大道寺きら




「跪け! 媚びろ! この私にッ!」

初出作品:アルカナハート
格闘スタイル: スライムストロングスタイル
出身地: 国籍: 日本・ アメリカ合衆国(二重国籍)/現住所:中野区江古田祖父母宅
誕生日: 3月21日(おひつじ座、11歳)
身長: 123cm
体重: 22kg
スリーサイズ: B61 W55 H72
血液型: A型
好きなもの: 牛乳カレー
趣味: 研究開発
嫌いなもの: バカメイド、匂いのきつい物
特技: 自分の存在そのもの
家族構成: 祖父、祖母、父、母(両親はアメリカ在住)
得意な科目: 聖霊物理学
苦手な科目: あるわけない
所属(学年、部活): 都立御苑女学園小等部5年B組
キャッチコピー: 「世界征服を企む天才小学生」
関連キャラクター: 美凰 - キャサリン

プロフィール

アルカナハート』に登場する投げキャラ。通称「きら様」「キラ」。ジャンプキャラではない。

 10歳にしてアメリカで聖霊物理学の博士号を取得した天才少女。
 日本に帰国したせいで義務教育を受ける羽目になり、
 その憂さを晴らすべく「365日でできる世界征服」を企てる。本気で
 『アルカナハート2』でその世界征服の企みが見事バレて聖霊庁に逮捕されていたが、
 恩赦と引き換えに異変を解決する取引を持ちかけられ、渋々協力することになる。
 無罪放免が認められた後の『アルカナハート3』では、
 新たに設立された聖霊庁ローゼンベルク支部に招致されなかった事に腹を立て、
 異変への対処と共に仕返しをも目論んで行動を起こす。
 非常に傲慢かつ尊大な性格で、欠点は字がすさまじく汚いこと(初代のキャラセレクト画面で確認できる)。
 誤字を指摘されても認めたがらないとか。
 さらに「3」のキャサリン京橋のエンディングでは、国語と社会が苦手であることも発覚した。
 「数学と理科は一瞬」らしいのだが「国語と社会はさっぱりわからん」そうである。 「苦手な科目: あるわけない」ってのは自称のようだ

自分以下と認識した相手には見下した態度をとるが、自分と互角または対等と認めた相手には比較的素直に接する。
とくに美凰の開発者である華明芳や、キャサリン京橋とはアメリカ時代の同僚であり互いを認め合う良きライバル同士。
きら自身も美凰の構造を知っているため、劇中では彼女のメンテナンスを行ったりしている。
聖霊物理学の分野ではエーテル伝導液の発明により「エーテル伝導体の母」と賞賛されているが、
本人は年齢的にそう呼ばれる事は不本意のようだ。
ちなみに「嫌いなもの:犬・メイド」とあるが、
実際『人に媚びて生きている様に不快感を抱く』と言い切る辺り、根は努力家かつ苦労人かもしれない。 まだ11歳のくせに。
この御方も全く同じ理由で犬が嫌いなのだが世界征服を企むような奴には犬嫌いが多いのだろうか。

「幼女+ネコ耳(っぽい髪型)+スク水+ランドセル+スライムというイカレ……
もとい、イカしたキャラデザイナーの脳汁100%な外見は格ゲー界に衝撃を与えたと同時に、投げキャラのイメージを根本から覆した*1
しかもランドセルには縦笛完備。空気読みすぎだ、悠紀エンタープライズ*2
そのあまりにも過剰な属性付加については、一種のギャグではないかとの声も。というかギャグそのものである。
また『2』のストーリーモードにおいて、ついにツンデレ属性までもが付加されてしまった。
もう誰も彼女を止めることはできない。 いいぞもっとやれエクサム。
ついでにムック内でのキャラインタビューに対して非常にノリノリでもある。
必要以上にカレーの万能性や世界征服の方法を延々と喋ったり…。
このツンデレめ!

ちなみにこのスク水は戦闘服ではなく普段着である。
いや、もしかしたら戦闘用と普段着用で分けているかも知れないが、どちらにせよ常日頃からこの格好なのは間違いない。
ドラマCDによると、この格好で国際線に普通に乗っている。
なお、裏設定によればきら様の通う御苑女学園小等部は私服登校のため、白衣+水着で登校しても問題ないらしい。

一応、ゲーム中での彼女の立場は「悪役」なのだが、彼女の場合ギースベガルガールのような普遍的な悪役ではなく、
むしろ、こちら側に近い存在であるといえる(特に無印EDの一枚絵はそれを如実に示している)。


お供のスライムは自家製で、世界に一つしかない代物である。
世界に一つしかないからか、名前を付けられてないらしい(漫画版では「きらスライム(仮)」と名付けられている)。
ファンの間では登場時や勝利ポーズで見せるの表情と形が某AAキャラに似ているため「やる夫」と呼ばれることがある。
また、筋肉質の腕を伸ばした姿が『モンスターファーム』に登場するネンドロに似ているのでそう言われることもある。

漫画版では 無駄に 強キャラとして描かれており、強力なパワー攻撃ではぁと春日一門を苦しめたほか、
その弾力性で打撃を無効化し、舞織が放った神来社の矢をドーナツ状に変形してかわすなど、
防御面においても隙がなく圧倒的強さを見せた。
春日一門の奇策できら様から引き離されたものの、5人がかりでも最後まで正攻法では太刀打ちできなかった辺りにその強さが伺える。
(ではどうやって倒したのかというと、プールの底を叩き壊してスライムを水ごと下水に流した。 修理代とか言ってはいけない
……ただし、きら様単体でははぁとに一発軽く小突かれただけでKOするほど弱い。
まあ聖霊の加護があるとはいえ本業は頭脳労働、しかも小学生なので当然なのだが。
その後は聖霊庁のシスター達に囲まれた際、これを相手に無双していた。

『2』にはきら様に対するライバルとして新キャラ「キャサリン京橋」が登場、
「幼女+バニースーツ+関西弁+巨大ロボ」と、きら様に負けず劣らず ギャグ 萌え属性の塊である。
参考動画(未プレイの方はネタバレ注意)


ゲーム中の性能

他作品の投げキャラと同じく、食らい判定が大きく動きも遅いが、地対地・地対空・空対空のコマンド投げを備えている。
一見すると投げ技命の一発逆転キャラのように思えるが、通称「腹筋ループ」をはじめとしたループコンボもそこそここなせる。

契約アルカナであるニプトラは強力な投げ技を複数持っているが、もとより投げキャラであるきら様の場合はどうにも持て余しがち。
遠距離戦の弱さを補える愛のアルカナや爆発力重視の土のアルカナ
一気に接近可能な相殺判定付きダッシュを持つ雷のアルカナ、飛び道具と火力強化を兼ね備えた火のアルカナ
毒を付加しつつの高火力コンボ、確定フラマゲによる脅威の爆発力を備える魔のアルカナと相性が良い。

投げ間合いが100ドット超(ヒューゴーは54ドットらしい)と抜群に広い。
これはプレイヤーキャラとしては最長クラスの投げ間合いである(流石に往年のボスキャラには惜しくも届かなかったが)*3
おそらくズームアウト機能により相手との距離が離れがちになること、そして同作のステージが非常に広大であることによると思われる。

『2』ではさまざまな仕様変更を受け、初代で定評のあった「腹筋ループ」が不可能になった。
(後に違う構成の腹筋ループまがいのコンボが開発されたが)
しかし、その代わりに江古田シリーズや大道寺バンカーバスターの仕様変更、コンボルートの変更により、
画面を広く使うようなコンボや立ち回りが多くなり、使っても見ても前以上に楽しめるキャラへと変わったと言えるだろう。

+ 主な変更点

最近では2Cをひたすら当てる「美脚ループ」というコンボも開発された。あかねにも劣らぬきら様の美脚に酔いしれろ!

また、時のアルカナにおいて、 相手の動きを一定時間止める「無量光の意」と江古田式グレネードを利用した4ゲージ大放出の確定「ラストアルマゲドンドロップ」
通称「時をマゲる少女」という一度のチャンスから9割ものダメージを奪い取る恐怖の連携技が発見され、
ゲーセンは核の炎に包まれた…と思いきや元来きら様はホーミングゲージが不足しがちであるにもかかわらず、
時のアルカナはホーミングゲージの回復速度が極端に落ちてしまうこと、そもそも4ゲージもためるのに手間がかかること、
それらに伴って立ち回りが弱くなってしまうこと等からあくまでネタの範疇に収まってしまっているのが現状である。
ただし、同様の手段で2ゲージから「アルマゲドンバスター」を確定させたり、
1ゲージから「きら様ドライバー」や「大道寺バンカーバスター」を確定させたりできるため、
一定以上のゲージ保持による相手に対するプレッシャー効果は相応に大きくなるである。

この連携についてはバグによるものという説と、
魔のアルカナにおける確定フラマゲのような仕様の隙間をうまく突いた連携技であると言う説があるため、
場合によっては使用を控えた方がいいかもしれない。

『2』のお披露目が行われたAOU2008(2日目)では最強キャラとされたが、
現在においてはプレイヤーに強さを依存しすぎるという理由から、
キャラ性能においてのランクの上下に組み込めない 特殊な位置づけとされている。

3においては全体的なゲームスピードの向上。ゲージシステムの変更などが行われたのだが、きら様にとって
それらの変更は相性のいいものではなく、もとより安定性の欠ける性能であったのがさらに一発キャラになってしまった。
起き攻めに持ち込めさえすれば何とかなるがその前に起き攻めをされてしまいスライムの巨体故に涙目となるケースが非常に多く、
ランクとしては最下級となっている。ただし、実戦値が高い投げキャラということもあり全く勝てない産廃というわけでもなく
大会などで活躍するケースも見られる。
ただし、勝つためにはロマンなど追っていけるような性能ではないので
ほぼ最終ラウンドしか出せない3ゲージ技のくせに投げ間合いが狭く、ゲージが空のため当てた後の状況もよろしくないラスマゲは基本死に技である。
調整版の3LOVEMAXでは移動投げであるバンカーバスターに空中版が追加され、コンボ中は常に受け身狩りのプレッシャーを与えられるようになった。
また、3の頃から相性抜群であった鋼のアルカナが大幅上方修正を受け、元々高めだったコンボ火力が更に大幅上昇した。
また、空中戦で主力となる相殺技のJCの相殺判定拡大と空中版超必コマ投げであるフライングアルマゲドンの掴み範囲拡大、
移動投げであるバンカーバスターのB版に全身無敵付加など元からハイスペックであった荒らし要素が更に強化された。
結果、極端に相性が悪いキャラには相変わらず弱いものの、
それ以外の大半のキャラには高確率で起こる事故から鋼のアルカナで盾を張り、
無敵投げとジャンプ狩りの2択を迫ったりジャンプEめくりで圧殺して一方的に倒してしまうという暴力的な強キャラとなった。
特にペトラフィオナはジャンプが低い、めくりに弱い、攻めを捌く手段が(ほぼ)無いなどから
強豪プレイヤーでも「対策がわからない」「なんとか一回捕まえてジャンケンに全部勝つ」といった有り様であり、きら側が大幅に有利となっている。

参考動画
http://www.nicovideo.jp/watch/sm334348 http://www.nicovideo.jp/watch/sm2447562 http://www.nicovideo.jp/watch/sm2755732


契約アルカナについて


契約アルカナは水のアルカナである年経た古代魚「ニプトラ」。
寿命の概念すら越えてしまったため暇を持て余していたが、世界征服を企むきらに興味を示し、気まぐれで力を貸す契約をした。

防御面を重視したアルカナで、攻撃を肩代わりする水の球を纏えるのが特徴。
しかし、球の大きさからリーゼロッテこのはなどの身体が小さいキャラの方が有効であり、
初代で最も(2では次点)図体がでかいきら様には余り恩恵は受けられず、
超必投げはアルマゲドンバスターと発生が同じでダメージは劣るので、
契約アルカナなのに本人との相性が一番良くないというかわいそうなアルカナである
(きまぐれで手を貸しているだけなので、ある意味設定通りと言えなくも無いが)。
アルカナブレイズ「レグヌム」はニプトラがきら様ごと相手を飲み込んでしまう…
と聞くとヤバそうに思えるが実際の効果は相手の動きが遅くなるという地味なもの。

余談だが契約アルカナの中では最も大きく、次点にメデイン、モリオモトオホツチがいるが、
それらと比較しても相手にならない程の巨体を誇る(ちなみに最小はテンペスタス)。

ちなみに某大会動画ではこのアルカナが選ばれると 「ヒャッハー!水だぁ!」 と言われるとか。

1の頃は水玉の性能が非常によろしく、厨アルカナとも呼ばれることもあった(特に水このは)。
当然ではあるが弱体化が図られ水玉の持続時間などが調整された結果、3ではメインとして使い込むよりは
特定の相手に対するキャラ対策として選ばれることが多い中堅程度のアルカナとなっている。


MUGENにおけるきら様

原作再現系ではNHK氏製作のものとaokmaniac13氏製作のものが確認されている。
現在、動画に出ているのは主にNHK氏のきら様である。

サクラカ氏製作のアレンジキャラ、「きらきら」も存在する。詳しくは下記参照

+ 日本破壊結社NHK氏製作

+ チョイヤー氏製作

+ aokmaniac13氏製作

+ なだげつ氏製作

+ サクラカ氏製作「きらきら」

ストーリー動画での出番ではそこそこ多く、各所でその天才っぷりを遺憾なく発揮している。
……のだが、ツッコミ&苦労人属性まで一緒に背負い込まされている印象が強い。
ハジけた格好と発想はしているが理知的で、ボケに向かないからだろうか?
MUGEN STORIES INFINITYでは世界征服の一環としてとある組織に協力する科学者であるが、
2度に渡る強制的なタイムスリップを体験し、過去の偉人との出会い、未来の凄惨さを見て精神的に成長。
組織と手を切り、世界を征服ではなく世界を変えるべく戦うことになるのだが……。

ウドン13では2回登場。世界征服を考えていない一人の科学者として登場する。
ジャギ様家族では普通の小学生として登場(しかも主人公の娘のひとり)。
原作同様天才だが、日本生まれの日本育ちのためか(原作では世界征服の理由は日本で義務教育を受けなければならなくなったため)、
それとも家族の育て方が良かったのか(主人公のジャギは高校の数学教師)、性格は年相応。

「バカめ! 牛乳を飲め牛乳を!



出場大会

+ ...

出演ストーリー

+ ...

*1
従来はザンギエフに始まって大門五郎ヒューゴーポチョムキングリフォンマスクなど、いわゆる「男臭い巨漢」が投げキャラのステレオタイプなイメージだった。
十平衛クラークバイスシェルミーレインボー・ミカの登場でそのイメージは多少揺らいでいたが、完膚なきまでに破壊したのは紛れもなくきら様である。
もっとも、基本的に戦うのはスライムであるため、そういう意味では「投げキャラ=巨漢」の図式に従っているとも言えるが。
ただし「投げキャラのイメージとは異なる少女」というなら嘉納亮子出雲良子久保田潤キャシィ・ワイルドなどもいた。
前者二人はヤワラちゃん(田村亮子)ブームを受けて作られたキャラ、後者二人はきら様の先輩に当たるキャラだがPC格闘ゆえ知名度に難があり、
何より柔道家・レスラーという「挌闘家」「投げキャラとしての説得力を持つ」キャラなので投げキャラのイメージをあまり崩せなかったものと思われる。

*2
同じく悠紀エンタープライズが生み出したキャラクターとして、『サムスピ天下一剣客伝』の「いろは」がいる。
彼女もまた「和風メイド(きわどい)×爆乳×鶴の恩返し」という斬新極まりないデザインであった。
悠紀エンタープライズの社員にはその道のエキスパートでもいるのだろうか。

*3
ちなみに、原作性能のプレイヤーキャラで一番間合いが広いコマンド投げは、
初代スクリューでも「ギガンティックサイクロン」でもなく、ディズィーの「ネクロ怒った場合」である。
以前、MUGEN動画スレの有志が各技の投げ範囲を調べてくれた結果によると、
大竜巻落としが169ドット、ギガンティックサイクロンが154ドット、ネクロ怒った場合が155.5ドットとなっており、
ただしゴンザレスとクラウザーの場合はキャラの中心を掴む必要があるのに対し、ディズィーは食らい判定に触れさえすれば即掴めるため、
実質ディズィーの「ネクロ」が最も範囲の広い技となるとのこと。
なお、お種の「絶鬼掌」はガード不能技なのか投げ技なのかよくわからないが、
投げとした場合は、160ドットの範囲を持ち、こちらも食らい判定に触れれば掴めるため、こちらが最長範囲の技となるらしい。
え?全画面投げを持ってるタカラ餓狼の十平衛はって?あいつはバグの産物だしなぁ…。