ドラコ

この記事ではウルトラ怪獣について解説しています。
kihachi氏のストーリー動画については、「ドラコ!!」を参照してください。


ウルトラマン』の第25話「怪彗星ツイフォン」に登場した怪獣
別名は「彗星怪獣」。身長:45メートル、体重:2万トン。
武器は両手の鎌。素早い動きで飛翔して敵を翻弄する戦法を得意とする。
映画『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』においては、口から火球を吐くという攻撃方法を披露した。
また、後述のパワードドラコを除いて『ウルトラマンX』までウルトラ戦士と直接交戦する機会がなかった。

+原作ネタバレ
彗星ツイフォンが地球の近くを通過した際に地球へ飛来した宇宙怪獣。怪獣図鑑では彗星ツィフォン出身とされることも。
1本の短い角と巨大な翼を持ち、両手は鎌、体表は黒いタイルのような皮膚で覆われている。
日本アルプスの山中でギガス(雪男姿の「冷凍怪獣」であって、ワールドヒーローズの初代ラスボスではない)や、
途中から介入したレッドキングと戦い、ギガス相手には互角以上の戦いを繰り広げ、
レッドキングに翼を毟り取られ、飛べなくなったところを2体に徹底的に攻撃され致命傷を負わされても尚、
ギガスをダウンに追い込むなど奮闘するが、レッドキングから痛恨の逆エビを決められ落命してしまった。
副題と絡む肩書から25話の主役怪獣かと思ったら、まさかのかませ扱いである。

余談だが着ぐるみが完成した当初では右手は(ゼンマイ状に巻かれている)になっており、
実際ソフビやSD指人形等はこの状態で造形されている。
怪獣図鑑やムック等でも鞭の写真が採用されていることが多く、撮影時に鎌に変えられたものと思われる。
おそらく着ぐるみが使い辛かったのだろう(後のグドンと比べると細いうえ巻き取るギミックも必要)。
ページTOPの画像を見ると、鞭を切断して無理やり鎌に改造した名残のように先端が欠けている。
左手側の鋭利に研ぎ澄まされた鎌とは何とも対照的。
また、楳図かずおの漫画版ではこの鞭で水爆を掴み取る描写がされている。

その後、同作第37話「小さな英雄」にてジェロニモンの手によってテレスドンピグモンと共に再生ドラコとして、
「科特隊とウルトラマンに倒された怪獣」(ピグモン談)の一体として復活
(実際は上記の通りドラコを倒したのはレッドキングなのだが、
 そもそもピグモン自身もレッドキングに殺された怪獣なので、単に言葉の綾だろう
 実際ジェロニモン最大の敗因は、人類に友好的なピグモンを復活させてしまったことだし)。
書籍によってはドラコIIとも記載されている。
頭の角が増える、両手が五本指になる、翼が無くなる「中の人」が違うなどの変化はあるが、その闘争心は相変わらず。
科学特捜隊のハヤタ隊員のマルス133で右肩を粉砕され流血するものの、残った左腕でイデ隊員を倒そうとする。
が、その身を挺したピグモンが犠牲になったことで、科特隊の存在意義に悩んで戦意を喪失していたイデ隊員を奮起させることとなり、
新兵器「スパーク8」で跡形もなく消滅した。


『ウルトラギャラクシー大怪獣バトル NEVER ENDING ODYSSEY』では、
レイオニクスバトラーのフック星人が操る怪獣として登場。
前者はレイのエレキングと戦い、素早い攻撃で一時は優位に立つものの、
ZAPの援護攻撃を受けて形勢が逆転、初代と同様に翼をもぎ取られ、放電光線で倒される。
この個体を復活させたものか別の個体か定かではないが後に再生ドラコも登場し、やはりフック星人が使役する。
ゼットン星人の操るテレスドンゼットンは最終局面のために温存していたらしい)と戦いを繰り広げるが、
乱入してきたキングジョーブラックによって両者とも爆殺されてしまった。
余談だがこの戦闘の時、自身の6倍の体重を誇るテレスドンを持ち上げるという怪力を披露した。
また、この対決は『ウルトラマン』でジェロニモンに復活させられた怪獣同士の対決でもある。

映画『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』では、ウルトラマンベリアル配下の怪獣軍団として登場。
光の国でベムスター、サラマンドラと共にレイとミライを襲ったが、
救援に現れたモロボシ・ダンが放ったカプセル怪獣たちのうち、アギラと交戦。
アギラのスピードに翻弄され、空中に放り投げられた挙句に角攻撃でとどめを刺され、倒された。

『ウルトラマンX』では第18話の回想シーンに登場。
どこかの惑星で宇宙化猫のムーをこれまでの鬱憤を晴らさんとばかりにいじめている様子が写しだされた。
そこへ現われたウルトラマンエックスに制止され、邪魔をするなとばかりに戦いを挑むが逆にエックスのパンチを受けて吹き飛ばされ、撃退された。
その後の描写はないが公式サイトの「追い払われた」という記述から逃げ出したものと思われる。

このように本家ドラコは再登場の機会は多くそれなりに人気と知名度もあるウルトラ怪獣なのだが、
先述のようにこれだけ登場していても、実は映像作品中において初登場からほぼ半世紀の間ウルトラ戦士と一度も同一画面上で並んだことがなかった。
『ウルトラマン』作中では2回ともウルトラマン登場前にやられ、『大怪獣バトル』ではそもそも怪獣同士の戦闘がメイン、
ベリアルの怪獣軍団がモブのごとくウルトラ戦士に次々やられるシーンのある『ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』でさえ、
登場シーンが氷に閉ざされウルトラ戦士への変身が不可能になった光の国への侵攻時だったため絡みを逃したという、
なまじ単独の出番があったが故の奇跡的な遭遇回避であった。
そして2015年、『X』にてついにウルトラ戦士との共演が実現したが…この話はあくまで宇宙化猫がメインであり、
例のシーン自体そいつの回想と、いわゆるチョイ役扱いであった。
ウルトラ戦士とのバトルシーンにしても、というかあれを戦ったと言っていいのかどうか…。
もっとも、今までの登場と違って明確に死んだ描写がなかっただけマシなのかもしれないが。

+ドラコ武勇伝
日本テレビにて放送された「おはよう!こどもショー」における5分間コーナー『レッドマン』にもドラコが登場。
翼は無く、手も5本指と一見すると再生ドラコだが、角は1本のみである。
しかし第8話では主役レッドマンとは互角以上の死闘を演じた程の戦歴の持ち主で、一時はほぼ完全なダウンを奪った程の強豪怪獣である。
必殺(虐殺)武器であるレッドアローによる反撃の気力すら奪うほどのダメージを与え、
更にはレッドアローを奪い取り、これまでそれによって無残にも殺されてきた同志達の恨みを今晴らさんとばかりに止めを刺そうとするが、
突如正気を取り戻したレッドマンにレッドアローを奪い返され、結局それの餌食になってしまった。
しかしレッドマンも勝利を掴んだ直後に、これまでのダメージに耐え切れず一時グロッキー状態に陥ったという、
数少ないレッドマンを追い詰めた怪獣でもある。

+パワードドラコ

『ウルトラマンパワード』第12話「パワード暗殺計画」にもパワードドラコが登場。
同作ではサイコバルタン星人に操られ、尖兵としてウルトラマンパワードの実力をテストする為に送り込まれた。
袋袖状になっている両腕や左右に別れる下あごが特徴であり、中華系の暗殺者をイメージさせる風貌である。
その腕から鎌を出し一瞬で相手を切り裂く動きは全体的にウルトラマンも怪獣も動きが鈍くさい本作では
異彩を放っており、上手く強豪感を演出していた。
この鎌は投擲武器としても使え、一撃でW.I.N.R.のストライクビートルを撃墜している。
また、本来はバルタンの母船へデータを転送する為の物で攻撃手段ではないが、発する超音波もパワードをよろめかせるほどの威力がある。

登場早々、原作での因縁のあるレッドキング(雄)をすれ違いざまの鎌の一撃で瞬殺し、原作とは違うところを見せつける。
全身が生体反射外骨格に覆われており、パワードのあらゆる光線技が通用しない。
初戦において、パワードがその圧倒的な戦闘能力に圧倒され一時退却するという、データ収集用の捨て駒とは思えないほどの強さを持ち、
W.I.N.R.の全てのミサイルで一点を集中攻撃する作戦をあっさり跳ね除け、
パワードの体に大きな傷をつけ、これ以上地球に留まるのは危険になるほどのダメージを与えた。
最期はスティンガーミサイルの集中攻撃で付いていたほんの僅かな傷に、
パワードがメガスペシウム光線をピンポイントで長時間撃ち込むことでようやく倒すことができたが、
本来の役目であるデータ収集は完遂した上、直後にパワードも倒れるという相討ちに近い大戦果を挙げた。
こいつが送った戦闘データを参照して完成したのが、あのパワードゼットンである。

また『ウルトラマン超闘士激伝』のOVA版には、
ドラコと彗星ツイフォンの設定を基にしたオリジナルキャラクターとして、「彗星戦神 ツイフォン」が登場している。


MUGENにおけるドラコ

+zektard氏製 再生ドラコ
  • zektard氏製 再生ドラコ
zektard氏による再生ドラコ(ドラコII名義)が手書きキャラとして2009年5月16日に公開開始。
姿は再生ドラコだが、原作では使わなかった全く新しいオリジナル技が搭載されている。
通常技の「ドラコ メガトンパンチ」は隙が少ないが遠くには攻撃できない。ただし攻撃判定は足元をカバーできるくらい上下に広い。
2013年2月8日の更新においてこのパンチ技がより見栄えのいいアニメーションに差し替えられて公開された。

もう1つの通常技は通常のドラコの翼を生やして攻撃するオリジナル技「ドラコ ウィング・カッター」でパンチよりもさらに攻撃範囲が広い。
威力もパンチよりこの技の方が高く、見栄えもするので是非使いこなしたい。

そして遠距離攻撃用のオリジナル技として口から吐く紫の霧で攻撃する「ミスト・アタック」という技も持っている。
威力も高く、サラマンドラの火炎やギマイラの技以上に広い範囲を攻撃できるので非常に強力。
人操作の時にはこの技をメインにしつつ、うまく他の技も混ぜていきたい。

超必殺技ではパワードドラコに変身して目からビームを放つ(技名は「貫通光」)。
中々敵に当てやすく高威力なので、ゲージが溜まったらどんどん使っていこう。
ちなみにこのパワードドラコ、翼がしっかりあるのに再生ドラコから変身したせいか角が5本あり、
手も鎌ではなく拳になっていたりする。

何気にdefenceが250もあり非常に硬い。
古い動画では投げ技を食らった時にやられスプライトが表示されないというのを見かけるかもしれないが、
現在では修正されておりきちんと投げられてくれるので心配いらない。
AIが搭載されていないものの、人操作なら充分他の怪獣と戦えるので人操作で活躍させてやるといいだろう。
タッグ戦ならば、前衛をガンガンこなせるゲージ回収率の高い相方にさえ恵まれたら、プレイヤー操作でなく
CPUでも必殺技や超必を割り込ませて(あくまで後方支援としては)結構イイ働きをする。
ちなみに改変やAI搭載は自由とのこと。

+ドラコの技や立ち回りがよくわかる大会動画
怪獣主役の大会ではあまり実力を発揮できないことも多いが、watch modeでも相手が普通のキャラならこうなる。
9:00頃から

+カーベィ氏製 初代ドラコ
  • カーベィ氏製 初代ドラコ
zektard氏の再生ドラコを改変した初代版も、2013年1月30日に製作者のサイトで公開された。
翼が常時表示され角が1本に両手が鎌に、とグラフィックを一部変更。
必殺技などは公開当初搭載されていなかったが、2013年2月9日にすべて搭載された。

性能としては上記の再生ドラコとはほぼ別物になっており、
攻撃力はやや控えめだが機動力が高く空中戦が得意というMUGEN怪獣としては珍しいタイプ。
再生ドラコの必殺技や超必は全てオミット。代わりにスピードと飛翔能力を活かした技を搭載。
連射が効いて便利な突風や、多分レッドマンから奪ったのであろうレッドアローも強力な武器だ。
人操作では中々快適に動いてくれる。持ち味の早さで敵を翻弄してやるといいだろう。
長らくAIは未搭載だったが、2013年5月25日にAIが搭載された。
更に2014年1月8日の更新で下段攻撃が全て追加され、
同年3月25日の更新でファイル名が「doeako1st」へ変更となった。
更新の際には注意を。


出場大会

更新停止中

出演ストーリー