琴乃

「女だと思ってあまく見ないでよ」

ジャレコの対戦格闘ゲーム『デッドダンス』のキャラクター。
同作には 水野 という女性キャラもいるので、
名前の由来は月に代わってお仕置きする彼女の声を担当しただと思われる。
日本出身の19歳。殺された父親から受け継いだ九鬼神電流忍術を使うくの一。
ゲーム上で表記される武器は「NINJA SWORD」と「NINJA DART」。
父の復讐を果たすため、最終戦争により荒廃した世界恐怖と暴力で支配する格闘神ジャドーのいる死の塔を目指す。
なお、途中で対戦する他の主人公たちと顔見知りなうえに目的も同じだが、決して共闘することはなく倒して進む。

キャラクター性能としては、タメ技コマンドのクナイを使った飛び道具や上方へ蹴り上がる対空技を持つ。
対空技が「↓タメ↑」ではなく「←タメ→」というちょっと珍しいコマンドになっている。ダッシュして忍者刀で斬る突進技もある。
他のキャラより空中投げはやや使いづらいが、立ち強パンチの判定がやたらと広く性能が良い。
CPUも強いため慣れないうちは結構苦戦する。特にヴォルツは厳しい。

格闘ゲームのくの一の例に漏れず戦闘力は高い。
加えてOPとEDの絵や勝利ポーズの可愛さから隠れた人気がある。スパッツとか。
そのためか『女帝戦記』にも弥生という名前のそっくりさんが登場。
何故かボイスは『カイザーナックル』の梨花のものを使用している。

どうでもいいがパッケージ絵とは全く似ていない。
+SFCパッケージでは…

MUGENでの琴乃

  • Pneophen氏制作「Kotono +」(アレンジ)
もっさりだった原作から動きや技を調整しコマンドも変更。さらに必殺技・超必殺技を追加したアレンジ版。
ガードキャンセル、高速移動技もある。エフェクトはストZERO風。
パワーモードとスピードモードを選んで性能を変えることができる。モードにより超必殺技も変化。
ゲージMAXになると自動的に強化されるが、この状態ではゲージが徐々に減少する。

  • The Aboriginal One氏制作「Kotono」
コマンドは変わっているがほぼ原作再現版。ゲージ技は無く、特殊なシステムも無い。

出場大会


「あなた私を女だと思って甘く見るとケガをするわよ!」