ホノオ


「どのきょりでもたたかえるスタンダードなロボじゃ。ひっさつわざもきょうりょくじゃぞ。」

任天堂がファミコンで出したロボット格闘ゲーム『ジョイメカファイト』の登場人物。
最初はワルロボとしてステージ1の8体の敵キャラクターの
うちの1体として登場し、倒せばリョウシンカイロを組み込まれて仲間に戻る。
各部位火の玉のようなデザインで、チャームポイントは太い眉
火がモチーフのロボットだが、水やに弱いかは不明。
そもそもジョイメカは属性の概念が無いゲームなので。

ジョイメカではスカポンよりも主人公らしい、ということで「影の主人」と呼ばれることもある。
オープニング、クエストモードではスカポンが主人公ということが分かるが、対戦画面やクエストモードの2周目での初期カーソルがホノオになっている上に技構成がスタンダード、あと見た目等の理由で勘違いしているプレイヤーも多いかもしれない。
(なんといってもキャラセレ位置がリュウと同じ位置、主人公のスカポンダルシムの位置)

ステージ4のカエンは、彼の上位互換に当たる。

性能はどんな相手でも対応できるオールマイティリュウのような性能。
無敵技や飛び道具、突進技をひとつづつ持っており、
さらには隠しコマンドの別軌道の技も持つ。
「ファイアーウェーブ」は標準的な飛び道具だが、地を這うので打点が低い。
このキャラに限ったことではないが発射寸前に前後キー入力で速度調節が可能。

「ファイアーボール」は無敵時間のある突進技。遠くまで届くAボタン軌道と対空用のBボタン軌道が存在する。
ガード硬直を投げられるという仕様のため、起き上がりに持続を重ねガードされた相手の硬直を投げるという当て投げ戦法が非常に強力。

「ファイアーフレア」は炎の雨で迎撃する技。画面上部から判定があり対空には強い反面、前方に判定が無いので突進技にはやたら弱い。

「クウチュウセオイナゲ」は技名こそ長いものの普通の投げ技。ジャンプ、回転しながら後ろに放り投げる。

MUGENでは

yamabe氏が制作したものが存在している。
また、開始時左右かX+Y後左右でリュウカスタムモードが選択できる。
三種神器を使いこなす姿はまさに主人公そのもの。
専用の波動ドットを自作するあたりにyamabe氏の遊び心が垣間見える。

出場大会