クロノア


「ワッフゥ!ルプルドゥ!」

ナムコのアクションゲーム『 風のクロノア 』シリーズの主人公。名前の綴りは「KLONOA」。
初出は1997年に発売されたPSソフト『風のクロノア door to phantomile』。
以降もシリーズ化され、さらに『NAMCOxCAPCOM』や『太鼓の達人』、『テイルズオブシリーズ』など
他のナムコゲームにも複数出演している。むしろゲスト出演の方が多いかもしれない。
『シンフォニア』ではプレセアがクロノアのコスプレをしていた事も……。
2008年にはWiiで初代クロノアがリメイクされた。

外見は、長い耳を持つ黒と白の毛の猫+犬のような獣人の少年。俗に言うケモショタ
声優はケロロ軍曹レイミ・謝華カテジナさんなどでお馴染みの渡辺久美子。
パックマンの模様が付いた青い帽子をかぶっている。
手に持つ「風のリング」で風を操る能力を持ち、空中で長い耳を羽ばたかせる事でホバリングもできる。
原作では風だまを相手にぶつけて膨らませ、別の敵に投げたりジャンプの踏み台にしたりしてステージを進んでいく。
その外見から青いハリネズミと比較される事もあるが、敵を捕まえてぶつける攻撃方法は
どちらかというとピンクの悪魔(初代GB版)に近い。膨らむのは敵だけど
また、ARPG『クロノアヒーローズ』やSLG『NAMCOxCAPCOM』などではウィンドソードなど他の武器も使用する。

なおクロノアシリーズは「夢」をテーマにしているため、毎回作品によって設定が変わる事が多く、
クロノア自身も「夢見る黒き旅人」だったり「ヒーローを目指す少年」だったりと設定や外見が色々変化している
大きく分けて、本編の幻想的でシリアスな設定と、『ヒーローズ』など外伝での少年漫画的な設定の2種類に分けられる。
特に漫画版『疾風天国 風のクロノア』ではかなり暴走気味。

また、初期の作品では登場キャラクター達が独自の架空言語(ファントマイル語)で喋り、
同時に日本語字幕を表示するという形式を取っていた。
例えばクロノアの場合は「るっぷ!(行こう!)」「とぅらっぱ!(ありがとう!)」
「ぱらみゅう・・・(ごめんなさい・・・)」みたいに喋る(発音・和訳は適当)。
『風のクロノア2』では歌詞が全てこの言葉でクロノアが歌う「Stepping Wind」なんて歌もあった。

ナムカプなど、後の作品ではクロノアが普通に日本語で喋ったりしてるケースも多いが、
「わっふー!」などの掛け声はクロノアの代名詞としてそのまま使ってる事が多い。
Wii版では、なんと日本語モードとファントマイル語モードの両方が収録されているという豪華仕様。

+ ナムカプでの活躍

2012年からはバンナムのウェブコミックサイト「ShiftyLook」でアメリカ向け漫画版の新連載がまさかのスタート。
後に日本語版も公開されている。


MUGENにおけるクロノア

+ スマオ(現・水魚)氏製作 NAMCOxCAPCOMドット

+ Tsunamidusher氏製作 手描きドット

出場大会


出演ストーリー