スーパーマリオ1-1

Super Mario Bros Stage 1-1


スーパーマリオブラザーズの言わずと知れた最初のステージ。
一番最初に現れるクリボーはマリオシリーズにおいておそらく最も多くのマリオを葬り、そして最も多く踏まれてきた敵キャラであろう。
最初のステージなので難易度は低く、登場する敵キャラはクリボーとノコノコのみ。
無敵アイテムのスーパースターもこのステージから出て来る為、走って蹴散らしていく爽快感も。ただし、随所に崖があるため落ちないように注意。
制限時間もあるため、のんびりしていると時間切れになってしまう。

ちょっとした考察など

今の目で見れば平凡なアクションゲームのステージであるが、実はゲームに不慣れな初心者がプレイしても
マリオというのがどういうゲームなのか」ということがキチンと理解できるようかなり練られた構成になっている。
例えば、ステージ終盤には階段型にブロックが積まれた間に転落ポイントが存在するが、
その直前にほぼ同じ構造で落ちても地面のある練習場所が用意されている。
他にも「スーパーキノコを取ってレンガブロックを壊しすぎると進みにくくなる」ということは
マリオ全編で割と頻繁に起きるのだが、本ステージの最初の部分は壊しすぎても取りにくくなるだけでフォローがあり、
その次は壊しすぎると上に行きにくくなる、最後の方では壊しすぎてコインが回収できなくてもフォローなし……と
段階的にそのことを理解させるようになっている。
詳しい考察は個人サイト等を参照。

ちなみに『星のカービィ』の初代作にも最初のステージに同じような配慮が施されている。
ほとんどのテストプレイヤーは桜井政博氏のそのような意図には気づかなかったが、
唯一マリオの生みの親である宮本茂氏は気づいて指摘したという。


MUGENにおけるスーパーマリオ1-1

ボーナスステージとして登場している。

+ Bane84氏製 『スーパーマリオブラザーズ』1-1
+ Bane84氏製 『スーパーマリオランド』1-1

Bane84氏はこの他に、魂斗羅の1面を模したボーナスステージを作成している。

関連動画