スケーター


「このロボのダッシュこうげきで、めにものみせてやる!」

任天堂がファミコンで出したロボット格闘ゲームジョイメカファイト』の登場ロボット。
ステージ2の8体の敵キャラクターの内の1体として登場する。
倒しても仲間にはならないが、ハードモードをクリアすると対戦で使えるようになる。
スタンダードな外見だが、膝のあたりに車輪がくっついており、走行可能。


原作での性能

性能としては、前後移動が速いスピードタイプ。
突進時無敵の「スピン アッパー」や判定の強い「ドライブ キック」など移動技が多く、
攻撃をくぐり抜けてのカウンターが得意。
このため、飛び道具をよく使う相手に対しては有利に立てる。
その代わり、飛び道具も投げ技を持っていないため、接近戦が主体の相手に対しては不利になってしまう。

また、「トリプルサマーソルト」は空中で三回転するロマン技
しかし発生が若干遅く、判定もそこまで強くないので対空に使うには不向き。
コマンドは↓+Aと一見簡単そうだが、完全に同時押しでないと出せない上に受付時間も短いのでなかなか見られない。
このゲームではしゃがみパンチというものがないので、この技を狙ってただのパンチを連打している様は哀愁を誘う。
「ホイール アタック」は形だけの対空技で飛び込みを落とすという使い方ではなく、相手を飛ばせないように振っていく技。
飛び込み牽制技としては悪くないが、地上はまったくカバーしてないので突進技に合わされると終了する。
ジャンプパンチとジャンプキックのモーションが一緒。

投げがあれば中堅だったと言われている弱キャラ群の中の一台。


MUGENにおけるスケーター

卵寒天氏が制作したものが存在していた。現在は氏のブログ閉鎖に伴い入手不可。
原作通りの技が搭載されているが、上下ガードや空中ガード、ダッシュやバックステップなど、
現在の格闘ゲームで標準装備されている要素も追加されている。
また、コマンドも普通の格闘ゲームのものになっているため、トリプルサマーソルトも出しやすい。
IX氏によるAIが公開されている。

出場大会

出演ストーリー

少し遠く(うp主役)