ボコボコ


「こうげきをくらってボコボコになるのはおまえのほうなのだ。ふ、ふ、ふ。」

任天堂がファミコンで出したロボット格闘ゲームジョイメカファイト』の登場ロボット。
DQ5で仲間になるブラウニーの2匹目の名前ではない。
ワルロボとしてステージ2の8体の敵キャラクターのうちの1体として登場。
倒しても仲間にはならないが、ハードモードをクリアするとSELECTボタンで対戦でも使えるようになる。
フォルムは+のネジのような目にサンダーバードの人形のような口、
他は古い薄汚れた機械のような水色(1Pでは橙)の汚れ、更に各部に凹みまである。
また主人公たちに倒された後、頭部と四肢がジオの胴体&エナジーボールと合成されてステージ3のジオーンとなって再登場する。
ジオにはいい迷惑だった。

性能はどんな相手でも対応 できない 低威力、弱判定の技が多くザコを差し置いて全ロボ中最弱と言われている
特にコンボがなく単発火力が重要なゲームなのにもかかわらず、攻撃力の低さはダントツで最高08Pow(全員の最大HPは88Pow)しかない。
ちなみにステージ2のキャラで次に最高攻撃力が低いガラックですら10Powで、通常パンチ(一番低火力技)もガラック04Powに対し、ボコボコ 02Pow

「ハチャメチャ」は連打技。ただし相手の無敵のけぞり時間のためにほとんどコンボは期待できない。
「グルグルスロー」はスカポンのコンナンイラヘンを 弱体化 したような技。全身をグルグル回しながら頭をぶつける。
「ハリケーンボコボコ」は突進技。倒立して回転しながら敵に突っ込む。頭に判定があり当たった相手は転ぶ。
発生後すぐに↑A+Bで小ジャンプするが、受付時間が短く滅多に出せる機会はない。
「ボコボコナゲ」はゆっくりと後ろに投げ飛ばす技。ボコボコがザコに 数少ない 勝っている部分でもあるが、投げ全体で見ると…

MUGENでは

とけい氏が制作したものが存在。
yamabe氏が原作/アレンジモードに切り替えられるパッチを作成、公開している。

出場大会