ウルトラマングレート


1990年に円谷プロダクションがオーストラリアで制作した特撮作品『ウルトラマンG
(英題『ULTRAMAN TOWARDS THE FUTURE』:全13話)に登場する主役ヒーローの日本国内での名前。
ウルトラマンティガ』辺りと並び、年代的にMUGEN愛好家内でも割と直撃世代の多いウルトラマンかと思われる。

ウルトラマングレートは邪悪生命体ゴーデスを追って太陽系にやってきたM78星雲の戦士。
身長60メートル、体重58000トン。年齢17000歳。
ゴーデスの本体は火星で倒したものの、その細胞が地球に逃れたため、
宇宙船を破壊されて地球に帰る方法を失った宇宙飛行士ジャック・シンドーと同化して地球にやってきた。

他の多くのウルトラヒーローと違い、グレートとシンドーの人格は別々ということが強調されており、心中で会話を行うシーンも何度か登場する。
そのため二人の意見が一致しないこともあったが、グレートは何度もシンドーの危機を救い、
ゴーデスIIとの戦いでは逆にグレートがシンドーに救われた事もあり、
シンドーとグレートは強い絆で結ばれた同士として、数々の強敵に立ち向かった。
ちなみにシンドーはウルトラシリーズ初の一度も死亡せず、ウルトラマンと無事に分離した地球人だったりする。

グレートはウルトラ戦士としては珍しく、特定の決め技を持っていない(そもそも技名すらない)。
これは現地の製作スタッフが「ウルトラマンの各種光線技は全て同一のもので、必要に応じて形を変えているだけ」と解釈した為。
日本では縦に開いた両手から溜めたエネルギーを放つ「バーニング=プラズマ」を一応の必殺技としているが、
第1話でしか使用していない上に2発当ててようやく相手を倒すなど、およそ必殺技とは言い難い。
(実際、決め技として最も使われたのは相手の攻撃を吸収して撃ち返す「マグナムシュート」だったりする)
+ グレートの技について

あらすじだけ見るとゴーデスがラスボスのようにも思えるが、
第6話でゴーデスを打ち破った後もグレートは地球に留まり、襲い来る数々の脅威と戦い続けた。
最終12 - 13話に登場した怪獣コダラーシラリーの項目にあるように、
最終的にはグレートや人類が地球そのものを象徴する力とも対峙するなど、
従来のウルトラシリーズとは違った意味での広い視点によるストーリーが描かれた意欲作である。
また地球上での活動時間に限界がある理由を「大気汚染(環境破壊)の激しい地球上では巨体を維持出来ないから」としているのも特徴。

(以上Wikipediaより抜粋、改変)

+ 客演での活躍や作品自体の扱いなど

+ 『ラストファイターツイン』他コンパチシリーズでのグレート


MUGENにおけるウルトラマングレート

ディアブロタロンなどのプライマルレイジキャラの作者であるLord Sinistro氏が製作したものとのりものキャラのものが存在する。
他には2016年12月31日にmuu氏が製作したキャラが新しく公開された。
どれも 海外で発売されたSFCゲーム版のドットを使用している。
Lord Sinistro氏のものは格闘ゲーム仕様の一般キャラで原作ゲームに近い仕様。
ただし現在公開されているAIが無い事もあって動画ではあまり見かけないが、プレイヤー操作なら充分使用可能。
のりものキャラは製作者不明で常時アーマーのオーソドックスなのりものである。
muu氏のものは格闘ゲーム仕様の一般キャラであり、氏の他のキャラ同様の『Fighting Evolution』シリーズ風アレンジが施されている。
muu氏版はデフォルトでAIが搭載されているので動画に使いやすいのはこちらになるだろう。

+ Lord Sinistro氏製

+ 製作者不明 のりもの

+ muu氏製作・『Fighting Evolution』シリーズ風アレンジ

出場大会

【Lord Sinistro氏製作版】
昭和VS平成 年末ウルトラ7番勝負 (Lord Sinistro氏版、動画作者自作AI)
【muu氏製作版】

出演ストーリー



*1
また、島本和彦氏の漫画版『ウルトラマンG』に関しては、一時期ネット上にて
「テンペラー星人が地球人に憑依して味方として登場する、メフィラス星人の初代・2代目が登場する、
 マタンゴやトドラなどの東宝怪獣も登場する…などといった漫画オリジナル要素がある」などといった情報が流布し、
Wikipediaに独立した項目が作られた事もあったが、これらは全部 真っ赤な嘘 なので信じないように。
一応、作者名とタイトルで検索すれば、別Wikiのガセ記事が閲覧できる。…正直お勧めはしないが。