たいが~&ぶるま

素晴らしい太股

「さて、早速だが本編の雰囲気ぶち壊しのこのコーナーの趣旨を問いたいと思う!

 答えよ弟子一号!」

「押忍!この道場はにぶちんでばかちんのシロウを救う舞台裏で、

 言うなれば『Fate』を支える大黒柱でありまーす!」

TYPE-MOONの18禁ゲーム(PS2版は全年齢)『Fate/stay night』の登場人物。
同作の「藤村大河」と「イリヤスフィール・フォン・アインツベルン」のコンビである(厳密には違うが。後述)。
本編ではヒントコーナー「タイガー道場」に登場し、バッドエンドやデッドエンドを迎えたプレイヤーにアドバイスをしてくれる。
・・・というか、このゲームは バッドエンド数が異常に多い ため、イヤでも死ぬたびに顔をあわせる羽目になる。
また バッドエンドを全部見ることで解禁される要素もある ので、わざと奇天烈な選択肢を選ぶことも多々。
まあ人によっては、ロリブルマに会うためにわざと死ぬような選択肢を選びまくったりする輩もいたりいなかったり。
それ以外でもなにげに出番は多く、『トラぶる花札道中記』ではストーリーモードの主人公を務め、『たいがーころしあむ』にも出場している。
同人格闘ゲーム『Fate/sword dance』では隠しボスとして登場するが、基本的にはまじめな公式格闘ゲーム『Fate/unlimited code』には登場していない。
ニコニコ動画では海外の反応シリーズで有名。

「たいが~」について

胴着を着た藤村大河そっくりの姿をしている。
厳密には本人ではなく、後述する「ぶるま」のサーヴァント。
クラスは「従者(サーヴァント)」。クラス特典はないが、マスターが望む限り現界させ続けられる。
ストラップ付きの竹刀「虎竹刀」を武器として使用するが、それ以外にも固有結果「無限の道場」を持っている。
みかん一個分の魔力で発動でき、勝負の内容が全部花札になるという優れもの。

口が悪くツッコミ体質だが、実際のところはかなり思いやりが強く、時には命をかけてでも助けてくれる。
色々とネタとして見られがちであるが、実力のほうも竹刀で戦車をぶっ飛ばせたり
バーサーカーの一撃(手加減していた可能性が高いが)を受け止められるくらいには強い。

Fate/zeroのBD/DVDに収録されている『アインツベルン相談室』の弟子ゼロ号ことゼッちゃんとの関係は不明。

+ 藤村大河って誰?

「ぶるま」について

体操着にブルマを着たイリヤスフィール・フォン・アインツベルンそっくりの姿をしている。
イリヤについてはこちら参照。
厳密にはイリヤとは別人であり、平行世界における同一存在。シエルと知得留先生みたいなもんである、多分。
メイドがすべてを支配している世界から逃げてきて、自身の居場所を見つけるために「たいが~」と契約する。
最終的には弟子一号として「たいが~」とともに小さな道場を構えることになる。
このへんの話については、『トラぶる花札道中記』のストーリーモードを参照。

丁寧な口調だがかなりの毒舌。さらに腹も微妙に黒く、師匠から道場を奪おうとしたこともある。


格闘ゲームでは

Fate/sword dance』では、2人まとめて1人のキャラとして登場。
「たいが~」の方を操縦し、「ぶるま」は画面内を歩き回り、コマンドに応じて技を出してくれる。
言ってみれば中西姉妹遠野美凪のような感覚である。
武器は上記の「虎竹刀」で虎つながりかタイガーバズーカを撃てたりするのだが、
まじめに「面!」「小手!」と発声する竹刀使いはこいつぐらいではないだろうか
それはともかく、連撃速度は高いものの間合いは短めで、攻撃力も低い。
「ぶるま」を操縦することも考えると、上級者向けのテクニカルキャラといえる。

+ ちなみにニトロ+ロワイヤルでは…

MUGENにおけるたいが~&ぶるま

  • 死門氏製
Fate/sword dance』の原作再現キャラ。
「ぶるま」による遠隔操作技もきちんと存在している。
ただ、この「ぶるま」がプレイヤー判定になっており、タッグモードで「たいが~」が倒れた後も相手が「ぶるま」に反応して攻撃を暴発する事態に陥ることがある
iswebライトがサービスを終了したため配布したホームページは消えてしまったが、キャラ自体は残っている。

  • 黒い鳩氏改変『若タイガー』
死門氏製のたいが~&ぶるまを改変したキャラ。ドット改変やカットインイラストはラッカボルバー氏の作。
『若タイガー』ということからゼっちゃんこと高校生のポニーテールの藤村大河となっている。服は剣道着。
しかしボイスはゼっちゃんの金元寿子ではなく大河の伊藤美紀である。
ポニーテールではない通常の藤村大河のsffも配布しているので好みで変更可能。
1P、2Pカラーはぶるまがおらず、たいが~が一人で戦う。
3P、4Pカラーからぶるまが登場する。
9P、10Pカラーは黒ぶるま(ブルマは赤い)が追加される。
デフォルトAIは搭載済み。

出場大会

削除済み
更新停止中

出演ストーリー

無限坂グーニーズ
SOS団と3人の姫君(イリヤ単体でも戦います)

*1
PS2板のキャラ紹介のスリーサイズの欄では、数字は伏せられているものの十の桁が9に見えると言われている、が。
Q. どうして藤ねえ(ししょー)にだけスリーサイズが設定されていないのですか!?
女性の中でスリーサイズが無いのは藤ねえだけです。
TYPE-MOONさんでは藤ねぇは女性扱いされていないのでは!?

A. そんな、女性扱いしてないなんてとんでもない!くそ、なんで分かったんだ!?
……あ、いや、ごほんごほん。
藤ねえはライダーより小さく、セイバーより大きいです。
こんな曖昧な表現の方が妄想力をかきたてると思うのだが、君はどう思う?

と言われている=バスト88未満なのでたぶんそう見えるだけ。
EXTRAやFGOでは大きめに胸が描かれていることがあるが、イラストレーターの絵の傾向や趣味によるので大河の胸が大きい設定になったとは言えない。
なにせ、アルトリア(剣)を武内崇氏が描いたものでさえサイズ設定より胸を大きく描かれていることがあるのである。

*2
ちなみに、現実では剣道の段位を取得するには年齢制限がある。正確には段位取得後に次の段位の試験を受けるには一定期間の修業期間が必要。
初段が中学2年生(満13歳以上)から受験可能で、そこから計算すると五段を取得できる最低年齢は23~24歳になる。
さらに、地区にもよるが高段位になると女性の受験者が少ないため、体格やスピードで女性に勝る男性に交じって受験する可能性が高い。
25歳で五段を所持している彼女は、現実に即してもなかなかの剣道の実力を持つと考えられる。