翠星石

「おととい来やがれですぅ」


キャラクター紹介

PEACH-PITの漫画『ローゼンメイデン』の登場人物。「すいせいせき」。
アニメでの声優は『涼宮ハルヒの憂鬱』の朝倉涼子や『戦国BASARA』のかすが役でおなじみの桑谷夏子女史。
ドラマCD第1作では『テイルズオブシンフォニア』のコレット・ブルーネルを演じた水樹奈々女史。
奇しくも某アニメでパートナーだった人達である。

「ローゼンメイデン」シリーズの第3ドール。蒼星石の双子の姉。
長女と違ってアリスゲームには否定的であり、「他の姉妹のローザミスティカを奪う位なら自分はアリスになれなくても良い」と告げた事も。
妹である蒼星石とはとても仲が良く、(能力的にも)『二人で一人』と思っている節がある。
一人称は基本的には「翠星石」、稀に「私」。語尾に「ですぅ」(あるいは単に「です」)を付けるのが特徴。タラちゃんとかいうな
毒舌家で、しかもツンデレの気がある。毒を吐くときも必ず語尾は「ですぅ」となる。
しかしアニメ版ではキレた際に「人が下手に出れば付け上がりやがってぇ!」などという暴言めいた発言もしている。
更に人間嫌いで、計算高く高飛車な為、桜田ジュンから「性悪人形」と呼ばれている。その癖、臆病で人見知りな為、蒼星石の後ろにすぐ隠れてしまう。
アニメ版だとジュンの影響で、人見知りはあっさり直っている。
登場当初はそのキツイ性格によってジュンとの仲は険悪でほとんど喧嘩ばかりしていたが、ジュンの命を懸けてまでドールを守ろうとする心のうちの優しさと強さに惹かれていき、
後半ではジュンの一挙一動に一々反応を示すような描写も見られた。ここまでくるとテンプレだろう。
しかし契約後も相変わらず喧嘩は絶えず、当のジュンは真紅に対して特別な感情を抱いている様子も合って
二人の仲を嫉妬するような場面も多い。念のため言っておくがヤンデレ要素は皆無です。
サウンドトラックの蒼星石が言うに実は、 真紅自身もいつもジュンと遊んでいる翠星石と雛苺に対して嫉妬しているとのこと。
なんというドロドロ三角関係姉妹。 仲は比較的いいけど。
よく、雛苺を小馬鹿にしておちょくっているが、水銀燈の攻撃から身体を盾にして守ったり、彼女が停止した時は取り返そうと発言したりと、本気で嫌っている訳ではないようだ。
アニメ版では金糸雀も庇っている。つまり、姉妹に対してもツンデレ。

服装はオランダやベルギーの民族衣装のような深緑のロングスカートのエプロンドレス。アニメではフリル部分がかなり省略されている。
容姿は目の色が蒼星石同様オッドアイで、右目がルビー色、左目がエメラルド色で蒼星石と逆である。
原作では二人の目は本来ルビーの目のセット、エメラルドの目のセットだったのを双子で一つずつ分け合ったとなっている。
制作途中でローゼンが入れ間違えたのではない。
髪は床に届く程の茶色のロングヘアで後ろで二つに分かれてロールしており(ちなみに登場初期では髪のロールは複数本あった)、白い三角巾のようなヘッドドレスを被っている。

人の心に育つ「心の樹」を成長させる「庭師の如雨露(じょうろ)」を持つ(心の樹に過剰に栄養を与えて腐らせ、その人の心の成長を妨げ記憶に縛り付けることもできる)。庭師の如雨露を持つことからファンの間では「庭師姉妹」等と呼ばれることもある(妹の蒼星石大きな鋏を持っており、分業してる為)。
人工精霊はスィドリーム(薄緑)で、庭師の如雨露を出して水を入れたり、夢の世界への扉を開いたりする。
戦闘面でも庭師の如雨露によって心の樹の枝を成長させ攻撃、防御を行う。
戦いに対して否定的な彼女ではあるが、ジュンとの契約後は薔薇水晶相手にまともなダメージを与えており
最終決戦時にも、真紅水銀燈薔薇水晶、と言った武道派組がそろってる中、必死に金糸雀をかばい続けていた。
世にもめずらしい如雨露を鈍器として使う格闘戦術を駆使して、水銀燈相手にもそこそこの善戦を見せ、
好戦的ながらも上述した水銀燈薔薇水晶にまるでかなわなかった双子の妹にくらべ、中々の実力がある模様。戦闘力は低いけど。

人気の高いローゼンメイデンの中でもトップクラスの人気を誇り、アニメ第1期人気投票で準優勝、アニメ第2期人気投票では見事優勝している。
水銀燈の「水銀党」に対して、彼女のファンの集まりを「 翠星会 」と呼び、ローゼンメイデンにおける二大派閥だとか。

余談だが、翠星石を演じた桑谷夏子氏は慇懃無礼さを取り除けば 「普段の彼女と大差のないレベルの毒舌キャラクター」  としてしばしば取り上げられている、なんなんだこの声優

翠星石が主役の二次創作での主な扱いは二者択一で、ツンとデレの割合が入れ替わってデレデレになる場合と、
真紅達への嫉妬から、上記の「心の樹」を使って洗脳したり、鬱展開だと蒼星石を利用して用が済んだら手をかけることも…。
嫌がっていたアリスゲームを自分から仕掛けて他のドール達を葬ったあと、JUMと二人だけの世界へ…等のになる場合のどちらかである。

蒼星石と雛苺に比べて極端なキャラ崩壊は少なく、エロ展開もJUMの靴下の臭いをかいだりパンツを被ったりする程度。え?大して変わらない?
なに、気にすることはない

他にもやる夫スレでは、黎明期の有名ストーリーで起用されたことやツンデレ、人気キャラ、表情豊か=AAが多い等の理由から、メインヒロインを演じることが多かった。
YYS (やる夫・やらない夫・翠星石)はやる夫スレをやる上での一つの定番メンバーと呼ばれたこともあった。
また、Sには同じくやる夫スレで人気の高い蒼星石や水銀燈が入ることもある。
ただし、やる夫系が盛り上がり作品が増えるにつれて所謂「駄作」と呼ばれる作品や完結せずに放置される作品も多くなっていた。
そんな中でヒロインポジの常連であった事から「翠星石がヒロインの作品は地雷やエターなるが多い」という風評被害を受け、
YYSが死語と化し風評被害が風化した現在も、ローゼンキャラ以外のAAも増えて好きな配役ができるようになったこともあり、脇役も含めて他キャラより出番が若干多い程度のポジションに収まっている。

また「アニメ『ローゼンメイデントロイメント』OPの『聖少女領域』のピッチを上げると翠星石の声に聞こえる」というネタがあるのだが、
この際なぜか副次的に 曲がストIIのバルログステージのBGMっぽくなる という現象が発生する。
音程などは全く別なのだが、イントロ部分などは妙に合う不思議。

「健やかにィ~ のびやかにィ~ 緑の葉っぱをキラキラ広げて…!」

(以上、wikipediaより一部抜粋、改稿)

MUGENにおける翠星石

ドロウィン氏製作のコンプゲー『Rozen MUGEN traumend』のものが存在した。
現在はフリーティケットシアター終了によるリンク切れで入手不可。
コンプゲーの中では、飛び道具(設置型)、突進技、対空技を備えたスタンダードタイプ
超必殺技も、必殺技の上位互換のモノから、全画面判定のモノ、ネタ要素に走ったモノまで様々。まさにドロウィンクォリティ!
また黄金の仮面伝説の投稿者であるikuiku氏によってAIパッチが製作された。
遠距離では樹を出しまくって近づかれたら対空で落とす感じのAIとなっている。タッグだと強い。
なおこのAIパッチは初期のAIの記述ミスがありMUGENが落ちる可能性があるためデフォのdefファイルからPal1~12をコピペすれば直るとのこと。現在は修正版が上がっているので問題がある人はもう一度ダウンロードしてください。

原作ではローザミスティカを取り込むことでその能力を得られることからアーケードモードでは倒したローゼンメイデンから得た技を使えるようになり、翠星石の場合は如雨露で水を撒きながら雛苺の轍を発生させたり、水銀灯の黒い羽で対空攻撃ができるようになるものの判定が狭いため需要は少な目。
この仕様はアーケードモード限定で、通常の対戦ではおろかトレーニングで使うこともできないため、この仕様について知らない人も多く、常に使えるようにするにはCMDファイルの該当する記名を編集するしかない。

蒼星石タッグを組むと真価を発揮し、イントロも変わる。
柊・竹・梅氏によるカラーパレット某メイドロボカラー、某未来人?っぽいカラー)も公開されている。

プレイヤー操作


そして、DESU-CHANという謎の凶キャラが海外で制作されているが、そのままでは削除対象なので、動画用に削除対象箇所をオロチの顔で隠したものが一時的に公開された。

中身はコイツのようである。
現在は入手不可能。

出場大会

第3回遊撃祭(蒼星石と共に参戦、DESU-CHANも)

出演ストーリー



「言葉にできる寂しさは誰かが慰めてくれます
    言葉にしない悲しみは自分で乗り越えていくしかないのです」