ネオ


「さいしんのコンピュータロボじゃ。このロボのアッパーはきょうりょくじゃぞ。」

任天堂がファミコンで出したロボット格闘ゲーム『ジョイメカファイト』に登場するキャラクター。
ジオと一緒に出てきて3カウント後に爆発したりクイズに答えたりするラモンのマニアックストライカーではない。
最初はワルロボとしてステージ1の8体の敵キャラクターの
うちの1体として登場し、倒せばリョウシンカイロを組み込まれて仲間に戻る。
フォルムは頭上にエネルギーボールが2個にスイカのような胴体。
他はいかにもロボットらしいデザインになっている。

性能はホノオと同様、どんな相手でも対応できるオールマイティ
だがホノオがリュウのような性能であるのに対し、こちらはどちらかというとガイルのような性能。
飛び道具を撃ちつづけて対空で落とす、待ちガイルならぬ 待ちネオ ができる。

ウェーブボール」は標準的な飛び道具。サイン波のような軌道を描く。
このキャラに限ったことではないがほとんどの飛び道具は発射寸前に前後で速度調節が可能。
低スピード版を追いかけて飛んだらアッパー、ガードしてたら投げという単純な戦法が強い。

「ネオカイテンアッパー」は対空技。通常コマンドでは判定の強いアッパーを小ジャンプで出す。
この技には隠しコマンドが存在し、↓→+A+Bで高度上昇&無敵時間付与。←↓→+A+Bを入力すると前述の性能に加えダメージアップの強化版となる。

「レンダキック」は百裂脚。命中するとのけぞるので2~3HITすることが多い。
また蹴りの一発一発に削りがあるので起き上がりにガードさせるのも有効。

「ネオスープレックス」はジャンプ後前に投げ飛ばす技。



MUGENにおけるネオ

こみぱ氏が制作したものが存在。
yamabe氏が原作/アレンジモードに切り替えられるパッチを作成、公開している。

ちなみに耳の形状がマルチに似ている(初出はこちらが先)ので、アイドルと呼ばれる事がある。メタルマンにも似ていると思う。

出場大会