長門有希


「……ユニーク」

谷川流のライトノベル、「涼宮ハルヒシリーズ」のメインキャラの一人。「ながと ゆき」。
文芸部長(彼女一人しかいない)兼SOS団ヒラ団員その2。
部室を探していたハルヒに文芸部室を乗っ取られ、部室ごと強制入団させられた。
見た目はショートカットの無口な少女(谷口曰く「Aランクマイナス」。愛想はともかく中々の美少女らしい)。
読書家で、いつも黙々と部室で本を読んでおり、授業に出席している様子がまるで無い謎の女子高生。
…まぁ、これは語り手であるキョンと別クラスであるためなだけで、授業の描写がないのは古泉みくるも同じであり、
事実文化祭ではクラスの出し物にしっかり参加している。
自発的に動くことは少なく、動くときは無駄を省いたやや機械的な合理的行動を取る。

TVアニメ版のCVは『らき☆すた』の岩崎みなみ、『みなみけ』の千秋でおなじみの茅原実里。

+一応原作ネタバレ
その正体は、地球外の存在である情報統合思念体、いわゆるが涼宮ハルヒを観察するために作り、
送り込んできた、「対有機生命体コンタクト用ヒューマノイド・インターフェース(以下TFEI)」の一体。
人間の中で生活するために人間そっくりに作られている。一種の人造人間とも言える。
なお、宇宙の思念体といっても宇宙意志とか宇宙の支配者とかとは特に関係ない。多分。
上述の無口・やや機械的な面、そしてその正体や原作での後々の展開など、ぶっちゃけいわゆる綾波系。
原作者も綾波を意図しており、「長門」という名前も綾波と同じく日本海軍の軍艦が由来である。
その他にも『スタートレック』シリーズ最強最悪の敵・ボーグや、同シリーズのトリックスター・Qの影響も非常に色濃い。

あらゆる法則・世界そのものをねじ曲げるハルヒほどの力はないものの、
彼女も情報操作能力を持ち、人間の常識レベルで考えればほぼ万能と言える能力を持っている。
しかも、やろうと思えばハルヒの力を自分で使う事も出来たりする。
また、能力を使わなくとも知識量や身体能力は十分に高い。
不必要な行動をしないため無口・無愛想ではあるが、ここぞという場面で活躍するので、
ハルヒやキョンからの信頼も厚い。(ハルヒは彼女が宇宙人である事実を知らないが)
最近は本人の意思により意図的に能力に制限をかけている他、半ば便利屋的な立場である彼女に負担をかけすぎた事が、
「涼宮ハルヒの消失」における事件の遠因となったため、キョンは極力彼女に頼らなざるを得ない状況を避けるよう心がけている。
(……が、結局彼女が手を出す事が多い)

一方で、人間とは異なる思考を持つ思念体に作られたものである上に、実年齢(稼動年数?)が3歳であるためか、
(ただし精神的には『エンドレスエイト』で2週間×15000回以上の時を過ごし全て記憶している)
感情面や常識面、善悪の判断には弱いところがあり、そのあたりはキョンや周りの人間がフォローしている。
彼女自身もそれを自覚しているようで、キョンが言うことには素直に従う。
万能であるのに、この出過ぎないところが人気の秘訣だろうか。
また、作中の時間経過と共に徐々に人間らしい情緒も持ち始めていることも魅力の一つである。
無表情系ヒロインのお約束だが。「笑ったら良いと思うよ
彼女がメインキャラとなるエピソード、「涼宮ハルヒの消失」も原作屈指の人気を誇る。

今でこそキョンが最も頼りにし、その感情なら完璧に読み取れると豪語するほどの関係だが、
実は、物語初期の時点ではキョンが最もぞんざいに扱っていた人物でもある。
ある話の中では部室にやってきたキョンが、ハルヒと長門の両者が先に来ていたにも関わらずハルヒにだけ挨拶し、ハルヒにそれを咎められたところ、
長門は部室の付属品だからいてもいなくても同じ。だから挨拶なんてしなくてもいい
などというとんでもない暴言を(おそらく心の中で)吐いている。
『消失』後の話でもキョンは長門に対する最初の印象は「部室のアンティークドール」だったと回想している。
今では「知り過ぎてしまったんじゃないかと後悔している」と冗談交じりに語るほどの関係だが。
ちなみに、『消失』後、キョンは何かと長門を気にかけるようになったため、ハルヒに「有希と何かあったのか」と真顔で問い詰められた事がある。
基本的にハルヒはキョンがみくるか長門に手を出していると判断したら激怒している(事実、この直前のエピソードでキョンが長門にラブレターを出したと
思いこんだハルヒは激怒している)事を考えると、彼女をして真剣に訊ねざるを得ないほどの関係に見えたようだ。

無口無表情と感情の希薄さがわかりやすいために、この特徴がTFEIの中でも長門特有のものと思われがちだが、
『消失』の中で彼女自身が自発的な衝動(キョンは『感情』だと考えた)をバグと捉えていたり、
他のTFEI達がどのような状況であっても返って異常なほど平素と変わらなかったりといったことから、
そもそもTFEIというものが自我に乏しい存在なのだと考えられる。
古泉は長門と朝比奈みくるはハルヒが好みそうな性格に設定されているのではないかとも言っている。

作中でも1、2を争う人気キャラ。
本来のヒロインであるハルヒはその能力で事件を起こすきっかけになる一方、
自覚がない(というか自覚されては困る)ために解決の場に居ないことも多く、
長門と並ぶサブヒロインであるみくるは事件の解決には役に立たない事の方が多い。
それに対して彼女はその力が事件解決の糸口になることが多く見せ場も多い。そのため第2のヒロインとも呼ばれている。

その人気故か、二次創作では最も弄られやすいキャラでもあり、
公式ギャグ漫画の「ハルヒちゃんの憂鬱」ではキョンに「自分のキャラを見直せ」と突っ込まれるほどハンパなくキャラ崩壊し、
同作者の公式ラブコメ漫画「長門有希ちゃんの消失」に至っては、「少し内気で普通の少女」という原作とは全く異なるキャラになっている。
また、二次創作してもセリフに困るのか「ユニーク」という言葉が使われがちだが、これは別に長門を代表するセリフというわけでもなく、
キョンとの初めての会話で読んでいる本の内容を聞かれた際、おそらく面倒くさかったため一言で答えただけの言葉である。
もちろんこれ以降言ったことはない。
ただ、意外にも谷口を「面白い人」と言った事がある。

+『ハルヒちゃん』版の長門
その「ハルヒちゃんの憂鬱」ではキョンが部室にいくと一人でエロゲー(妹モノらしい。
原作では一般作の可能性も残されているが、アニメ版ではモザイクまで入っていた)をヘッドホン無しでプレイしており、
キョンに「面白いか?」と聞かれて「ユニーク」ではなく「興味深い」と非常にイキイキと答えるなどしている。
その際キョンに貰ったヘッドホンを現在までずっと使用している。
ゲーム、アニメ、特撮などが大好きであり、休日は徹夜でゲームは当たり前とかなりのヘビーゲーマーであり、
ヒロインや怪獣のコスプレすらも平気でこなしてしまう。そのためPCが駄目になると異常なほどのダメージを受ける。アニメではうめき声まであげていた。
また、ゲームを封印されると段々雰囲気が重くなり、ぶっ倒れたり目が死んだりする。
ギャルゲーをプレイしてBADENDになった際、キョンが「長門は合理的な選択肢を選ぶだろうからそういうこともあるだろう」という旨の発言をしている。
…ぜひ彼女にあのゲームをプレイしてもらいたいものである。
自分でゲームを作る事もあり、自分たちを攻略可能なギャルゲーを作った事もあるが
何故か新川さん(古泉の所属する『機関』のナイスミドル)ルートがあったり長門ルートが「消失」だったりする。
余談だがこのゲームの攻略対象は10人いて、キャラソンのVol7までの女性+森さん+新川さん+?(一説では古泉)となっている。
なお、ハルヒちゃん作中で「消失」の事件が発生した際も、性格は原作「消失」に近づきつつもやはり隠れゲーマーだった。
(「消失」の終盤に当たる場面で話が終わってしまったので、事件の原因が長門なのかは不明
というか、キョンからして弁当食べながら「やっぱ消失か!」とぼやいてるし)
現在は復活した「あちゃくらさん」と自分で作った風船生命体の「キミドリさん」との三人?暮しであり、
家事は主にあちゃくらさんが担当しているが、あちゃくらさんが二頭身で小さいため大抵は長門が抱えたままで家事をさせている。
あちゃくらさんを弄るのを楽しんでおりよくキレられるも、モノで釣ったりして仲直りするなどそれなりに仲良く暮らしている。
なぜかあちゃくらさんが行動を起こすたびに「おおっ」と反応する。
キョンの夢の世界では「富士泉」、「鷹屋さん」にならんで「ナストラップ」として登場している。
二度目の登場の際にハルヒの力の影響を受けた妹ちゃんを戻した際に「ナス長門」へと進化して、
その後のラフ画で私はまだ進化の可能性を二つ残していると発言している。
原作長門との大きな違いとしては、「家では私服」であり、またキョンにむくれたり、あちゃくらさんにボケにつっこんでもらえず照れたりと非常に表情豊か。
ついでに私服のバリエーションは意外と多く、
下手したら自宅での様子がほとんど描かれない(長門以外でまともにあると言えるのはキョンくらい)他のメンバーよりも豊富である。
でも何故かアニメ版では常に制服だった。面倒だったのだろうか?
また一度、キョンを除いた部員の性格が入れ替わり、長門はハルヒのような活発さを手に入れて
表情豊かでおしゃべりになった(他は長門のような古泉、古泉のようなみくる、みくるのようなハルヒ)のだが
他のメンバーの変化にはやや戸惑う程度だったキョンを以ってして「あ、ダメだ。ここだけ違和感どころの話じゃない」とまで言わしめた。
アニメ版では谷口の代名詞である「WAWAWA」をまさかのリスペクト、朝倉さんがキョンを殺すためにキョンに突撃していく所に、
「WAWAWAと言いながらドアを開ける動作で朝倉さんが作った空間に入り込む」と言う事をやってしまった。
因みに入る時に朝倉と頭がぶつかって、勝負は原作通り頭突き一発で終わった。
かなり痛かったらしく、心配するキョンに涙目で「大丈夫」と答えたりもしている。
因みに原作ではキョンと朝倉の間に入ろうとしてコケてしまい、コケる勢いのまま朝倉の頬に強烈な頭突きをかましている。
長門が痛がらなかった事もあってキョンはむしろ朝倉を心配する状況になっている。

+『長門有希ちゃんの消失』版の長門
スピンオフ作品である『ハルヒちゃん』を更にリビルドした作品『長門有希ちゃんの消失』では、
今までのサブヒロイン扱いから躍進、主人公(メインヒロイン?)となった。
図書館で知り合ったキョンに好意を持ち、彼を文芸部に誘う……という序盤の展開自体は原作『消失』と同じだが、
この作品には神・宇宙人・未来人・超能力者などが登場せず、キョンにも帰るべき「元の世界」が存在しない為、
健気なアピールを行う長門と朴念仁なキョンの、慎ましく穏やかな恋愛模様が展開される。

本作に登場する長門は上記の『ハルヒちゃん』版の『消失』長門をベースにしたごく普通の女子高生に過ぎず、『消失』版なので眼鏡は外していない。
性格は内気でマイペースな天然ボケ。趣味は読書ではなく『ハルヒちゃん』と同様にゲームである…のだが、 実は良くプレイするゲーム機は違う
(『ハルヒちゃん』の長門はノートPCを肌身離さず持ち歩いてるが、『長門有希ちゃん』の長門は携帯機ゲームを肌身離さず持ち歩いている)
生活能力は極めて低く、殆ど母親同然の存在である朝倉に世話を焼かれながら暮らしている。

なお、この作品の話数カウントは『Epilogue ○(話数)』となっているが、これは誤植ではなく、
「ハッピーエンド後のエピローグを描く」というコンセプトを反映しているらしい。
ただし、2巻では文芸部に乱入してきたハルヒがキョンに好意を持ってしまったり、
4巻では長門が自動車に轢かれかけて記憶障害を起こし、別人格に入れ替わってしまうなど、
「エピローグ」とはいえ、物語は割と波乱に満ちている。

+別人格の長門について(以下ネタバレ)
事故のショックで記憶障害を起こした長門の脳内で生まれたもう一つの人格。
過去の記憶自体を失ったわけでは無いが、それを自分のものとは認識できない状態とされる。
表情豊かでゲーム好きな普段の長門とは異なり、言動は寡黙で無表情。
そして無類の本好きになり、その様子はあたかも原作の長門が憑依したかのようである。

本来の長門がキョンに抱いていた想いを知っており、当初はそれを「私には分からない」と感じていたが、
キョンや朝倉との生活を過ごすうちに、別人格の長門自身もキョンへの恋心を抱き始める。
しかし、それを自覚した直後、睡眠を取る度に記憶が統合されること、そしてあと一回眠れば自身が消える事に気付いてしまう。
最期は親友である朝倉と穏やかな一日を過ごし、想い人のキョンに想いを告げ、返事を聞かないまま「消失」した。

しかし、キョンは本来の長門に対して別人格の長門への返事を告白しており、その想いが伝わったような描写がある。
また、この一連の物語は、不遇な結末を迎えた原作『消失』世界の長門への救済のような側面もあり、
アニメ版の主題歌『ありがとう、だいすき』は、劇場版『涼宮ハルヒの消失』主題歌『優しい忘却』への返歌とも言える。

+そして……(以下ネタバレ)
単行本第7巻で描かれた二度目のクリスマスパーティの最中、本来の長門もキョンへの想いを告白。
キョンがそれを受け入れたことで、二人はとうとう名実ともにカップルとなった。
原作の続刊が出ないせいで、先を越されてしまった原作メインヒロインは泣いていい。

この「長門有希ちゃんの消失」も、2015年4月よりアニメ版が放映されている。

+中の人・みのりんについて
茅原実里はファンからも残念な子と称され、ゴットゥーザ様とは別の意味で様々な逸話の持ち主。
どのくらい残念かというと「残念な子」でググるとトップに来るくらい。

中の人は長門やみなみとは真逆の性格で、かなり天然のアホの子ハイテンショントークが持ち味。
ラジオの収録中に黙々とお菓子を食べていたり、いきなりスタジオから出て行って行方不明になったり、二日酔いで収録中ほとんど寝ていたり、
KYだったり、一人ジェンガに興じたり、チロルチョコを布教するつもりで持ち歩いていても全部一人で食べてしまったりetc...
まさにユニーク。
長門で抱いた儚げなイメージを完膚無きまで粉砕するくらいダメっ子ユニークな人柄に、
ある人は現実から目を背け別人ということにしたり、ある人は残念な子萌えに目覚めたりと良くも悪くも個性的な人物である。
なお、本人の名誉のために言っておくとデビュー当時はアレだった演技力も上達しているし、歌唱力は結構高い。没個性的だけど。

……勘違いしないように言っておくとこれは茅原氏だけに当てはまる事ではなく、
その人の代表キャラと性格が殆ど同じ場合や敵役の中の人と、
劇中同様役者のタイプが正反対な場合なども場合もあるが、
普通は中の人とその人が演じるキャラクターの性格や人間関係は異なっていて当然のことである。
まぁ、その落差があまりにも激しすぎただけである。


MUGENにおける長門有希

いずれも手書きキャラである。

ドロウィン氏製作『長門有希』

アニメ版ハルヒ放送中から存在したキャラ。
MUGEN用長門の中では最も古く、この長門の影響でMUGENに興味を持ち、制作者になった人も多い。
残念ながら、現在はフリーティケットシアター終了によるリンク切れで入手不可。
メルブラモード北斗モードの2つのモードを選択でき、完成度も非常に高い。
どっかで見たような技も多いがメルブラモードのラストアーク、北斗モードの一撃必殺は必見。
性能のほうはヒットさせればコンボに、ガードされればコマンド投げでフォロー余裕な超高性能のスライディングに
相殺判定がある上に長時間滞在するストライカーなどかなりの高性能。
デフォでAIも搭載されているがかなり自重しているのか適当なのか程よい強さ。
スプーとの 対戦動画 は、見た覚えのある人も多いだろう。
AIインフレのせいか見かけなくなってしまったが、J・J氏により優秀なAIが公開され、
先述した高性能ぶりを遺憾なく発揮するようになったため非常に強くなった。
特に北斗モードではトキに匹敵するジョインジョインぶり。
というかトキにパーフェクト勝ちしてしまうこともあったり。

この長門でMUGENに目覚めた一人、柊・竹・梅氏が「岩崎みなみっぽくなる」カラーパレット
(岩崎みなみとして使いたい人のために)差し替え用のポートレートを公開中。

ドロウィン氏本人によるキャラ紹介動画。
213番と、MUGEN動画の中では二番目に古い。
  • お勧めコンボ(メルブラモード)
コマンド 備考
地上チェーン→2Z→(5Y→)4Y→jcJY→JZ→jcJY→JZ→J2Z 基本コンボ?空2Zはゲージがあるときは空投げ→214Zでも可。なお214Zからは着地後アークドライブ確定。
地上チェーン→2Z→(5Y→)4Y→jc(JY→)JZ→J2Z→214Z
→(最終段ヒットと同時に)4Y→jcJY→JZ→jcJY→JZ→J2Z
1ゲージ消費。浮きが低い相手にも入る。
地上チェーン→2Z→((5Y→)4Y→(JX→JY→JZ→)J2Z→214X→着地)×N 受身可能なお手軽永久。良い子はマネしちゃダメだぞ!
地上チェーン→2Z→((5Y→)4Y→J2Z→ADJZ→ディレイJ2Z→着地~)×N 受身不能な永久。良い子は(ry

i@氏製作『長門有希』

D4キャラであり、自作のエフェクトなどを使用している綺麗な長門。
公開先であったi@氏のサイトは閉鎖されてしまったが、現在は影氏のブログにて代理公開されている。
綺麗だけどスカートのガードが甘すぎてありがたみはない。だがそれがいい。
弱・中・強攻撃、シールド、パワー溜め、避けといった基本的なものを搭載している。
さらに波動昇龍突撃バスター投げ一撃必殺などあらゆる要素がてんこ盛り!
でもバランスは取れている。火力は標準程度で、ワンコンボでカンフーマンに3割程度か。
伸ばそうと思えば伸ばせる伸びしろはある(コンボの難易度は上がるけど)。
波動に当たる技は長門ショット(電磁砲)。発生、速度共になかなかで、かなり使い勝手がよい。
弱で前方に発射、中で後方に発射し画面の反対側から現れ奇襲、強で一旦上に上がり斜め上から攻撃とかなりユニーク。
弱と中で挟み撃ち、なんてことも可能。
また原作での仲間である朝倉涼子と喜緑江美里の両名をストライカーとして呼ぶことができる。
このストライカーには使用回数制限があり、ライフバーの下に青色と緑色の数字が並んでいる。
最初は5で、言うまでもなく青が朝倉で緑が喜緑。
一回呼ぶ毎に数字が一つずつ減っていき、ラウンド終了まで回復しない。
朝倉は召喚されると画面をジャンプで横切りながらナイフを二度投げつける。
喜緑は長門の周りを衛星のように回る3つのボール状のバリアを作る。敵や敵の攻撃に当たると消える。ダメージも与えられる。
また、これらのストライカーには1ゲージ消費&使用回数を2つ消費するEX版が存在する。
朝倉は「死にたくなかったら、頑張って避けてね」と言いながら光の腕で画面の端から端まで一直線に攻撃する。
台詞通り、味方を巻き込むどころかそのまま突っ立ってると発動した自分自身にも当たる。
二割ほど持ってかれるので頑張って避けてね♪
喜緑のEX版は回復。3~4割回復してくれる。
このように色々と凝ったストライカーだが、実は召喚してから技の発動までにタイムラグがあり、
この間にストライカーが攻撃を受けると何もせず引っ込んでしまう。「ざんねん♪」
一撃必殺技は「情報連結解除」。3ゲージ技で、発動するとライフバーの下に専用ゲージが現れる。
このゲージは自分が攻撃しているときは増減が止まり、相手に攻撃されている時は減少し、それ以外の時は増加していく。
ゲージがMAXになると、情報連結解除が「完成」し、相手がティウンして終了。
魅力的な技だが一度発動すると技の解除は出来ず、パワーゲージもたまらなくなるので逃げ回るしかない。結構辛い。
AIはひろゆき(笑)氏のものが搭載さている。また改変自由であるのでこれからの活躍に期待できるだろう。
ちなみに、この長門は行動する度に喋るため、視聴者達から「 うるさい無口 」と言われる事も。


汚レ猫氏製作の『長門有希』

シエルを改造したメルブラ仕様で他の長門同様ストライカーを呼ぶことができるのだが、
なぜか「世界のバランスを守るという使命の遂行を誓い、決意したツンデレ!」とかL5が発症したヤンデレ
自称新世界の神某社長だったりと統一性、関連性の皆無なメンバー(ニコニコ動画の繋がりだろうか?)が揃っており、作者らしいフリーダムなキャラである。
性能自体は意外と普通で、メルブラキャラの感覚で使えないこともない……のだが、ストライカーを使いこなすには相当の慣れが必要。
デフォルトAIのほかに、ZEC(蓬莱)氏によるAIパッチが公開されていたが、現在は入手不可。
こちらにも柊・竹・梅氏が岩崎みなみ風のカラー(他多数)を作っている。

2010年の更新で大幅変更。ストライカーが廃止され、システムも同氏の柊かがみなどと同じものに変更。
一部必殺技も変更・削除され、かがみと同じく「ファイナルアーム」を搭載。
AIも一応は残ってはいるようなのだが、変更についていないようで簡単なコンボしかできない模様。

2014年1月24日にejanho氏のAI(本体同梱)が氏のSkyDriveで公開された。
メルブラキャラも顔負けのエリアルや壁コンをガンガン決めてくる、例によってメチャ強AIである。


出場大会

シングル
タッグ
チーム
その他
削除済み
更新停止中
凍結

出演ストーリー