クラッシュマン







長所:さっぱりした性格
短所:手先が不器用
好き:ビル壊し
嫌い:リサイクル

「壊し屋とは、オレ様のことだぜ!」


CAPCOMのアクションゲーム『ロックマン』シリーズの登場人物。『2』に登場する。
8体のボスキャラのうちの1体として、ロックマンの前に立ちはだかる。
某超人漫画の新シリーズに登場した完璧超人ではない。

正式名称は「DWN.013 クラッシュマン」。
「歩く弾薬庫」の異名を持つ、ビルや建物の解体が得意な爆弾使いのロボットである。
上記のようにさっぱりして大雑把な性格だが、一回怒ると手がつけられなくなる。
初代におけるボンバーマンの火力とガッツマンの耐久力を受け継いでおり、ちょっとの誤爆ではびくともしない。

ボス戦では、ジャンプして空中から飛行型針付時限爆弾「クラッシュボム」を投げつけてくる。
メタルマン同様やや単調な攻撃パターンであるが、爆発するため大きくよけないと巻き込まれる。

入手できる特殊武器も同様の「クラッシュボム」。
爆発によって高威力で広範囲に攻撃できるが、燃費が非常に悪い。そのためあまりメインでは使えない(アーケード版ではそこそこ)。
なお、この武器はワイリーステージ4ボスのブービームトラップ(通称「壁ボス」)を倒すために必要な武器であり、
更にはフルに使って全て当てる必要があるため、途中で使っていると敗北確定である。*1
おまけに攻撃が非常によけにくいため事実上の時間制限バトルであり、このゲームの難易度を飛躍的に上げている一因となっている。
また、ワイリーステージ5のボス「ワイリーマシン(第二形態)」にうまく当てると一撃で倒すことが出来るのはわりと有名なお話。

弱点武器はエアーマンから取得出来る「エアーシューター」。
理由は不明だがその効果は抜群で、3発当てるだけで倒すことが出来る。上手く2ヒットさせれば2発でOK。
GBの『ロックマンワールド2』で登場した際も同様にエアーシューターが弱点……なのだが、
何故か耐久力が異様に上がっており、エアーシューターをエネルギーが切れるまで全弾当てても1目盛り残る
弱点……?

ちなみに後の「ロックマン8」では入手武器の一つに「 ”フ” ラッシュボム」も存在する。
使用感としては「壁に張り付かないクラッシュボム」といったように、性能まで酷似している。
更に所有者であるグレネードマンがボイス付きで
「フラッシュボム!」と叫びながら撃ってくるのだが、 人によってはフがクに聞こえる という罠まである。
ゲシュタルトが崩壊しそうになった時には「クラッシュマンが撃つからクラッシュボム」と思い出そう。
+で、だ。
ついでに「2」には「フラッシュマン」と言うボスも居る。特殊武器は「タイムストッパー」。

ところで「ロックマン4」には「フラッシュストッパー」という武器を持つ「ブライトマン」というボスが居ましてね?

+面白い。貴様らごときが我らの相手になるかな?
また、有賀ヒトシ氏が書いた漫画作品「ロックマンメガミックス」の原作の2を再現した「R破壊指令」においても登場しており、
カットマン達と合流したロックマンの前に、ヒートマンメタルマンと共にエアーマンの増援として現れている。
原作では両腕から発射していたクラッシュボムが、肩や足、頭部からも発射出来るなど、まさに 全身がクラッシュボム貯蔵庫 になっている。
しかし、スカル衛星作戦の失敗を悟るやエアーマン達と共に撤退。まだ戦いたがっていたメタルマンを「戦には引き際というものがある」と諭した。
冷静沈着な性格だが、ファイヤーマンに攻撃を妨害され激昂するなど、気性の激しい部分も幾度となく見せている。
後に6を再現した「史上最強の敵」にもモブとして再登場しているが、呑気にストーンマンと一緒にを食っていた。
また、「白い悪夢」においても他のセカンドナンバーズと共に、ワイリーシティを強襲した「謎の白いロボット」に挑みかかっている。
残念ながら描写的に、彼らはその後一体残らず倒されてしまったようだが……。

「こいつの正体などどうでもいい…こうまで好き勝手やってくれたんだ──」

「──五体無事で帰れると思うな!!」


MUGENにおけるクラッシュマン

海外のInfinity mugen teamのLaspacho氏によるものが存在している。
同氏のメタルマン同様、ロックマンの改変キャラクターとなっており、メタルマンのストライカーとしても登場。

原作同様、クラッシュボムを放って攻撃できるが、どちらかというと接近戦型。
ドリル状の両腕から繰り出される攻撃はけっこう火力がある。
また、超必殺技ではクラッシュボムを乱射する技も備えており、遠距離にも対応できる。

出場大会

  • 「[大会] [クラッシュマン]」をタグに含むページは1つもありません。

出演ストーリー


+ニコニコ界隈におけるクラッシュマンというと…
ニコニコ動画の歌い手の一人アレンジ曲第一弾が、
クラッシュマンステージのテーマを元にした曲、「クラッシュマンで、やらないか
であったため、関連サムネ含め色々ヒドいことになっちゃってたりする。

+サムネ注意


もちろん、本来クラッシュマンがこういうキャラである訳もないのだが、どこかゲイミュージックじみた
ステージの原曲に、強烈なアレンジが加わってしまった為、強烈な化学反応
発生してしまった。ともあれ、硬派なクラッシュマンを語る場で、いきなりこの曲のネタを
持ち込むのはさすがに自重しようと言わざるを得ない…いないか、そんな奴。




*1
ブービームトラップはボス部屋内に5基配置されており、更にこれを守る壁が数か所に設置されている。
これらはいずれもクラッシュボムの一撃で破壊出来るのだが、クラッシュボムは武器エネルギーが満タンでも7発しか撃てない。
つまり壁の破壊に使える弾数が非常に限られており、撃ち込む場所をよく考えて使わないと弾切れになって詰んでしまう。
アクションゲームでありながらパズル要素が強いボスなのだ。

ただし、この壁はコンティニューでは復活しない(ゲームオーバーになると復活)という仕様であるため、
まず壁だけを全て破壊してから自殺し、コンティニューしてからボス部屋に入る前に武器エネルギー回復アイテムを取り、
改めてボスに挑んで悠々とクラッシュボムで倒すというやり方も可能。
ワイリーステージ4の冒頭には2つの武器エネルギー回復アイテム(大)があるため、これを利用すると良いだろう。
幸いこのステージは短いので、スタート地点まで戻るのもそう難しくない。

なお、上手く場所を考えて撃ち込めば、クラッシュボム6発でブービームトラップをコンティニューせずに倒すことも可能。
従って「フルに使って全て当てる必要がある」というのは厳密には正しくない。


添付ファイル