涼宮ハルヒ



 「ただの人間には興味ありません。

  この中に宇宙人・未来人・異世界人・超能力者がいたら

   あたしのところへ来なさい。

   以上!」


谷川流のライトノベル『涼宮ハルヒシリーズ』のヒロイン。「すずみや-」。
容姿端麗、才色兼備、頭脳明晰、文武両道と、見た目や能力だけなら欠点のつけようがない女子高生だが、
その人格は唯我独尊、傍若無人でとてつもなく破天荒。
普通と退屈を極度に嫌い、とにかく既存の枠組みに縛られない行動を起こす。
そんな突拍子もない性格だが、実は非常に理知的であり、理解した上で敢えて理不尽な振る舞いをしている。
こういう非常にハタ迷惑な内面のおかげで、周囲からは近寄りがたい存在と思われ孤立していた。

ちなみに冒頭の台詞は高校入学初日の自己紹介での台詞。
実際、ハルヒのお眼鏡に適う相手以外はまったく相手にしようとしないが、
興味を抱いたり、馬が合う相手は大事にするという面倒見の良い面もある。
また、見ず知らずの他人に同情して代役になる事を提案した事もある。
時と場合によってはちゃんと礼儀正しい態度を取ることもあり、常識と非常識を併せ持つキャラと言える。
つまらない世界を変えるために高校でサークル「SOS団(界をいに盛り上げる宮ハルヒの団)」を立ち上げて団長に君臨し、
ヒロインであるにも関わらず主人公(キョン)達を振り回すトラブルメーカー的存在。
彼女の起こした問題を他のSOS団メンバー達が解決するのが常となっている。

初期の頃は朝比奈みくるを利用してヤクザ顔負けの自作自演の罠で恐喝することでSOS団に欲しいものを強奪する(パソコン部の最新のパソコンをタダで強奪した)など
ギャグにしてもクスリとも笑えないこともしていたが、後の作品では上記のように破天荒ではあるものの最低限の礼節とTPOはある程度
弁えられるキャラになっていった。
破天荒な行動の原因は昔の思い出にあり、その時感じた不満が作中では「憂鬱」と表現されている。
性格の変化はこの時感じた不満が解消され始めてきているため。

+その正体、といっても彼女自身は知らないこと
その正体は「涼宮ハルヒの憂鬱」世界の(かそれに近い存在)。
原作ではまだ正しい正体は明らかになってはいないのだが、世界は彼女が三年前に創造したという見解があり、有力な説の一つ。
本来は一巻完結で続編予定のなかった作品なので、当初はこれが真実だったのだと思われる。
+だって一巻は……
『涼宮ハルヒの憂鬱』というタイトルからわかるように、思春期の女の子(ハルヒ)の憂鬱(葛藤ややりきれない気持ち)を描いた作品だったのである。
特別なことを諦めてしまってそれでもそれなりに楽しくやっている少年(キョン)が、
特別なことを本当は諦めているのにそれを追い求めずにはいられない少女を、
その突飛な行動に振り回されながらどこかその気持ちに共感しつつ、
周りに呆れられることも厭わずに大胆に行動する様子を羨ましく思いつつ見つめるという筋書きに、
その実、何か特別な存在になりたいと願っていた少女はこの世の神だったというとんでもない真実が明かされ、
その精神世界を垣間見ることで彼女の苦しみを知り、特別なことなど何もない世界を崩壊させようとするハルヒに、
キョンが元の世界(特別でない日常)も面白いんだと教えてやることで結末を迎えるのである。
自分が作った団体に無意識のうちにSOS(救援信号)の名前を付けるなど作品のテーマを表す仕掛けも多くみられる。
特別とは大勢の中のたった一人に与えれられるものではなく、個人一人一人に存在しているものだというメッセージが伝わる名作である。
現在は続編が語られることでSFの要素が強くなっているがほのかに垣間見られる恋心も合わせ優れた作品に仕上がっていると言えるだろう。

が、今は様々な説が作中で提起されている。

自分が心の底から望んだことをあらゆる法則をねじ曲げ実現する世界改変の能力を持つ。
だが実際のところこの能力の正体は不明であり、「ハルヒが望んだことが実現する」のではなく「ハルヒは望んだことを無意識のうちに叶えている」が正しい。
上記の説が正しいとするならば世界はハルヒの見ている夢のようなものということになるので、その夢を自覚されると世界が崩壊しかねない。
現実を改変するというより「現実」はハルヒが作るものなのである。
この説を(当初は)裏付けるように彼女には世界を破壊し創造する能力がある。
ハルヒが世界を失敗作だと思えば神人と呼ばれる青い巨人が現れて世界を破壊しつくしてしまう。
この巨人はハルヒの精神状態を反映したもので主にイライラが具現化したものだとされる。
様々な法則の範囲内でしか行えない長門有希の情報操作能力と違い、
法則・ルール自体を書き換えてしまうというまさに反則的な能力と言える。
ただし、たまたまそういう能力を持っているだけであって、ハルヒ自身の身体能力等は常人よりは優れている程度である。

宇宙人未来人超能力者が彼女の側にいるのは、彼女がそう望んだため。
にも関わらず、世界がおおむね現実的で平穏なのは、
彼女の芯である理知的で常識人の部分が「世の中に非現実なものはない」と
理解している(思いこんでいる)ためである。

もっとも、彼女自身はこの事を知らず、もちろん全くコントロールできない。
そのため、また、それでなくとも普段の言動にインパクトがあり十分に個性的ということもあり、
二次創作などにおいては、「ハルヒ自身の能力」と認識されていない事も多い。
また、本人が自覚していないことに加えて、SOS団メンバー達はそれを自覚させないように秘密裏に行動していることもあって、
作中では異変が起こっても解決の場から遠ざけられてしまうことが多く、ハルヒだけが蚊帳の外状態になることがとても多い。
中心人物なのだが、ハルヒだけが平穏で周囲は大騒動というまさに台風みたいな扱いをされている。
おかげで事件解決の直接的な功労者である長門に人気を食われていたりするが、それでもヒロイン(笑)扱いされることが無いのは流石といえる。
むしろラスボス兼主人公と認識されている節さえある。
知らず知らずのうちに世界を改変してしまったりするため、どこまでがハルヒの能力なのかということでしばしば議論が起こったりする。異変がない日常的な回でも出番が全くなかったこともあったが

後述するMUGENのハルヒ達もその能力を積極的に生かすことはないようだ。

もっともこの能力、再現しても不利な時に相手をMUGENごと終了できるレベルなので
ある意味しょうがない、とも言える。神の能力だし。
というか、元々彼女が創造した世界でないMUGEN界でそれが適用されるのかがそもそも疑問である。
が、別作品を含めるとこの手の願望を実現化する能力や現実改変能力を持つ人は結構いたりする。
この人とかこの人とか。この界隈だと中堅上位程度のキャラは標準装備)

人気作のヒロインであるため支持するファンも多いのだが、一方で、上述した賛否両論が分かれる性格(特に初期の)ゆえに彼女に難色を示す人も多く、ニコニコニュースが行った悪役以外で嫌いなアニメキャラのアンケートでは二位に輝いてる。
ちなみに他のトップ3だが一位はハルヒと大体同じ理由だがソレに加えて主人公や他のヒロインへの暴力など猟奇性が目立ち、三位は人の話を聞かずに突っ走る割に好きな人の前ではうじうじし過ぎ等の意見があり、ハルヒと似通った要素とヤバさを持っている。

また、ラノベ界三大ツンデレの一人とも呼ばれ(他二人は『灼眼のシャナ』のシャナ、『ゼロの使い魔』のルイズ)、
ツンデレキャラとして認識されていることが多いが、実際の比率はツン9:デレ1くらい、
しかもデレと言うほどデレていないというツンデレを安売りしないヒロインだったりする。
と言うか、本当にツンデレなのか怪しいところもあるがこの手のカテゴライズによくあることなので深く追求してはいけない。

+『ハルヒちゃん』版のハルヒについて
スピンオフ作品『涼宮ハルヒちゃんの憂鬱』では原作以上に皆(特にキョンみくる)を振り回しているがその様子から
原作者である谷川流氏に「ハルヒよりもハルヒっぽい」とまで言われている。
一方で、キョン不在時に長門やみくるが暴走しているときは止め役やツッコミ役に回っており、「根は常識人」という設定も上手く活かされている。
また、ある話においてはキョンはおろか、原作では口答えしない長門、みくる、古泉にまでマジギレされて心を折られた。
キョンに対してはやはりそれなりの想いがあるらしく、キョンがとある理由から古泉に「好きだ」と言った際は倒れてしまった。
その際に「特大」の閉鎖空間ができた模様、しかも長門曰く「かろうじて涼宮ハルヒの理性が勝ったが世界の終わりも十分ありえた」との事。
因みに後々キョンがバニーになった時にはこれ以上の「過去最大」の閉鎖空間ができたらしい。
またこの作品では閉鎖空間ができる頻度がかなり多く酷い時は一日で三回(蝋燭の火を不可思議な力で消すのに挑戦して500回失敗、
その行動が無駄な事に気づいた、プリンが買えなかった)と機関(主に古泉)を疲労させている。
また神人も個性豊かであり、ヒーロー物の悪役のように喋りだす奴やスピンオフ短編「古泉一樹の過去」では神人の撃破にやってきた超能力者を狙う神人というのも登場している。
無意識に現実改変を行う頻度も高く、月に超科学力を持った兎が出現したり、谷口狼男になってしまったり、格闘ゲームが音声入力可能になったりしている。
また、キョンが冗談で「さん」と呼んだ時、酷く動揺した上に「だったらお前は父さんだ!」と叫んでいるなど、原作よりもデレの割合が強い。
そしてある回では古泉の陰謀でキョンと1日デートする羽目になり、お互いに精神的に深いダメージを受ける事になった。
…その次の回では、キョンと一緒にいたところを「カップルですか?」と言われて「「違います」」と2人して即答する
もう夫婦の領域じゃないのかとか言わない。
同作アニメ版のOPテーマ「いままでのあらすじ」ではキョンに対してテンプレなツンデレとなったハルヒを見る事が出来る。

+『長門有希ちゃん』版のハルヒについて
ハルヒちゃんのスピンオフ作品『長門有希ちゃんの消失』では第一巻の終盤回想シーンから登場。
文芸部廃部の危機に動揺する長門の前に現れ、初対面の彼女に「サンタへのメッセージ」を描かせる傍若無人ぶりを見せる。
しかし、長門はその貪欲な姿勢に背中を押されており、結果的に文芸部存続の立役者となった。
その後、クリスマス深夜に公園で野宿を敢行。凍死しかけていたところを長門とキョンに救助され、彼らと交流を始める。
以降は他校生にも関わらず「北高文芸部ミステリー部門本部長」を名乗って、文芸部に入り浸っている。

超常現象の存在しない本作ではハルヒも神ならぬ「普通の人間」に過ぎない為、部内での扱いは割とぞんざい。
他校生なので登場しない話も多く、最重要エピソードの『長門有希ちゃんの消失』編でも殆ど登場しなかった。
キョンに対する好意を持っていたようだが片思いに終わり、長門とキョンの恋の成就を苦笑いしながら見守っている。
結果、スピンオフとはいえサブヒロインに先を越された稀有なメインヒロインとなってしまった

ただし、ハルヒ自身は原作よりも空気が読める性格になっており、要所で他人への気遣いを見せるイイ女となっている。
また、原作ではあまり絡まなかった朝倉涼子と仲が良く、朝倉が暴走した時はハルヒがツッコミ役に回る珍しい姿が見れる。

ちなみに中国語圏内では『涼宮春日』と書かれる。間違っても『ハルヒ』を『』とは言わない。
また、北京オリンピックのパンフレットに彼女を真似したと思われるあまりにも出来の悪いパチモンが描かれたことがあり
そちらはネット界隈では涼宮哈爾濱、もしくはハルビン等と呼ばれている。

また、第一話で彼女が提示した宇宙人未来人・異世界人・超能力者の内 異世界人 だけが登場してないため、谷口や鶴屋さんなどの脇役が実は異世界人だったというIFストーリーが書かれたり、
他の作品のキャラクターを異世界人として登場させたり幻想入りをはじめ自ら異世界へ旅立つ等の方法で同人誌やSSやニコニコ動画のMAD等で二次創作が多く作られている。
前期に述べた 非現実的なものは信じない設定 があまり知られてないのか踏み倒されているのか、妖怪や英霊(サーヴァント)を召喚したり、吸血鬼や魔法少女と戦う作品もある。
有名なものでは『ゾイド』の漫画版で知られる上山道郎氏がドラえもんを題材とした漫画『のび太の終わらない夏休み』を描いている。
2018年のゴールデンウィーク期間中、ニコニコ動画では『涼宮ハルヒの憂鬱』の無料配信があったのだが、
その際、『団長』繋がりか、ハルヒが何かやらかす度に「何やってんだよ団長!」のコメが飛び交う事態となった。



MUGENにおける涼宮ハルヒ

MUGENでの彼女の技も、上記の設定や劇中のネタを生かしたものになっている。
2種類確認されており、どちらも手描き。
残念ながら両者共に公開先の閉鎖やリンク切れで入手不可能となっており、現状で入手できるハルヒが存在しなかったが、
2017年12月26日より初音ミクマミヤならびに右代宮縁寿の製作者であるゆ~とはる氏の製作版が公開されている。

チョイヤー氏製作

※ 氏のホームページが閉鎖したため現在入手はできなくなってしまったが、これを基にした改変版(後述)が代わりに入手可能。

立ち絵や通常技などは、MELTY BLOODに登場する複数の女性キャラのドットをベースにしている。
(立ちニュートラルがアルクェイド、ダッシュがシオン、遠立ち強攻撃がシエル、ジャンプ強攻撃が秋葉、しゃがみ弱攻撃がさつき…など)
AIは程よい強さ。対人用か対AI用の2タイプに設定可能。ストライカーとして長門みくるの他に、こなた 声優繋がり )や他社のラノベキャラ 絵師繋がり )を呼び出してたり、
桜高軽音部のみんな(京アニ繋がり)と『God knows...』を演奏したり、どこぞの元傭兵みたいな必殺技を披露したりする。
ちなみに最近の更新で、ブリス技に。つまり部室内で相手に無理やりコスプレさせている事が判明した(要するに原作でみくるにしたアレである)。
どこぞの元傭兵とは違うのだよ!
また上記の涼宮ハルビンをバイトとして雇ってもいる。なお、ハルビンの声は『はぴねす!』の神坂春姫(演:榊原ゆい)である。
イントロや勝利ポーズで様々なコスプレを披露してくれるので、視聴者の目を楽しませてくれる。
ブリス技をはじめとした、特殊やられにも対応している。
脱衣KOをオンにしていると下着も脱げてしまう(靴下は残る)ため動画作成の際は必ずオフにしておくように。
また、おもらしKOなんてのもあり黄色い液体も出る。当然、動画作成では必ずオフにしておくように。
また、かつてはsff切り替えで勝利時の変身やミッドナイトブリスを全裸にする事もできたが、2010年7月24日の更新で廃止された。
2011年6月30日の更新で新MUGENの勝利デモに対応、ライブ アライブに専用ゲージがついた。潰されるとそれまで溜めていたゲージを全て消費する様に。
2013年1月31日の更新でゆ~とはる氏のマミヤの「さようなら」、同氏の縁寿のメタ返しに対応。新MUGENでの勝利セリフも増えた。
そして、通常投げからの追加入力やショウリュウメガホンからの追加入力で額に肉の人のフェイバリットホールドも習得。
2月24日の更新ではSOSアタックでブリスやられを表示するようになった。
新MUGENでは『haruhi.def』、WinMugenでは『haruhi_win.def』と登録すれば両方のバージョンで使用できる。
間違って新MUGEN用のdefをWinMugenで使うとブリスやられが表示されず、キャラが点滅したり消えてしまう。
3月10日の更新ではジェダ・ドーマのサングェ・パッサーレに対応したが、ぽろりしているため動画に使うのは厳禁なので注意。

ちなみにチョイヤー氏はハルヒより他社のラノベキャラの方が好きらしい。
是非とも製作して頂きたいがキャラ愛のあまり製作に至れないのだとか。
そのあおりを受けてか、最近の更新でフレイムヘイズ召喚の性能が大幅にアッパー調整され、召喚中はハルヒが無敵状態になるように変更された。
以前のバージョンでは召喚してからシャナが登場するまでにかなりのタイムラグがあったため潰されやすい技だったのだが、現在は先述の通り無敵時間がついたためほぼ潰されることは無く、さらにシャナは相手の位置をサーチして突っ込んでくるため回避は困難。しかもガード不能でダウン追い打ち属性まで付いている。これを1ゲージ消費で呼べるのだから、フレイムヘイズの面目躍如である。
遠距離戦主体のキャラと戦わせると、ひたすらゲージを溜めてシャナを呼びまくるというどっちがメインのキャラだか分からない事態に陥ることも。
これじゃ「あたしに力を貸して!」じゃなくて「あたしの代わりに戦って!」だよ。
もう全部あいつ一人でいいんじゃないかな
召喚の際にメロンパンを掲げるのだが、コートと違って メロンパンの錬金術師 と呼ばれることはなかった。

カラーパレットも豊富で声優ネタやラノベ繋がり、中にはハルヒをパロディしたゲーム(R-18)のキャラクターになり、デフォルトのカラーも下着の色違いが3種類(白・橙・ミント)入っている拘りよう。
黒or金一色になるカラーもあるが性能面に違いはない。
余談だがアニメ版の『らき☆すた』では飲料水のCMでハルヒがゲスト出演してたりアルバイトでこなたがハルヒのモノマネを披露したり自室にみくるのフィギュアが飾られている等ハルヒ絡みのネタが多く、それを意識してかハルヒ達が『らき☆すた』のキャラクターっぽくなるカラーもある。
長門は声繋がりで岩埼みなみ、みくるは作中で彼女のコスプレをしていたパティ、ハルヒは黄色いリボンという共通点から柊つかさの配色になる。ちなみに、こなたは髪の色が原作寄りになっている。
T's氏と柊竹梅氏もいくつか制作している。

ストーリー動画にも多く登場ているが、何故かそれ以上におっぱい関連の大会への出場が多い。
上記のけしからん要素のせいであろうか。
一応、健全な大会では人間弾幕チームとして春日舞織キャプテンコマンドーと組んだり、薫やこなたとCV平野チームを組んだり、SOS団として大将を務めることが多い。
ちなみにタクアン和尚との専用イントロもある。

汚レ猫(現・にゃんちゃ)氏製作

現在フリーティケットシアター終了によるリンク切れで入手不可。
なお、汚レ猫氏のハルヒもMELTY BLOODの女性キャラのドットをベースにしている。
システムもMBに近づけてあり、アークドライブとアナザーアークドライブも実装されているが、
ラストアークは未搭載のまま製作が打ち切られた。

同氏の制作した他のキャラにもストライカーとして搭載されている。


ゆ~とはる氏製作

2017年12月26日公開、この時点で『正式に入手可能な唯一』のハルヒである。
チョイヤー氏製作のハルヒを氏の了承で改変したもので、正式名称が「超改変版・涼宮ハルヒ」となっている。
試合開始前に「A」or「B」のどちらかのモードを選択可能で「Aモード」がオリジナル版のチョイヤー氏準拠で「Bモード」がゆ~とはる氏独自のアレンジ版となっている。
デフォルト状態は「Bモード」となっている。

超改変版というだけあって、とてつもない量の追加要素がある。

長門、みくる、こなた、シャナ等の各ストライカーにクライマックスアーツが搭載、ライブアライブのアンコール発動(追加入力)、放課後ティータイムの楽曲追加等のオリジナルからある技のほとんどが何等かの追加・変更がある。

他に、閉鎖空間(ハルヒと佐々木の2種類)の搭載、古泉の超能力、キョンや朝比奈みくる(大)によるアシスト、宇宙人・未来人・超能力者を次々と呼び出す技「ただの人間には興味ありません」、条件が揃うと発動可能になる自爆技「涼宮ハルヒの消失」等ハルヒならではの追加要素も充実。

また、原作小説の最新刊である「涼宮ハルヒの驚愕(後)」までの要素が搭載されており、ヤスミや佐々木、藤原、周防九曜、橘京子等の対極者達の演出も搭載されている。

システムは電撃文庫 FIGHTING CLIMAX仕様となっており、メタ世界(閉鎖空間)、援軍(古泉召喚)、北斗七星ゲージ(一撃必殺技)等他ゲームの要素も多い。

特筆すべき点は何と言っても、莫大な数の特殊やられ対応技を搭載している事であろうか。
謎ジャム王家の裁き、メタ返し他、既存の特殊やられが各種ボタンで次々と表示できる技もある。
簡易的な特殊やられチェッカーにも使えるという氏の宣言通り、大体の特殊やられ対応が手軽に確認できる。

既存の特殊やられの他、バットでホームランされ画面奥に吹っ飛んで星になったり、ライブのアンコール演出で好きな楽曲を演奏する技、スーパーロボット大戦風の戦闘演出他多数のハルヒ独自の特殊やられ対応も充実している。

イントロ開始時に相手によってSOS団の面々が反応?する「遭遇システム」というものが搭載されており、これが表示されると特殊なメッセージと共にパワーゲージがほんの少し増える。

その種類はざっと確認しても非常に多く、宇宙人、未来人、超能力者はもちろん、スタンド使用者、ネスツ改造クローン人間警察プリキュアペルソナ使い、はたまた「ジャンプ力ぅ…」等のネタもあり、とても探しきれない程。

AIは「Aモード」のみ対応で改変元の仕様そのままであり、「Bモード」は未搭載となっている。
なお外部AIに関しては「Bモード」のみ受け付けており「Aモード」については不可となっていたが、後にチョイヤー氏御本人からOKが出たので両モードで可能となった。
特殊やられや演出が豪華になったことでデータ容量も倍以上に重くなっている点に注意。

余談だが、涼宮ハルヒの消失が発生した日と同じ12月18日頃からハルヒの公開日までゆ~とはる氏のサイトがその名の通り消失していた模様。

出場大会

+...
シングル
タッグ
チーム
その他
wikiにページ無し
更新停止中
凍結
削除済み

出演ストーリー

+...