ファラン

「お前、遅ぇんだよ」

3D格闘ゲーム『鉄拳シリーズ』の『3』から登場するキャラクター。漢字表記は「花郎」。
赤い悪魔の力を奪ったラスボスではない。
名前:花郎 (ファラン)
キャッチコピー:ブラッド・タロン
国籍:韓国
格闘スタイル:テコンドー
年齢:21歳(5時点)
身長:181cm(3時点)
体重:68kg(3時点)
血液型:O型
仕事:ストリート詐欺集団のリーダー
趣味:ヨットセイリング(スポーツは万能)
好きなもの:ロックと喧嘩(口喧嘩も結構強い)
嫌いなもの:三島流喧嘩空手風間仁
CV:(4まで)
  オム・サンヒョン(5~)
  前野智昭(スト鉄日本語ボイス)
  クリス・リカボー(スト鉄英語ボイス)


原作でのキャラクター

格闘スタイルはテコンドーで、『鉄拳2』から登場したペク・トーサンを師匠に持つ。
初登場時は普通の美形だったのに段々クセが強くなってきている。仁とは正反対だ。

その実はストリート詐欺団を率いる不良誰かさんに会ったら教育的指導は免れられないだろう。
というかそれは「仕事」ではない。
その詐欺の手口は、
  • 通行人に賭けストリートファイトを持ちかけ、見物人を集める
  • 見物人に勝敗の予想を賭けてもらう
  • はじめわざと苦戦してみせ、見物人に相手が勝つほうに賭けさせる
  • 掛け金が十分集まったところで、いきなり全力を出して相手を倒してしまう
というものである。金返せ!なんて言えば暴力が待っている。こうした手口で金を巻き上げているのである。
(ちなみに、鉄拳4からはストリートファイト詐欺についての話は一切出てこなくなった
 …が、ストクロの設定を見る限りでは、忘れられた訳ではないようだ。なおあちらのテコンダー(悪)との関係は不明。
 某国に配慮したのだろうか?そりゃこんな設定付けりゃ怒るよな

同じく『鉄拳3』から登場した風間仁とは過去に引き分けた因縁があり、彼の再戦を期待して度々THE KING OF IRON FIST TOURNAMENTに参加している。
『鉄拳4』では徴兵制による兵役の最中だったのに脱走して大会に参加している(結局大会後には軍に連れ戻された)。
『鉄拳6』では前回仁に勝利したかに見えたが、デビル化した仁にボロ負けしたとされ、再度ペクの元で修行に励んだ。
ちなみに仁は「すっかり遠い存在」になってしまったらしい。……ああ、羽が生えてビームまで出てしかも世界を相当支配してる財閥の頭首じゃあ仕方ないな
でも再戦を目指す。『3』の時は対等だったのに。
同じく『鉄拳6』のシナリオキャンペーンモードでは、なぜか公式ストーリーには一言も書いてないのに三島財閥に対抗するレジスタンスのリーダーになっている。
ちなみにサブリーダーはペク。仁に「お前がリーダーだったとはな、道理でまとまりがないわけだ」とボロクソに言われる。
でも仁に「こんな世界をお前は本当に望んでいたのか?」と言う仁を心配?してるらしい台詞が一応ある。


原作での性能


メインとなる2つの構え「左構え」「右構え」と、特殊構え「レフトフラミンゴ」「ライトフラミンゴ」の
4つの構えを駆使して戦う、『ストZERO』以降ののようなキャラクターである。
ファランに限らずほとんどの鉄拳のキャラクターは複数の構えを持っているが、
大体はメインとなる構えとおまけのような特殊構えを持っているだけで、特に構えを立ち回りで意識する必要はない。(技後の特殊構えの移行も任意の場合が多い)
しかしファランの場合は、メインとなる構えがもともと2つある。
左右の構えから出せる技のコマンドが全く異なり、特定の技を出すたびに構えが強制的に入れ替わる。
そのため単純にキャラ2人分の技を覚える労力が要求される。

その代わりに、構え移行をマスターすれば他キャラとは比較にならない数のコンビネーションを生み出すことができる。
ガード後の有利不利がとても分かりづらいため、ファランをよく知らない相手なら、どこで割り込めるか全く分からせず一方的に攻め続けることができる
逆にファランをよく知っている上級者が相手の場合は、コンビネーションを相当工夫する必要がある。
どうしても崩せずに中距離で待ち気味になることも少なくない。
キャッチーな見た目に反して大変マニアックな性能のキャラクターとなっている。そのため使用率もあまり高くない。

ちなみに師匠のペクはメインの構えは右と左に分かれておらず、フラミンゴに特化したキャラとなっている。
ファランより扱いやすい分、ファラン以上に攻めのネタを読まれると厳しいキャラに仕上がっている。
この二人は同門かつ師弟関係のくせに同じ技はほとんど持っていない。ペクは一体どんな教え方をしたんだろう…


MUGENにおけるファラン

Silver氏製作のものが存在する。
現在の完成度は50%との事。
見た目は3Dキャラを加工して作ってあり、動作は『鉄拳3』を元にしている。
その為、各種技のコマンドもいわゆる波動昇龍コマンドではなく、3D格ゲーでよく使われるボタン⇒ボタン形式のコマンドとなっている。
AIは未搭載。

+ ファランの対戦動画

+ おまけ

出場大会

  • 「[大会] [ファラン]」をタグに含むページは1つもありません。