リビングアーマー

テイルズオブエターニア』に登場した敵キャラクター。
「生きている鎧」という名の通り、中身の無い全身鎧が剣を構えているという外見のモンスター。
クリアデータ及び2周目データで入れるようになる隠しダンジョン「ネレイドの迷宮」の4Fのボス。
1580 という異常に高い攻撃力*1と、全ての属性攻撃(物理攻撃除く)に対する耐性を持つ。
また、お供にビッグフットを1体引き連れている。
ただしHPに謎のバグがあり、戦闘難易度をあげてもHPが変化しない。*2
リッドならお供を「空破絶掌撃」で押し込み、隣接してガード→「鳳凰天駆」→「緋凰絶炎衝」の繰り返しで楽勝。
ファラも「鷹爪落瀑蹴」→「獅子戦吼」でかなり押せるが、間合いを読み違えると「弾割」で瞬殺されるので注意。

他のキャラクターは正攻法で戦うしかない。特に術士のキール&メルディと鈍足のフォッグは苦しい。
なお、チャットは公式チート技である「エターナルスロー」を使えば(レベルにもよるが)封殺する事も可能。
15:20頃から

『テイルズオブシンフォニア』にもEXダンジョン「禁書の記憶」の最下層ボスとして登場(移植版は15Fボス、つまり前座扱い)。
本の封印を破り、現実世界を支配しようと目論んでいた。
見た目は『エターニア』登場時よりもゴツくなっており、相変わらず攻撃力も高い(別の隠しボス、アビシオンとほぼ同格)。
しかも中級晶術を待機時間ナシで発動させるという鬼畜っぷりで、生半可な準備では刃が立たない。
…が、この作品のリビングアーマーは攻撃が闇属性のため、耐性を上げてしまえば
一切の物理攻撃を無効化できる。魔界の王(笑)
ちなみに移植版だと一部の攻撃モーションに「砕け散れ!!」などの台詞めいた技名がつけられている。


余談だが『エターニア』体験版のボスとして登場し、無理ゲーを披露した。
当然体験版相応の能力に抑えられてはいたものの、彼(?)が製品版では隠しダンジョンの中ボス格だとは誰が予想できただろうか。


MUGENでのリビングアーマー

y.y氏が制作したものが存在。かなりサイズの大きいキャラクター(ラオウくらい)。
通常技は蹴り・斬り・突きの3ボタン式。必殺技も複数ある。
典型的なアーマーキャラであり、攻撃を受けても仰け反りモーションが無い反面、ジャンプができない。
カラーが6Pまであり、ブラックカラー(5P)とゴールドカラー(6P)はアッパー性能になる。
青村氏によるAIパッチが公開されている。
攻撃頻度などを調節できるが、元々の性能が高いため、自重無しにすると凶クラスの強さを発揮する。
現在キャラはDL不可。

またニコロダに上記のものを改変したキャラがアップされた。
アーマーの仕様が変わりのけぞりやガードが出来るようになっている。
原作のステータスに合わせて attackが1580 にされており普通のキャラならあっという間に倒されてしまう。
また lifeが200000 あるが defenseは1 であるため実質lifeは2000。
それでも上記のattackの高さから凶以上である事は間違いないが並~強キャラでは無理ゲーかというとそうでもなく
のけぞるようになっている為ある程度倒し易くなってはいる、というかステータスを普通にしたら改変前より弱い。
特殊カラーが強化されている他、デフォでAIも入っている。

出場大会

出演ストーリー



*1
2位の1.7倍強、同フロアのザコ敵の3倍強 の脅威の攻撃力で
こちらのレベルに応じて超強化される同ダンジョン最深部のボスを除けば全モンスター中1位。
ちなみに2位(攻撃力 900 )は 序盤で普通に登場する雑魚モンスターである

*2
正確には最大HPは上昇しているが、戦闘開始時の現在HPが全難易度固定で10万となっている。
ある意味戦闘開始時にHPが減少したまま登場する唯一のモンスターといえる。



添付ファイル