼロ』に
サロメ星人が開発したロボット軍団「ニセウルトラ兄弟」の一体としてニセウルトラマン(SR=サロメロボ)が登場した。
こちらはニセウルトラセブン似のプロテクターを除けば本物との差異は無く、
本物同様の光線技も使用可能で、他の兄弟ロボットとの連携でウルトラマンゼロと激闘を繰り広げた。
ちなみにその中にゾフィーのロボットもいた。…劇中の活躍についてはお察し下さい。

+ 映像作品以外のザラブ星人


MUGENにおけるニセウルトラマン

muu氏によってワンダースワンソフト『光の国の使者』のドットを使用したものが制作・公開された。
なお、喰らい状態のスプライトがザラブ星人になっているが…安心してください、原作通りです。

しょせんニセモノと侮るなかれ、その性能は本家に勝るとも劣らない。
弾速に優れる飛び道具「フェイクウルトラ水流」、当て身技「混乱の誘発」、発生が速い「破壊怪音波」など技のバランスもよい。
とくに「破壊怪音波」は範囲がほぼ全画面をカバーするほど広いうえに隙も少ないので連発されると非常に厄介。

超必殺技は威力が高い「フェイクスペシウム光線」、
拘束テープを巻きつけて相手のゲージ量に応じてダメージが変わる「自滅作戦」などといったものがある。
また、ボイスも豊富でとにかくよく喋る。特殊イントロも多く用意されており、
宇宙人連合仲間は勿論、更にはこの人にも…

実はフェイクスペシウム光線は合計で2ヒットするのだが大きなラグがあるため、
AI戦だと1発目をガードしてもそのあと動いたために2発目があたってしまうという光景がしばしば見られる。

ちなみに本物のウルトラマンは這い寄る混沌氏製とmuu氏製の2体いるが、どちらとも割と互角の勝負を見せてくれる。
しかし、フェイクスペシウム光線は 8分の1の確率で不発 なので肝心なところで出せず、
ゲージを無駄遣いしたあげく大きな隙を晒して反撃を受けるなんてこともしばしば…。

「スペシウム光線! …あれ?出ないなぁ…」

出場大会

出演ストーリー



*1
なお、キングジョーの製造元であるペダン星も『セブン』劇中のナレーションで第8銀河系にあると言われている。
当時、『マン』と『セブン』が全く無関係の作品として作られていたからではあるが、
両作品がシリーズとして統合された現在、この設定がどうなっているのかは不明である。

*2
メタな話になるのだが、ウルトラマンの着ぐるみやマスクの造形は目立つところで2度モデルチェンジが行われており
ファンの間では第1話から第13話まで使用されたものが「Aタイプ」、第14話から第29話までのものが「Bタイプ」、
第30話以降のものが「Cタイプ」と呼ばれて区別されている。現在はCタイプの顔が主流となっているが、
映画『ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟』、『大決戦!超ウルトラ8兄弟』ではAタイプのマスク、
『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』ではBタイプのマスクが再現された顔で登場している。
そして、実を言うとニセウルトラマンの着ぐるみはAタイプのボディを流用しており、顔も結構似ていたりするのだ。

…ただ、あくまでスーツメーションの問題であり、 “設定上はA~Cタイプいずれも同じに見えている” 為、
この突っ込みは成り立たないのだが。
まぁ、ウルトラマンも生き物である事から、「当初はハヤタ隊員を死なせてしまったショックで痩せこけてたが、
時間経過で心の傷も癒え、元の男前になった
」と解釈するファンも、いるとかいないとか。
ちなみに小説作品『ウルトラマンF』では登場人物によって「姿によって得意分野が異なるのではないか?」「地球人が日によって服装や雰囲気が変わるのと同じようなものだろう」の2説が語られている。ちなみに前者の提唱者は井手(本編のイデ隊員)。

余談だが、Aタイプの顔に妙にシワが目立つのは、口を動かすギミックを内蔵するためにラテックスを素材にしていたせいらしい。
口パクで喋らせることを想定していた他、NG脚本では口から 火を噴いたり
「シルバーヨード」なる 謎の液体を吐く 技の描写もあったとか。
今から考えるとそっちの方がよっぽどニセモノっぽく感じるのは、ヒロイックな必殺技として定着したスペシウム光線様々である。