大覚ロボビッグファズ


コナミのアクションシューティングゲーム『魂斗羅スピリッツ』の3面に登場するボス。
骸骨のような不気味な姿の巨大人型ロボット。時期的に元ネタはT-800の骨格だろうか。
中ボス「兄弟ロボ ケニ1号&2号」を倒すと背後の隔壁を引き裂いて上半身が現れ戦闘になる。
攻撃範囲の広い火炎放射や反射レーザーを使い、時限爆弾をばら撒いて画面奥に引っ込むという行動パターンを繰り返す。
外見に加えてこの登場シーンと倒したときの首チョンパのインパクトが強く、印象に残る敵。

ニンテンドーDSソフトの『魂斗羅 Dual Spirits』では6面ボスとして、
海外限定発売された『C: The Contra Adventure』では最終ステージの中ボスとして登場するが、
どちらも『スピリッツ』と比べるとかなり弱体化している。
首チョンパはお約束としてやってくれる。


MUGENでは

OMEGAPSYCHO氏により「CyberSKELETON」という名前で製作されている。
専用ステージBGMも同梱。
登場イントロとKO時のアレもしっかり再現されているが、攻撃技は原作とはほぼ異なる他、頭だけでなく手にも食らい判定がある。
原作とは逆に、1度倒されると次のラウンドからケニ1号&2号が登場する。
また、鳥人間ガースなどの雑魚キャラも画面上に現れる。
なお、食らい判定が高所にあるにも拘わらず存在判定は地上に設定されているため、AIは頭を狙えない
挑むなら人操作がいいだろう。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm12759874

ちなみに4面ボス「対魂斗羅戦艦ドドリゲス」も-SyN-氏が製作している。

出場大会

出演ストーリー